三重県四日市市「相生橋(工場夜景)」へのアクセスと撮影スポット

相生橋(工場夜景)

三重県四日市市「相生橋(工場夜景)」へのアクセスと撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2 + SEL2470GM

撮影難度
混雑状況
レタッチ
Scofield

風が強い日は漁船が被写体ブレしやすいので注意が必要です。

アクセスと駐車場

目的地相生橋(あいおいばし)
住所〒510-0042 三重県四日市市高砂町1
駐車場なし(路駐)
トイレなし
入場料無料
三脚使用可
見頃一年中
参考サイトなし

車でアクセスする方も目的地は同じですが、付近に駐車場がありません。

道路脇に路駐して撮影することになるので、トラブルが起きても全て自己責任でお願いします。

相生橋(工場夜景)駐車スペース

付近にトイレはありません。事前にコンビニ等ですませておいて下さい。

撮影スポット

撮影スポットは、目的地の目の前です。

四日市工場夜景(相生橋)撮影スポット

夜間でも街灯で明るく、撮影スペースも広いので落ち着いて撮影することができます。

欄干の高さが1mぐらいあるので、少し高めの三脚が必要ですが、三脚がなくても欄干の下にカメラを置いて撮影することもできます。赤白の煙突の反射も入れるなら、中央よりやや右側がおすすめです。

但し、大型トラックが通過すると橋が揺れてブレたり、風が強いと漁船が被写体ブレしたり、正面の道路を車が通過すると光跡が入ったりと、若干気を遣わなければいけない撮影スポットです。

構図は大体限られているので、天候に大きく左右される撮影スポットだと思います。

注意事項

相生橋(工場夜景)注意
注意事項
  • 路駐しての撮影になる
  • トラックが通過すると橋が揺れてブレる
  • 風が強いと漁船が被写体ブレする
  • 正面の道路を車が通過すると光跡が写る
  • 夏は虫よけ対策を忘れずに
  • 秋~春は防寒対策を忘れずに

特に危険な場所はありませんが、周りには民家が多いので騒がない様にして下さい。

最後に

リフレクションと漁船が印象的な撮影スポットです。

夜間は人通りも少なくカメラマンもほとんどいません(時々出会うぐらい)。また、ここからは大正橋も近いので、相生橋を訪れた時は大正橋も訪れてみて下さい。

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次