京都府京都市伏見区「伏見稲荷大社(千本鳥居)」の行き方と撮影スポット

伏見稲荷大社(千本鳥居)

京都府京都市伏見区「伏見稲荷大社(千本鳥居)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

撮影した写真

伏見稲荷大社(千本鳥居)
撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM
iconicon

アクセスと駐車場

目的地 伏見稲荷大社
住所 〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
駐車場 無料(200台)
入場料 無料
拝観時間 24時間
三脚 使用可(狭い参道では禁止)

Googleマップの目的地を伏見稲荷大社に設定します。

車でアクセスする方は、目的地を伏見稲荷大社 参拝者用駐車場に設定すると24時間開放されている無料駐車場までナビしてくれます。トイレもあります。特に迷う道はありませんが、目的地付近は道幅がそれ程広くないですし、観光客も多いので、車の運転には十分注意して下さい。

恐らく、早朝や夜間なら駐車場はたくさん空いていると思いますが、日中は満車で止められないぐらい混雑する可能性があります(僕が訪れた3月中旬の平日は渋滞もなく昼過ぎでも空きがたくさんありました)。また、祭礼と神事が行われている日は、駐車場が閉鎖される可能性もあるので、訪れる際は付近のコインパーキングもチェックしておくことをおすすめします。

伏見稲荷大社 駐車場

撮影スポット

撮影スポット(千本鳥居)は、駐車場から徒歩5~10分です。

千本鳥居 撮影スポット

但し、展望台のある「四ツ辻」までは20~30分、山頂の「一ノ峰」になると片道40~50分はかかります。千本鳥居より先に進む方は、時間と体力と相談しながら目的地を決めて下さい。

参考:伏見稲荷大社マップ

ちなみに、三脚は使用可能ですが(狭い参道では禁止)、日中は三脚を持ち歩くだけでも他の観光客の邪魔になりますし、とても三脚を使用できる雰囲気ではありません。三脚を使いたい方は、早朝及び夜間に訪れることをおすすめします(僕が訪れた時は夜の8時ぐらいから観光客がまばらになり三脚を持ったカメラマンをちらほら見かけました)。

また、本殿内等、一部撮影禁止になっている場所もあるので注意して下さい。

参考:ご参拝の皆様へ | 伏見稲荷大社

scofield
楼門は夜10時前には消灯していたので(夜9時頃消灯!?)、楼門のライトアップを撮影したい方は、少し早めに撮影しておくことをおすすめします。

注意

伏見稲荷大社 注意
注意
  1. 早朝や夜間に訪れる方は懐中電灯等の灯りを持参しよう
  2. 山頂まで登る方は履きなれた靴を履いて行こう
  3. トイレは楼門横の公衆トイレですませておこう(夜間は稲荷山のトイレが使えない)
  4. 千本鳥居周辺は逆走しない様に注意
  5. 撮影禁止の場所もあるので注意(禁止場所には貼り紙がある)
  6. イノシシや猿がでるかもしれないので注意
  7. 夏は虫よけ対策を忘れずに
  8. 秋~春は防寒対策を忘れずに

街灯はありますが、夜間は想像以上に暗いです。

日没前後までなら、「四ツ辻」の展望台で夜景を楽しんでいる方がたくさんいるので平気だと思いますが、上に行けば行くほど不気味さが増していきます。脇道に入ると迷子になる可能性もあるので、夜間に初めて訪れる方は、千本鳥居を過ぎたら戻ることをおすすめします。

僕なら、日中の下見なしで、夜間にいきなり山頂を目指すなんてことは絶対しません。

また、山頂を目指す方は、冬場でも少し汗をかくぐらいに体力を使うので、ハンカチやタオルを忘れずに持参して下さい(夏場は汗だらだらになりそう)。

最後に

千本鳥居を撮影に出かけたのですが、四ツ辻の展望台から見る夕焼けも綺麗でしたし、道中の不気味な雰囲気も撮影していて凄く楽しかったです(想像よりもめちゃくちゃ広かった)。

個人的には、三ツ辻あたりから無造作に置かれた大量の鳥居と狐像が特に印象的で(置く場所がないからとりあえず束ねて置いとけ感が否めない)、途中から別世界にいる様な感覚になりました。

できれば、半日ぐらいかけてゆっくり廻ってほしい場所です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク