WordPressの重大なエラーをリカバリーモードで修復する方法

WordPressで重大なエラーが発生した時にリカバリーモードで修復する方法

WordPressのトップページが真白になった。エラーコードが表示されている。等、重大なエラーが発生して管理画面にもログインできない時、リカバリーモードで修復する方法をまとめています。

目次

\ キャンペーン期間:6月25日~ 7月23日 /

リカバリーモード

リカバリーモードは、サイトに重大な問題が発生した際に届くメールに記載されたリンクから起動できます。

エラー画面の確認

参考までに、僕の場合は過去にダウンロードした古いテーマを有効化したら、下記の画面が表示されました。

重大なエラーでサイトが表示されない

サイトが表示されず、管理画面にもログインできない状態です(画面が真っ白になることも)。

管理者メールアドレスを確認

同じ様な現象が起きている方は、WordPressの「管理者メールアドレス」を確認して下さい。

リカバリーモードのリンクが記載されたメールが届いているはずですから、リンクをクリックしてリカバリーモードを起動できます。また、メールにはエラーが発生している箇所や詳細も記載されています。

リカバリーモードを起動

リンクの有効期限は1日ですが、有効期限後に同じエラーが発生すれば、また新しいメールが届きます。

リカバリーモードで問題を修正する

メールに記載されたリンクをクリックすると、リカバリーモードのログイン画面に移動します。

リカバリーモードでログイン

ログインできたら、管理画面上部に表示されているエラーの内容を確認して下さい。

今回のケースでは、「テーマを正しく読み込めませんでした。」と表示されているので、テーマが原因でエラーが起きていることが分かります(エラーが起きている箇所や詳細はメールに記載されている)。

管理画面でエラーの内容を確認する

コードを修正しても構いませんが、すぐに修復したい時はテーマを変更する方法がおすすめです。

テーマを変更する

テーマを変更できたら、管理画面のエラーが消えていること、実際にサイトが問題なく表示されていることを確認して、「リカバリーモードを終了」をクリックします(リカバリーモードの終了を忘れないで下さい)。

リカバリーモードを終了

これでエラーの修復は完了です。

今回はテーマが原因でエラーが発生していましたが、プラグインが原因でエラーが発生した時もやることは同じです。手っ取り早くエラーを修復したいのであれば、エラーが発生しているプラグインを停止して下さい。

エラーが起きた時にできること
  • テーマを変更する
  • プラグインを停止する
  • テーマを最新版に更新する
  • プラグインを最新版に更新する
  • WordPressを最新版に更新する
  • レンタルサーバーのPHPを最新の推奨バージョンに更新する
  • いずれでも解決できない時はコードを修正する

コードを修正したい時は、テーマやプラグインを停止して、エラーを解除した状態で行って下さい。

最後に

WordPress 5.2以降、重大なエラーが発生している時はファイルを更新できなくなったので、ファイルの編集ミスが原因で今回の様なエラーが起きることはほとんどないと思いますが、テーマやプラグインを有効化した際、WordPressやPHPのバージョンを更新した際に起きる可能性はあるので、管理画面にアクセスできなくなった時は、管理者メールアドレスを確認して、リカバリーモードから修復を試みて下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

6月いっぱいでパチンコ・パチスロ搭載楽曲ネタはフェードアウトしようと思う。とりあえず、未開封フィギュアをレビューしたい!未だに「キャスター/スカサハ」は未開封のままだし、今月は「[暁想]アルベド」も届く予定。ASPにフィギュアレビュー記事について注意を受けてからレビューが完全に滞ってしまった。需要があるか分からないけど、注意を受けた内容についても記事にしたいと思う。

コメント

コメントする

目次