【フィギュア撮影】RAW現像(レタッチ)でできること

フィギュア撮影とレタッチでできること

RAW現像(レタッチ)でできることをまとめておきます。

目次

RAW現像のメリット

RAW現像

一言で言ってしまえば、JPGよりも調整できる幅が広いことです。

但し、あくまでJPGより劣化しづらいだけで、RAWファイルでもやりすぎれば劣化します。また、撮影時にカメラの設定が極端にずれている場合は、RAW現像でも補正しきれないことがあります。

ちなみに、「ホワイトバランス」と「カメラプロファイル(クリエイティブスタイルやピクチャーコントロール等カメラメーカーによって呼び方は異なる)」は、RAW現像なら劣化なしで調整することができます。

Scofield
個人的にRAW現像は自己満足だと思っているので、JPG撮って出しで満足しているなら、わざわざRAW現像する必要はありません。RAWファイルは容量が大きいですし(JPGの10倍ぐらい)、現像する手間もかかるからです。ただ、もっとクオリティを高めたい&自分のイメージに近づけたいと思っているなら、迷わずRAW現像するべきです。

RAW現像でできないこと

RAW現像でできないこと

RAW現像する時は、RAW現像でできないことを知っておくことも重要です。

RAW現像でできないこと
  • ピントの合う範囲を変える(被写界深度)
  • 撮影距離によってついたパースペクティブの補正(遠近感)
  • ライティングのイメージを変える(ハイライトやシャドーの位置)
  • 完全に白飛び&黒つぶれしている部分の復元

RAW現像でできることは、撮影時に厳密に合わせる必要はありません。現像時に調整した方が楽です。逆を言えば、RAW現像でできないことは、撮影時にしっかり設定しておく必要があります。

例えば、ピントの合う範囲は変えられないので、F値の設定は重要ですし、ピンボケした写真も復元はできないので、ピントはしっかり合わせて撮影する必要があります。

また、上の写真はメインライト(左からのサイド光)+補助光(右からの順光)で撮影しているのですが、メインライトのサイド光だけで撮影した写真をRAW現像で上の写真にすることはできません。

サイド光のみ

同様に、補助光の順光だけで撮影した写真をRAW現像で上の写真にすることもできません。

順光のみ

ハイライトやシャドーの調整はできますが、位置までは変えられないからです。

RAW現像で自分のイメージに近づけることはできますが、あくまでライティングのベースがあってこそです。ライティングのイメージだけは、どんなに高いカメラやレンズでも変えることはできません。

あわせて読みたい
【フィギュア撮影】重要なのはライティング!高いカメラを使えば綺麗な写真が撮れる訳じゃない フィギュア撮影で僕が躓いたことや学んだことをまとめておきます。 【綺麗な写真を撮るためには何が必要なのか?】 撮影機材:ILCE-7RM2+SEL90M28G どうやったらレビュ...

RAW現像の流れ

僕が使っているLightroom 6(現在はLightroomCC)の説明になるので、参考程度に読んで下さい。

RAWファイルを現像ソフトで読み込む

まずは撮影した写真を現像ソフトで開きます。

撮影した写真を現像ソフトで開く

当たり前ですが、撮影時にカメラでRAWファイルを保存する必要があります。最近では、スマホでもRAWファイルを保存できる機種がありますから、設定方法は説明書及び公式サイトで確認して下さい。

ちなみに、RAWファイルの拡張子はメーカーによって異なり、ソニーの場合はARWです。

プロファイルを作成する

この項目は専用の機材が必要になるので、持っていない方、分からない方は飛ばして下さい。

本番と同じライティングで撮影したColorChecker Passportから、プロファイルを作成します。

ColorChecker Passport Photoでプロファイルを作成

Lightroomを再起動して、カメラキャリブレーションのプロファイルを変更します。

プロファイルを変更

カメラの設定で仕上がりを変更できるクリエイティブスタイルやピクチャーコントロールと呼ばれるものを自分で作成して、正確な色を表現するための作業です(個人的にRAW現像で一番効果が高いと思っている)。

ColorChecker Passportを使わない方は、用意されているプロファイルから好みのものを選んで下さい。

Scofield
ColorChecker Passportは、対応している現像ソフトが限られている点にだけ注意して下さい(Lightroom、Photoshop、CaptureOne、Canon DPP)。
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】正確な色を再現する「ColorChecker Passport」の効果と使い方 正確な色の再現とホワイトバランスの調整ができるカラーマネジメントツール「ColorChecker Passport」の使い方と効果をまとめておきます(現在は取り扱いがX-riteからca...

ホワイトバランスを調整する

プロファイルを決めた後に、グレーカードでホワイトバランスを調整します。

RAW現像する時は、ホワイトバランスの調整用に必ずグレーカードを一緒に撮影して下さい(ColorChecker Passportを使っている方は前項のグレー部分で調整することもできます)。

ホワイトバランスの調整

スポイトツールでグレーカードを選択すれば、自動で色温度と色かぶり補正が調整されます。

この際、自分の好みの色にならない時は、ご自身で微調整して下さい。色温度は下げると青みが強くなり、上げると黄色みが強くなります。色かぶり補正は下げるとグリーンが強くなり、上げるとマゼンタが強くなります。

ちなみに、RAW現像ならホワイトバランスの調整は一切劣化を伴いません。撮影時にどんなに設定がずれていても、同じ値で調整すれば全く同じ写真になります。つまり、グレーカードを写しておけば、現像時に設定できるので、カメラのホワイトバランス設定はオートでも問題ないということでもあります。

