コンパクトで軽い!携帯に最適Manfrotto「Elementトラベル三脚 スモール」

Manfrotto「Elementトラベル三脚 スモール」レビュー

Manfrottoの「Elementトラベル三脚 スモール」を使ってみた感想をまとめておきます。

目次

Elementトラベル三脚 スモール

Elementトラベル三脚 スモール セット内容
参考価格18,000円
材質アルミニウム
全伸高143cm
最低高33.5cm
格納高32cm
格納幅10cm
重量1.15kg
耐荷重4kg
雲台アルカスイス互換の自由雲台
ロックナット式
高さ調整5段(脚4段+センタポール1段)
開脚角度調整3段階
付属品専用ケース
六角レンチx3
スパイクx3
説明書
公式サイトElementトラベル三脚 スモール ブラック | Manfrotto JP
※長さは実測値

この商品は、コンパクトで持ち運びに便利なトラベル三脚です。

公式サイトやAmazon等の通販サイトなら、1万円前後で購入することができます。

マンフロット(Manfrotto)
¥12,276 (2024/05/23 05:01時点 | Amazon調べ)

使ってみた感想

一眼ミラーレス機「α7R2+FE24-70mmF2.8GM(約1.5kg)」で実際に使ってみた感想です。

良かった点

一番良かったのは、格納した時の長さがわずか32cmと小さくコンパクトで持ち運びやすかったことです。

格納した時の長さ

僕が普段使っている190シリーズと比較すると、大きさは半分以下、重さは1/3程度です。

190シリーズと比較

脚は180度折り畳める仕様で、脚4段、センタポール1段、計5段で高さを調整できます。

脚は180度回転

一般的なカメラリュックなら中に収納できますし、Peak Designのエブリデイスリング10Lにもすっぽり入るぐらいコンパクトです(カメラが入らないのでこんな使い方はできません)。専用の収納ケースも付属しているので、持ち運びに困ることはまずありません。

エブリデイスリング10Lに入る

見た目もしっかりしていて、三脚としての役割も十分果たしてくれます。

悪かった点

個人的に気になったのは、センターポールを縮められないのでバランスが悪いことです。

センターポールは、縮めた状態でも約20cm(雲台を含めると約29cm)の高さがあります。これ以上縮めることはできません。そのせいで、安定感が少し欠けています。

センターポールを縮めることができない

低い位置から撮影する時は、三脚の脚を開いてバランスを取れますが、高い位置から撮影したい時は、どうしてもバランスが悪くなります。

脚を開いて低位置から撮影

特に、全伸高まで伸ばした時は(190シリーズの伸高時とほぼ同じ高さ)、センターポールの長さが約35cm(雲台を含めると約44cm)になるので、更に安定感が悪くなります。全伸高で使用するなら、センターポール下部のバネ式フックに荷物等の重りをつけて、安定性を高める必要があります。

全伸高で使用した時

風の弱い平地での撮影なら問題ありませんが、足場の悪い場所や、他にもカメラマンがいる様な場所では、もしかしたら転倒するかもしれないという不安から、三脚から目を離すことができません。

190シリーズなら平気な衝撃でも、Elementトラベル三脚は普通に倒れます。

カメラバッグが当たったり、誰かの足がぶつかるだけでも倒れる可能性があるので注意が必要です。

その他の気になった点

Amazonのレビューにも書かれていましたが、雲台のネジが飛び出しているため、プレートをスライドさせて装着することができません(ネジでひっかかる)。また、L字プレートを使用している場合は、プレートの一部がネジと干渉して、装着できる位置が限られます。

Elementトラベル三脚 スモール 雲台のネジ

この問題は、M6x20mm(太さ6mm x 長さ20mm)のネジに交換すれば解消されますが、このネジは万が一プレートのつまみが緩んだ時のストッパーの役割も果たしているので、交換するなら自己責任でお願いします。

ネジがストッパーの役割を果たす

気にならなければ、そのまま使った方が安心です。

最後に

普段愛用しているManfrottoの三脚かつ評価も高かったので勢いで購入したのですが、僕が使っている機材と使用用途にはあまり向いていませんでした。トラベル三脚なので安定性が落ちるのは覚悟していたのですが、何かあった時に倒れてしまう可能性があるのは少し怖いです。

高価な機材を任せるには、心許ないというのが正直な感想です。

今更ですが、トラベル三脚で迷っているなら、全伸高、格納高、重さといった持ち運びやすさも重要ですが、センターポールを縮められるタイプかどうかも含めて検討してみて下さい。

また、メインの三脚として使うのであれば、もっとがっちりしたものを選ぶべきです。トラベル三脚はあくまでコンパクトで持ち運びやすさを重視した商品なので、一般的な三脚と比べたら安定性が落ちます。望遠レンズや長秒露光の夜景撮影をメインにする方には不向きです。

マンフロット(Manfrotto)
¥12,276 (2024/05/23 05:01時点 | Amazon調べ)
K&F Concept
¥8,500 (2024/05/23 05:01時点 | Amazon調べ)
シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次