WordPressの記事にソースコードをそのまま表示させる方法

WordPressの記事にソースコードをそのまま表示させる方法

WordPressの記事にソースコードをそのまま表示させる方法をまとめています。

目次

コードブロック

WordPress共通の「コードブロック」を呼び出して、ソースコードをそのまま入力します。

コードブロック

入力したソースコードは、クラス属性の付いたpreタグとcodeタグで囲まれます。

<pre class="wp-block-code"><code>ソースコード</code></pre>

ブロック単位の記述になりますが、登録済みのショートコードを表示させることもできます。また、一部の記号は自動で文字実体参照に置き換えてくれるので、ソースコードをそのまま貼り付けるだけでOKです。

インラインコード

文章中のコードを選択して、ツールバーオプションの「< >インラインコード」を選択します。

インラインコード

選択したソースコードは、codeタグで囲まれます。

<code>ソースコード</code>

文章中にコードを表示させたい時に使うと便利ですが、登録済みのショートコードを表示させることはできません。登録済みのショートコードを表示させたい時は、ショートコード全体を[]で囲んで下さい。

プラグインを使う

ソースコードを表示するだけなら、WordPress共通の機能「コードブロック」や「インラインコード」で十分ですが、コピー機能を付けたり、言語を表示させたり、デザインを変更したい時はプラグインを使うと便利です。

例えば、このブログではHighlighting Code Blockを使用しています。

使い方も簡単で、「コードブロック」の代わりに「Highlighting Code Block」を呼び出して、ソースコードをそのまま入力するだけです。全体のカラーやオプションは管理画面から設定できます。

Highlighting Code Block

WordPressデフォルトの機能が物足りないと感じる時は、プラグインの導入を検討してみて下さい。

ソースコードを表示させる時の注意

WordPressでは、wptexturize()関数で一部の記号が自動変換されます。

編集画面でコードをそのまま貼り付けても、実際に表示される際に記号が変換されます。例えば、半角の"は全角のに変換されます。当然、そのままコピペするとエラーが起きます。

段落ブロックに直接ソースコードを入力されている方は要注意です。ソースコードを表示させたい時は、基本的に「コードブロック」「インラインコード」「専用のプラグイン」のいずれかを使って下さい。

また、下記のコードをfunctions.phpに記述して、記号の自動変換を停止することもできます。

add_filter( 'run_wptexturize', '__return_false' );

WordPress の投稿データ処理 | サポートフォーラム
関数リファレンス/wptexturize - WordPress Codex 日本語版

最後に

WordPressの記事にHTMLやCSSのソースコードを表示させたい時は、ブロックエディターの「コードブロック」及び「インラインコード」を使って下さい。ただ、プラグインを使った方が綺麗に表示させることができるので、ソースコードを表示する機会が多い方には、プラグインの導入をおすすめします。

よかったらシェアしてね!

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次