Yoast SEOの設定と使い方:SEOの一括管理と最適化

Yoast SEOの設定と使い方:SEOの最適化

Yoast SEOは、SEO関連の設定をまとめて管理できるプラグインです。

主な機能としては、「WEBマスターツールの認証」「XMLサイトマップの生成」「タイトルタグの変更」「特定のページにnoindexを追加」「OGPの設定」を行うことができます。

必須ではありませんが、WordPressの初期設定からもう少しSEOを煮詰めたい時に使うと便利です。

設定と使い方

各種設定は管理画面の「SEO」から行って下さい。

ちなみに、ここから先は一般的なブログの設定を公開してます。正解がある訳ではないですし、サイトの内容によって最適な設定は異なりますから、ご自身のサイトにあった設定を入力して下さい。

設定ウィザード

管理画面の「設定ウィザード」をクリックして初期設定を行います。

「設定ウィザード」クリック

「設定ウィザード」クリック

環境は、「選択肢 A: サイト公開中で、インデックスされる準備ができている」を選択します。

「サイト公開中で、インデックスされる準備ができている」を選択

「サイト公開中で、インデックスされる準備ができている」を選択

サイトタイプは、「ブログ」を選択します。

「ブログ」を選択

「ブログ」を選択

組織または個人は、「」を選択して「表示名」をリストから選択します。

「人」を選択して「表示名」を選択

「人」を選択して「表示名」をリストから選択

検索エンジンでの表示は、どちらも「はい」を選択します。

どちらも「はい」を選択

どちらも「はい」を選択

複数の作成者は、「いいえ」を選択します(投稿者アーカイブをトップページへリダイレクト)。

「いいえ」を選択

「いいえ」を選択

タイトル設定は、必要なら「サイト名」を変更して、タイトル区切りは「|」を選択します(タイトル区切りは任意ですがWoedPressの初期設定が「|」になっているため)。

必要なら「サイト名」を変更してタイトル区切りは「|」を選択

必要なら「サイト名」を変更してタイトル区切りは「|」を選択

Yoast SEOの改善にご協力くださいは、「いいえ、サイトデータの追跡を許可したくありません。」を選択します(プラグインの開発に協力したい場合は「はい」を選択)。

「いいえ、サイトデータの追跡を許可したくありません。」を選択

「いいえ、サイトデータの追跡を許可したくありません。」を選択

ニュースレターの購読を勧められますが、必要なければ「」をクリックしてスキップします。

必要なければ「次」をクリックしてスキップ

必要なければ「次」をクリックしてスキップ

下記画面が表示されたら、初期設定ウィザードは完了です。

初期設定ウィザード完了

初期設定ウィザード完了

一般(機能)

各機能の「オン/オフ」を切り替えることができます(分からない方は初期設定推奨)。

一般(機能)

一般(機能)

オンにした機能は、投稿一覧や編集画面に専用の項目が追加されます。

機能一覧で追加され専用項目

機能一覧で追加され専用項目

SEO解析には改善提案が表示されます(コーナーストーンコンテンツに指定するとさらに厳しく判定)。SEO分析は、フォーカスキーフレーズを入力しなければ評価されません。

XMLサイトマップをオンにする時は、XMLサイトマップを生成するプラグインを停止させて下さい。

一般(連携)

外部ツールとの連携を「オン/オフ」で切り替えることができます(分からない方は初期設定推奨)。

一般(連携)

一般(連携)

SEMrush連携をオンにすると、記事編集画面の専用項目「フォーカスキーフレーズ」で候補を取得してくれます(利用するにはSEMrushへの登録が必要)。Ryte連携をオンにすると、インデックスに問題があった際、WordPressのツール「サイトヘルス」画面で知らせてくれます。

一般(ウェブマスターツール)

HTMLタグを利用して、各ウェブマスターツールと連携することができます。

ウェブマスターツールと連携

ウェブマスターツールと連携

基本は「content="〇〇"」の〇〇の部分を入力しますが、metaタグをそのまま入力しても自動で処理してくれます(テーマ備え付けの機能等で既に連携させている場合は設定不要)。

ただ、GoogleAnalyticsだけは専用項目がないので、別途設定する必要があります。

検索での見え方(一般)

設定ウィザードが反映されているので、特に変更する必要はありませんが、「メタディスクリプション」の項目には必ずご自身のサイトの説明文を入力して下さい。

検索での見え方(一般)

検索での見え方(一般)

メタディスクリプションの文字数に制限はありませんが、GoogleやYahooの検索エンジンで表示されるのは、PCで100文字前後、スマホで65文字前後なので、どんなに長くても100文字以内に収めることをおすすめします(長すぎると「…」で省略される)。

ちなみに、SEOタイトルで使われている「サイトタイトル」と「キャッチフレーズ」は、管理画面の設定「一般」から変更できます。

サイトタイトルとキャッチフレーズ

サイトタイトルとキャッチフレーズ

SEOタイトルの「固定ページ」は、複数ページで構成されているページのページ数が表示されます。

ロゴやアバターも設定できますが、個人ブログでは表示されているのを見たことがありません。

検索での見え方(コンテンツタイプ)

投稿(カスタム投稿)&固定ページの設定を変更することができます。

検索での見え方(コンテンツタイプ)

検索での見え方(コンテンツタイプ)

