Windows10の予測変換機能が邪魔だから消したい!設定を変更・無効にする方法

Windows10の予測変換機能が邪魔だから消したい!設定を変更・無効にする方法

正確な時期は覚えていないのですが、2018年4月頃に行われたアップデート以降、Windows10の予測変換機能がすごく邪魔に感じるようになったので、設定を変更・無効にする方法を紹介します。

こんな時に予測変換機能が邪魔

初期設定では、文字を1文字入力しただけで予測変換候補が表示されます。

また、1度候補にカーソルを載せてしまうと、候補を使わずに続けて文字を入力することができません。未変換のままタイプしていると半角英数の候補が表示されるのも非常に見づらいです。

1文字入力しただけで予測変換候補が表示される

1文字入力しただけで予測変換候補が表示される

検索エンジンを使うと、予測変換候補でサジェスト(虫眼鏡)も隠れてしまいます。

予測変換候補で検索結果の虫眼鏡やサジェストが見えない

予測変換候補で検索結果のサジェスト(虫眼鏡)が見えない

便利な機能のはずが、現状では不便な気がします・・・(改善してほしい)。

予測変換機能の設定

設定の変更は、「Microsoft IMEの詳細設定」から行います。

タスクバー右下のIMEアイコンを右クリックして、「プロパティ」を開きます。

IMEオプション「プロパティ」を選択

IMEオプション「プロパティ」を選択

プロパティウィンドウが表示されたら、「詳細設定(A)」をクリックします。

「詳細設定(A)」をクリック

「詳細設定(A)」をクリック

これで「Microsoft IMEの詳細設定」画面が開きます。

無効にする

上段タブの「予測入力」画面から、「予測入力を使用する(U)」のチェックを外します。

「「予測入力を使用する(U)」のチェックを外す

「予測入力を使用する(U)」のチェックを外す

これですべての予測入力機能が無効になります。

設定を変更する

予測変換機能を無効にしたくない方は、「予測候補を表示するまでの文字数(L)」を変更すると、使い勝手が改善されるかもしれません。

上段タブの「予測入力」画面から、「予測候補を表示するまでの文字数(L)」を「1~15」までの間で変更して下さい(初期設定は「1」になっています)。

「予測候補を表示するまでの文字数(L)」を変更する

「予測候補を表示するまでの文字数(L)」を変更する

例えば、最大の15に変更すれば、半角英数で15文字入力するまで予測候補が表示されなくなります。

予測候補となる「入力履歴のデータ」「システム辞書のデータ」「予測入力サービス」はお好みで設定して下さい(使いたいものにチェックを入れるだけ)。

規定値(初期設定)に戻す

いろいろ設定を変更していたらよく分からなくなった!元に戻したい!という方は、上段タブの「その他」画面から、「プロパティの設定を規定値に戻す(S)」をクリックして下さい。

「プロパティの設定を規定値に戻す(S)」をクリック

「プロパティの設定を規定値に戻す(S)」をクリック

これで設定が規定値(初期設定)に戻ります。

最後に

初期設定では使いづらいと感じている方も多いと思うので、気になっている方は予測変換機能を無効にするか、設定を変更して使いやすいようにカスタマイズして下さい。

僕は予測変換機能を全て無効にしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク