リンクシェアで自己アフィリエイト(セルフバック)するには広告主と提携が必要

リンクシェアで自己アフィリエイト(セルフバック)するには広告主と提携が必要

リンクシェアでも自己アフィリエイト(セルフバック)はできます。

但し、他社ASPとは異なり、リンクシェアでは広告主と提携していなければ自己アフィリエイトを利用することができません。また、自己アフィリエイト専用ページが用意されている訳ではないので、リンクシェアでは「自分の広告を踏んで商品やサービスを購入」して利用します。

利用できる広告主は自分で購入OKカテゴリーの広告主 | リンクシェアにまとめられています。

サポートに問い合わせてみた

念のためサポートにも問い合わせてみましたが、下記の返答が返ってきました。

自己購入(本人利用)とは、提携済みのECサイトのリンクコードを経由し、サイト管理者(登録者)本人が購入を行った場合に、自身の報酬となることを指しております。そのため、提携関係がないECサイトで購入を行った場合は、ご自身のリンクコードを経由しておりませんので、通常のアフィリエイトではない購入となり、報酬対象となりません。

提携していない広告主の自己アフィリエイトは利用できません。

リンクシェアは広告主と提携を結ぶ時の審査が厳しい

リンクシェアは、広告主と提携する際の審査が厳しいです。

今はPHGに移っていますが、「iTunesアフィリエイト」をリンクシェアが管理していた頃、僕はこのサイトで3度提携申請に落ちています。最終的には提携できないまま諦めました。

他にも審査に通らなかった広告主はいくつかあります。

広告主と提携できなければ自己アフィリエイトはできませんから、他社ASPに比べて自己アフィリエイトのハードルも高くなります。気軽に使えないのが難点です。

リンクシェアにサイトを登録する際の審査は簡単なんですけどね・・・。

ただ、大手企業の広告が揃っているので、提携できれば便利なのは間違いありません。僕はカメラを購入する時に「ソニーストア」、パソコンを購入する時に「マウスコンピューター」の自己アフィリエイトを利用させてもらったことがあります。

最後に

リンクシェアでも簡単に提携できる広告主はありますが、大手企業程提携しづらい印象です。

もっと気軽に自己アフィリエイトできれば便利なのですが、リンクシェアの自己アフィリエイトは他社ASPに比べて使いづらいのは間違いありません。

ただ、審査が厳しい分、ライバルが減るので稼ぎやすいのかな!?と思うこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク