【2022年版】Windows10のIMEを以前のバージョンに戻す方法

Windows10のIMEを以前のバージョンに戻す方法

Windows10で文字入力に不具合が発生した際、IMEのバージョンを戻して改善する方法をまとめておきます。

目次

以前のバージョンのMicrosoft IMEに戻す

通知領域のIMEアイコン(「A」または「あ」)を右クリックして、「設定」をクリックします。

IMEアイコンから「設定」をクリック

Microsoft IMEが表示されたら、「全般」をクリックします。

IMEの全般

互換性の以前のバージョンのMicrosoft IMEを使うを「オン」にします。

以前のバージョンのMicrosoft IMEに戻す

設定画面を閉じると、IMEが以前のバージョンに戻ります(メニューのレイアウトも変更される)。

IME 入力モード切替の通知をOFFにする

IMEを旧バージョンに戻すと、入力モードを切替えた際に画面中央に「A」または「あ」が表示されるので、邪魔に感じる時は「IME 入力モード切替の通知」をOFFにして下さい。

通知領域のIMEアイコン(「A」または「あ」)を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

IMEアイコンから「プロパティ」をクリック

IME 入力モード切替の通知の「画面中央に表示する」のチェックを外します。

画面中央に表示するのチェックを外す

これで入力モードを切替えても通知が表示されなくなります。

最後に

僕の場合は、エクスプローラーでファイル名を変更する際、「文字を入力する ⇒ スペースを押して変換する ⇒ エンターキーで確定する前に次の文字を入力する(以前はこれで確定されていた) ⇒ 次の入力が無効になる(決定扱いになる)」という現象が起きていたのですが、IMEを旧バージョンに戻すことで解決されました。

最初はキーボードの不具合や入力ミスを疑ってしまったのですが、問題はIMEの設定だったので、もし同じ様な現象が起きて困っている方は、一度IMEのバージョンを戻してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる