京都府京都市右京区「嵐山(花灯路)」へのアクセスと撮影スポット

嵐山(花灯路)

京都府京都市右京区「嵐山(花灯路)」へのアクセスと撮影スポットを紹介します。

嵐山(花灯路)は2021年の開催を最後に終了しました。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2 + SEL2470GM

撮影難度
混雑状況
レタッチ
Scofield

ライトアップ時は全体的に混雑していますが、竹林の小径は特に混雑しています。車で訪れる方は、コインパーキングの場所と料金を必ずチェックして訪れて下さい。

アクセスと駐車場

スクロールできます
目的地嵐山公園 臨川寺地区
住所〒616-8384 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町
駐車場有料(終日400円~3,000円程度)
トイレあり
入場料無料
ライトアップ期間2021年12月10日(金)~19日(日)
ライトアップ時間午後5時~午後8時30分
三脚使用可(一部使用禁止)
見頃一年中
参考サイト京都・嵐山花灯路

車でアクセスする方は駐車場が有料です。

個人的には、渡月橋まで徒歩1分のタイムズ嵐山三条第2がおすすめすが(空いているとは限らない)、桂川の北側にはコインパーキングがたくさんありますから、事前にGoogleマップ等でチェックしてから訪れて下さい。

基本的に渡月橋から離れるにつれて料金は安くなります。

タイムズ嵐山三条第2
曜日通常料金最大料金
月〜金08:00-17:00 30分 200円
17:00-08:00 60分 100円
600円
土・日・祝08:00-17:00 20分 300円
17:00-08:00 60分 100円
2000円
タイムズ嵐山三条第2の料金を確認

他の駐車場を利用する場合は、「営業時間」「終日料金の有無」「土日祝日料金」の3点を必ず確認して下さい。中には終日料金が設定されていない駐車場もありますし、24時間営業じゃない駐車場もあります。また、土日祝日は料金が大幅に上がる可能性もあるので、必ずチェックしておいて下さい。

トイレは、京都市嵐山観光駐車場 公衆トイレに設置されています。

撮影スポット

撮影スポットの渡月橋は、徒歩で5~10分程度です(駐車場の場所による)。

渡月橋 撮影スポット

ライトアップの時間になると、北側の堤防沿いには、三脚を持ったカメラマンがたくさん訪れますが、堤防及び堤防下は広いので、撮影スペースに困ることはありません。

また、「竹林の小径」「竹林の散策路」「法輪寺」「小倉池」もライトアップされているので、時間に余裕のある方は京都・嵐山花灯路のマップを参考に、ロームが灯す灯りと花の路ルートに沿って回るコースがおすすめです。嵐山駅の「キモノフォレスト」も綺麗です。

2021年は、竹林の散策路にタンポポのアートオブジェ「ダンデライオン」も設置されていました。

ちなみに、三脚は使用可能ですが(スタッフに確認済み)、渡月橋の堤防沿い以外での使用はおすすめしません。また、2021年は竹林の小径(ライトアップ中)が三脚使用禁止になりました。

ライトアップはされていませんが、天龍寺も境内全て三脚使用禁止です。

注意事項

嵐山(花灯路)注意
注意事項
  • ロームが灯す灯りと花の路ルートは基本的に左側通行
  • 一部一方通行になっているエリアがあるので注意
  • 堤防下に降りる時は足元に注意
  • 防寒対策を忘れずに

特に危険な場所はありませんが、桂川の川沿いから撮影したい方は、明るい時間に下見しておくことをおすすめします。川沿いは足場が悪く、川と岸の境界が分かりづらいので注意して下さい。

夜に訪れるなら懐中電灯等の灯りは必須です。また、三脚が明確に禁止されていない場所もありますが、基本的に人が多い場所や狭い通路での使用はおすすめしません。

最後に

今年で最後の開催になりますが、写真撮影を楽しむならロームが灯す灯りと花の路ルートに沿ってライトアップエリアを回った後に、三脚を使ってじっくり渡月橋を撮影するコースがおすすめです。

個人的には、観光客が戻ってこればまた再開されるんじゃないかな?と期待しています。

Scofield

誤った情報や古くなった情報に気づかれましたらコメントして頂けるとうれしいです。再度調査して記事を修正致します。現在の景観や開花状況等の情報提供も大歓迎です。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次