Manfrottoの3WAY雲台「MHXPRO-3W」で使えるプレートを比較してみました

Manfrotto 3WAY雲台「MHXPRO-3W」で使えるプレートを比較してみました

Manfrottoの3WAY雲台「MHXPRO-3W」で使えるプレートについてまとめておきます。

MHXPRO-3Wで使えるプレートの比較

Manfrotto 200PL

Manfrotto 200PL

MHXPRO-3Wに最初から付属しているクイックリリースプレートです。

僕は約一年間使用していますが、機能性においてはなんの問題もありません。ツマミを起こしにくいと感じる時もありますが、他のプレートに比べれば一番マシです。どうしてもツマミの起こしが気になる時は、セロハンテープを巻き付けておけば簡単に起こせます。

はっきり言ってしまえば、一番無難。一番安心。一番失敗しないプレートです。

余計な機能を求めていないのであれば、200PLをおすすめします。

Manfrotto 200LT-PL

Manfrotto 200LT-PL

200PLの軽量版プレートです。

基本的なつくりは同じなのですが、素材がアルミニウムからテクノポリマーに変更されているので、重量が10g程度軽くなっています(ほとんど体感できませんが)。また、200PLよりカメラ装着面のラバーの弾力性が増しており、マンフロットのロゴマークも施されています。

ただ、ネジを閉めるツマミが小さいので、200PLよりもツマミを起こしにくいです。

Manfrottoプレート裏比較

価格も高いですし、個人的にはこのプレートを選択するメリットはない気がします。

scofield
僕が購入した200LT-PLがたまたま不良品だったのかもしれませんが、雲台に装着した際にレバーの締まりが200PLよりも悪いです。きっちり閉めても少しガタつきます。大きさは同じなので、もしかしたら表面の質感が影響しているのかもしれません。

PeakDesign PL-D-2

PeakDesign デュアルプレート PL-D-2

マンフロットのRC2アタッチメントとアルカスイスの両方で使えるデュアルプレートです。

着脱が付属の六角レンチ及びコインという点を除けば、至れり尽くせりの万能プレートです。もちろんMHXPRO-3Wでも使えますし、アルカスイス雲台に装着することもできます。

僕はMHXPRO-3WとJOBYの5k雲台で試しましたが、どちらもしっかり固定できました。

PL-D-2 アルカスイス雲台に装着

また、プレートにアンカーリンクスを装着できるだけでなく(ストラップを斜め掛けする時に使うと便利)、アンカーリンクスを付けたまま雲台への装着が可能となっています。

PL-D-2 アンカーリンクス

アンカーリンクスはどちらに付けても雲台への装着が可能です(2箇所取り付け可能)。

PL-D-2 アンカーリンクスを付けて雲台に装着

ここまでなら、PeakDesign凄い!プレートはこれで決まり!となるはずなのですが、僕はMHXPRO-3WでPL-D-2を使うのはおすすめしません。致命的な欠点があるからです。

本来、MHXPRO-3Wにプレートを着脱する時は、レバーとセーフティーレバーの2段階操作が必要になるため、万が一レバーが緩んでも、セーフティーレバーを下げない限り、プレートが雲台から外れることはありません。おかげで、カメラを三脚に付けたままでも安心して運ぶことができます。

ですが、PL-D-2の場合、レバーを緩めただけで横からプレートが抜けてしまいます。

PL-D-2 欠点

恐らく、アルカスイス互換にするため、側面をつけなかったのが原因です。

PL-D-2 プレート裏

そこまで簡単に抜ける訳ではないのですが、セーフティーレバーが完璧に機能しない以上、レバーが緩んだら、三脚からカメラが落下する可能性があるので注意して下さい。

scofield
側面がついていないので、200PLよりも左右の隙間が大きくなっています。そのせいで、装着する時の左右のズレも少し気になります。

最後に

機能面なら間違いなくPeakDesignのPL-D-2が一番優秀なのですが、MHXPRO-3Wで使用した際にセーフティレバーが機能しないのは致命的です。万が一とは言え、僕の様にカメラを三脚に付けたまま担いだりしていると、落下する可能性があるので注意して下さい。

使用用途にもよりますが、「MHXPRO-3Wで使えるプレートを探している」「プレートをなくしてしまった」「プレートの予備が欲しい」という方には、200PLをおすすめします(価格も一番安い)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク