初期化して古いOSに戻ったPCをWindows10にアップグレードする方法

初期化して古いOSに戻ったPCをWindows10にアップグレードする方法

初期化して古いOSに戻ったPCをWindows10にアップグレードする方法をまとめておきます。

目次

アップグレードに必要な条件は2つ

下記の条件を満たせばWindows10の再インストールが可能です。

条件
  1. Windows7またはWindows8.1からWindows10にアップグレードしている
  2. Windows10のライセンス認証が完了している

無償アップグレード期間中にOSをWindows10にアップグレードしているPCならOKです。

ちなみに、「回復から初期化」を行った場合は、初期化後もOSはWindows10のままです。何らかの理由でパソコンのOSが出荷時の状態に戻ってしまった時のみ今回紹介する方法を試して下さい。

ツールを使用してWindows10にアップグレードする

Microsoft公式サイトWindows10のダウンロードから、アップグレードツール「MediaCreationTool21H2.exe」をダウンロードして起動させます。特に躓くところはないので、指示通りに進めて下さい。

Windows10アップグレードツール

ツールの実行が完了すれば、パソコンのOSがWindows10にアップグレードされます。

最後に

初期化してOSが出荷時の状態に戻ってしまった時は、ツールを使ってWindows10にアップグレードして下さい。

ただ、無償アップグレード期間は2016年7月29日に終了しています。この間にWindows10にアップデートしてライセンス認証が完了していないPCでは使えないので注意して下さい。

あわせて読みたい
【2022年版】Windows10でPCスペックを確認する方法 Windows10でPCのスペックを確認する方法を紹介します。 【CPUとメモリを確認する方法】 デスクトップ上の何もない部分を右クリックして、一覧から「ディスプレイ設定」...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次