エックスサーバーにGoogle AdSenseの「ads.txt」を設定する方法

エックスサーバーにGoogle AdSense向けの「ads.txt」を設置する方法

エックスサーバーにGoogle AdSenseの「ads.txt」を設定する方法を紹介します。

ads.txtについて

ads.txtの詳細は認定販売者を宣言する – AdSenseヘルプで確認できます。

僕はGoogle AdSenseの管理画面に下記アラートが表示されていたので気づきました。

管理画面のアラート

管理画面のアラート

ちなみに、ads.txtの設置は必須ではありませんが、収益へ深刻な影響を与える可能性がある&ヘルプでads.txtの設置を強くすすめていることから、個人的には設定すべきだと判断しました。

Earnings at risk – You need to fix some ads.txt file issues to avoid severe impact to your revenue.(要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。)

ads.txtの設定

エックスサーバーでは、サーバーパネルからドメイン単位でads.txtの設定が可能です。

参考:ads.txt | レンタルサーバー【エックスサーバー】

サイト運営者IDの確認

サイト運営者IDは、Google AdSense管理画面「アカウント情報」で確認することができます(アカウントで管理されているので登録サイトは全て共通)。

サイト運営者IDの確認

サイト運営者IDの確認

エックスサーバーにads.txtを設定する

エックスサーバーにログインして、「サーバー管理」をクリックします。

「サーバー管理」をクリック

「サーバー管理」をクリック

設定対象ドメインを選択して、「ads.txt設定」をクリックします。

設定対象ドメインを選択して「ads.txt設定」をクリック

設定対象ドメインを選択して「ads.txt設定」をクリック

必要事項を入力して、「確認画面へ進む」をクリックします(基本的にサイト運営者ID以外は共通)。アカウントを直接管理していない場合のみ契約種別で「RESELLER」を選択して下さい。

ads.txt設定

ads.txt設定

広告システム google.com
サイト運営者ID pub-〇〇(自分のID)
契約種別 DIRECT
認証機関ID f08c47fec0942fa0

問題がなければ、「追加する」をクリックして設定は完了です。

問題がなければ「追加する」をクリック

問題がなければ「追加する」をクリック

Google AdSenseを掲載しているサイト全てで同じ作業を行って下さい。

ads.txt設定の反映

問題が解決されたかどうかは、AdSense管理画面のサイト「サマリー」で確認することができます。

サマリーでエラーの確認

サマリーでエラーの確認

ちなみに、僕は全てのサイトの通知が消えるまでに約半日かかりました。

最後に

特に難しい作業はありませんし、初めてでも5分あれば設定できるので、Google AdSenseを使用しているサイトにはads.txtを設定しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク