ワイヤレスキーボードで入力遅延が発生した時に確認してほしいこと

ワイヤレスキーボードに遅延が発生した時に確認してほしいこと

ワイヤレスキーボードで入力遅延が発生した時に確認してほしいことをまとめておきます。

目次

電池切れの可能性

電池切れの可能性

完全ワイヤレスタイプのキーボードは、電池の寿命が近づくと入力遅延が発生します。

販売ページや公式サイトにも記載されていますが、電池の寿命は大体2年程度です。

パソコンを使用している最中に急に入力遅延が発生し始めた。設定を変更した覚えはない。Windowsのアップデートは行われていない等、心当たりがない時は電池の寿命を疑ってみて下さい。

また、有線と無線を切り替えることができるタイプの場合は、一度有線接続も試してみて下さい。

レシーバーを抜いて再度ペアリングする

レシーバーを抜いて再度ペアリングする

ペアリングの方法は、メーカーやキーボードによって異なるので、説明書を参考に設定して下さい。

僕が使っているロジクールK270の場合は、ソフトウェアが不要なので、レシーバーをパソコンのUSBポートから抜いて挿し直すだけです。また、USBポートを変更するだけで改善されることもあります。

キーボードのドライバを再インストールする

ドライバの異常が原因なら、この方法で解決されます。

スタートアイコン(ウィンドウズアイコン)を右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャーを開く

キーボードデバイスを右クリックして、「デバイスのアンインストール」をクリックします。

キーボードデバイスをアンインストール

確認画面が表示されたら、「アンインストール」をクリックします。

キーボードデバイスのアンインストール確認

パソコンを再起動させると、自動でキーボードデバイスが再インストールされます。

デバイスでドライバーを更新Windows | Microsoft

最後に

ワイヤレスキーボードの遅延が発生した時は、今回紹介した方法を試してみて下さい。

ただ、特定のソフトを起動させている時にだけキーボードの遅延が発生する場合や、パソコンの動作全てが重くなっている場合は、パソコンのスペック不足が原因の可能性もあります。

また、Windowsアップデートの影響で不具合が発生している可能性もあるので、Windowsが最新版に更新されているかどうかも確認してみて下さい。

ちなみに、僕のキーボードの入力遅延は電池の寿命が原因でした(気づいたら4年使ってた)。

あわせて読みたい
【2022年版】Windows10でPCスペックを確認する方法 Windows10でPCのスペックを確認する方法を紹介します。 【CPUとメモリを確認する方法】 デスクトップ上の何もない部分を右クリックして、一覧から「ディスプレイ設定」...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧 (2件)

  • もうひとつは「マザボ直結」でしょうか
    キーボードとマウスはとくに
    不具合の発生する確率がかなり違う印象

  • 教えて頂きありがとうございます。

    今はたまたまUSB接続が全て本体なので、そういった不具合が起きた経験はないのですが、今後USBハブを使って同じような現象が起きた時は参考にさせて頂きます。ちなみに、さらっと書いていますが、実際は記事を書いている最中に入力遅延が起きたので、ウィルスに感染したのか?HDDの空きが少なくなったからか?Chromeのキャッシュのせいか?等、少し焦ってしまいました。

    余談になりますが、いつも更新を楽しみにしています。

コメントする

目次
閉じる