Scofield
JPGをレタッチする場合は、ホワイトバランスの調整でも写真は劣化します。また、極端にホワイトバランスがずれている場合は、補正しきれません。
銀一
¥1,945 (2022/10/04 17:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

本番カットに設定をコピー&ペーストする

先程調整した「プロファイル」と「ホワイトバランス」を本番カットにコピー&ペーストします。

本番カットに設定をコピー&ペーストする

コピペの方が楽ですが、数値を直接入力しても同じです。

レンズ補正のチェックを入れる

レンズ補正の「色収差を除去」と「プロファイル補正を使用」にチェックを入れます。

レンズ補正

JPG撮って出しならカメラが自動で補正してくれますが、RAW現像する時は任意で補正を入れる必要があります。補正を入れないと、周辺光量が減光していたり、歪みが発生しているので、特別な演出効果を狙っている等でもなければ、とりあえずチェックを入れて下さい(レンズプロファイルは自動で検出される)。

トリミングする

縦横比を選んで、必要な部分だけをトリミングします(切り取る)。

トリミングする

好みの問題もありますが、僕は全身を写している時は必ず下の余白よりも上の余白を広く取るようにしています。上の余白が狭いと、窮屈な感じがするのと、物っぽくなってしまうからです。

露光量で全体のバランスを整える

基本補正の「露光量」を調整して全体のバランスを整えます。

露光量で全体のバランスを整える

僕の撮影環境では、±1EV前後ならほぼ劣化は気になりません(書き出しサイズにもよる)。

ただ、調整値が大きくなる程ノイズが増えたり、色が破綻していくので、適正露出で撮影しておくにこしたことはありません。また、完全に白飛び&黒つぶれしている部分はRAW現像でも復元できないので注意して下さい。

スポット修正で気になる箇所を消す

書き出しサイズで気になるホコリや塗装はね等をスポット修正ツールで消します。

スポット修正

当然ですが、この作業は撮影前にしっかりフィギュアのホコリを飛ばしておくだけで格段に楽になります

あわせて読みたい
【フィギュア撮影】写真に写ったホコリを現像ソフト「Lightroom」で消す方法 フィギュアの写真に写ったホコリを現像ソフトLightroomを使って消す方法をまとめておきます。 【Lightroomのスポット修正】 スポット修正を使う前に Lightroomの「スポ...

JPGで書き出しする

上段タブのファイル一覧及び右クリックから「書き出し」の設定を行います。

JPGで書き出し

書き出し場所やファイルの名前は自由に設定して下さい。(僕は)他の項目は下記の様に設定しています。

書き出し設定

全て任意ですが、シャープ対象の設定はかなり効果が大きいので、ご自身の好みで調整して下さい。現像時にシャープ処理を入れている方は、必要ない可能性もあります。

スクロールできます
詳細
画像形式 JPEG
画質 100
カラースペース sRGB
ファイルサイズの制限 チェックなし
サイズを変更して合わせる チェックを入れて任意のpixelを指定
解像度 240pixel/inch(デフォルト)
シャープ対象 チェックを入れてスクリーン(標準)

JPGで書き出しできたら、RAW現像は完了です。参考までに、1920pxで書き出した写真も掲載しておきます。

RAW現像からJPG書き出し

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL90M28G

今回調整した項目
  • カメラキャリブレーション(プロファイル)
  • ホワイトバランス(色温度・色かぶり補正)
  • レンズ補正(色収差を除去・プロファイル補正を使用)
  • 切り抜き(トリミング)
  • 露光量
  • スポット修正

少し面倒に感じるかもしれませんが、設定はプリセットとして保存することができるので、毎回1つ1つ調整する必要はありません。また、同じ環境で撮影した写真なら、設定をコピペするだけなので簡単に調整できます。

その他の設定について

現像ソフトを使えば、ハイライトやシャドウを部分的に調整することもできますが、このページで掲載している様なフラットな写真の場合は、ほとんど調整する必要はありません(と僕は思っている)。

逆を言えば、シャドウを+50にしなければ暗い部分のディテールが戻ってこない。ハイライトを-50にしなければ白飛びしかけている部分のディテールが戻ってこない。等の場合は、ライティングを見直すべきだと思います。

RAW現像でできるその他の調整

シャドウを上げれば暗い部分のディテールは戻せますが、黒系のパーツや黒髪はグレーがかってしまうからです。また、ハイライトを下げれば明るすぎた部分のディテールは戻せますが、肌がくすんでしまうからです。調整したい被写体だけでなく、背景紙に影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

僕の場合は、「コントラスト」「明瞭度」「彩度」「トーンカーブ」「シャープ(適用量)」「ノイズ(輝度)」を少し調整することがありますが、上で掲載した写真で気にならなければ調整する必要はありません。

ちなみに、円形フィルターや補正ブラシを使えば、部分的に調整することもできますが、現像する写真の枚数が多くなればそれだけ作業も大変になるので、やはりライティングを見直すべきだと僕は思います。

各種値の意味や使い方については公式サイトで確認して下さい。

LightroomことはじめStep1:まずはここから!写真編集の基本を学ぼう

最後に

RAW現像したことがない方には、なんとなく難しそう&面倒くさそうに感じたかもしれませんが、この記事で紹介した調整なら、すぐに使いこなすことができるので、興味のある方はRAW現像にチャレンジしてみて下さい。

慣れてしまえば数分の作業ですし、RAW現像の方が間違いなく自分のイメージに近づけることができます。

Scofield
僕の理解が不十分で間違ったことを書いているかもしれないので、気になる点があれば指摘して頂けるとうれしいです。検証して記事を修正致します。
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめておきます。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティン...

PR あみあみ予約受付中

コメント

コメントする

目次