どちらが稼ぎやすい?成果報酬型広告とクリック報酬型広告

成果報酬型広告とクリック報酬型広告

アフィリエイト広告には、「成果報酬型」と「クリック報酬型」の2種類があります。

成果報酬型は、広告がクリックされて商品やサービスが売れて初めて報酬が発生します。クリック報酬型は、商品やサービスが売れなくても広告がクリックされるだけで報酬が発生します。

成果報酬型広告

A8.net等のASPに登録して、紹介したい商品やサービスの広告を貼るのが一般的です。

クリック報酬型の広告よりも報酬が高く設定されているプログラムが多いので、紹介したい商品やサービスがあらかじめ決まっているなら、成果報酬型広告の方がおすすめです。

中には、証券会社の口座開設等、1件1万円以上の報酬が発生するプログラムもあります。


A8.netの広告サンプル


但し、紹介したい商品やサービスの広告があるとは限らない。ASPによって取り扱っている広告が異なる。どれだけ広告がクリックされても商品やサービスが売れなければ報酬は0です。

クリック報酬型広告

有名な広告にGoogleAdSense忍者AdMaxがあります。

コードを貼るだけで自動で広告を配信してくれるので(記事によって広告を貼り替える等の手間がかからない)、特に紹介したい商品やサービスがないブログや記事におすすめです。

ちなみに、ユーザーの属性やWebページのアクセス履歴を解析して、ターゲットに関連性の高い広告が表示される仕組みなので、閲覧しているユーザーによって表示される広告は異なります。


忍者AdMaxの広告サンプル



但し、1クリックあたりの報酬は微々たるものですし、広告は頻繁にクリックされるものではないので、大きく稼ぐにはそれなりのアクセス数が必要になります(月1万円稼ぐには3万PVぐらい必要)。

はっきり言ってしまうと、アクセスの少ないサイトには貼るだけ無駄です。

最後に

報酬は高いけど、商品やサービスが売れなければ報酬0なのが成果報酬型広告。報酬は発生しやすいけど、アクセスが少ないとほとんど稼げないのがクリック報酬型広告です。

どちらの広告にもメリットとデメリットがあるので、迷った時は、アクセス数と紹介したい商品やサービスがあるかどうかで判断して下さい。もちろん、両方使うこともできます。

ASPの種類と特徴!アフィリエイトの始め方

アフィリエイトの始め方と初心者でも登録できるASP一覧

2013.05.15
スポンサーリンク
スポンサーリンク