初期設定ではメタディスクリプションが設定されていないので、僕はYoast SEOで使える変数を利用して、「%%excerpt%%」で抜粋(記事冒頭150文字)を表示させています。

また、重要なページは編集画面でメタディスクリプションを直接入力しています(抜粋を上書き)。

固定ページのメタディスクリプション

固定ページのメタディスクリプション

基本的にメタディスクリプション以外は初期設定推奨です。

検索での見え方(メディア)

添付ファイルのページをメディアURLにリダイレクトさせることができます(初期設定推奨)。

検索での見え方(メディア)

検索での見え方(メディア)

https://affilabo.com/airplane/ ⇒ https://affilabo.com/wp-content/uploads/2021/03/airplane.jpg

WordPressでは、メディアをアップロードすると添付ファイルのページが自動で作成されます。また、添付ファイルのページもインデックスされるため、特定キーワードで検索した際に添付ファイルのページが記事よりも上位表示されてしまうことがあります。この現象を防ぐための設定です。

検索での見え方(タクソノミー)

カテゴリー&タグの設定を変更することができます。

検索での見え方(タクソノミー)

検索での見え方(タクソノミー)

初期設定では、どちらも検索結果に表示させる設定が「はい」になっているので、必要なければ「いいえ」を選択してnoindexにして下さい(僕は重要だと判断してインデックスさせています)。

初期設定の「はい」を選択してインデックスさせる場合は、カテゴリー&タグページの編集画面から、個別にメタディスクリプションの入力をおすすめします。

カテゴリーのメタディスクリプションを入力

カテゴリーのメタディスクリプションを入力

テーマによっては、他の項目も表示されますが、カテゴリーとタグページ以外はそれ程重要ではないので(検索結果にほぼ表示されない)、初期設定推奨です。

ちなみに、画面下部のカテゴリーURLで「削除」を選択すると、カテゴリーアーカイブのURLから接頭辞「category」を削除することができます。

カテゴリーアーカイブの接頭辞を削除

カテゴリーアーカイブの接頭辞を削除

https://affilabo.com/category/wordpress/ ⇒ https://affilabo.com/wordpress/

接頭辞「category」を削除するプラグインを使っている場合は停止させて下さい。

FV Top Level Categoriesの設定と使い方

FV Top Level Categoriesの設定と使い方:カテゴリーページのURLからcategory表記を消す

2013.05.14

検索での見え方(アーカイブ)

投稿者&日付アーカイブ、検索結果ページの設定を変更できます(初期設定推奨)。

検索での見え方(アーカイブ)

検索での見え方(アーカイブ)

無効にしたアーカイブページは、トップページへリダイレクトされます。

https://affilabo.com/author/scofield/ ⇒ https://affilabo.com/

検索での見え方(パンくずリスト)

パンくずリストの設定を変更することができます(既に表示されているテーマでは設定不要)。

検索での見え方(パンくずリスト)

検索での見え方(パンくずリスト)

パンくずリストが表示されていないテーマの場合は、パンくずリストを実装する方法を参考に、パンくずリストを表示させたい場所に下記コードを挿入して下さい。

検索での見え方(RSS)

フィード内の各投稿の前後に置くコンテンツを設定できます(初期設定推奨)。

検索での見え方(RSS)

検索での見え方(RSS)

ソーシャル(Facebook)

Facebookでシェアされた時のOGPを設定できます。

ソーシャル(Facebook)

ソーシャル(Facebook)

トップページがシェアされた時の「タイトル」「説明(ディスクリプション)」「画像」を設定します(個別ページにアイキャッチ画像を設定していない場合はデフォルト設定の画像も設定する)。

ソーシャル(Twitter)

Twitterでシェアされた時のOGPを設定できます。

ソーシャル(Twitter)

ソーシャル(Twitter)

カードタイプをお好みで選択して下さい(僕は「大きな画像付き概要」を選択しています)。

ソーシャル(Pinterest)

Pinterestでシェアされた時のOGPを設定できます(アカウントの登録が必要)。

準備ができたら、Pinterestにログインして「サイトをPinterestで認証するには」をクリックします。

Pinterestにログインした状態で「サイトをPinterestで認証するには」をクリック

Pinterestにログインした状態で「サイトをPinterestで認証するには」をクリック

認証画面が表示されたら、「ウェブサイト」をクリックします。

「ウェブサイト」をクリック

「ウェブサイト」をクリック

HTMLタグを追加するに表示されたコードをコピーします(「続行する」はまだクリックしない)。

HTMLタグを追加するに表示されたコードをコピー

HTMLタグを追加するに表示されたコードをコピー

Yoast SEOの設定画面に戻って、Pinterestの確認にコードを貼り付けて「変更を保存」をクリックします(コードをそのまま貼り付けるだけで自動で処理してくれる)。

Pinterestの確認にコードを貼り付けて「変更を保存」をクリック

Pinterestの確認にコードを貼り付けて「変更を保存」をクリック

Pinterestに戻って「続行する」をクリックします。

Pinterestに戻って「続行する」をクリック

Pinterestに戻って「続行する」をクリック

サイトのURLを入力して「確認する」をクリックします。

サイトのURLを入力して「確認する」をクリック

サイトのURLを入力して「確認する」をクリック

下記の画面が表示されればPinterestの設定は完了です。

Pinterestの設定完了

Pinterestの設定完了

ツール

データのインポート・エクスポート、他のSEOプラグイン(「All in One SEO」等)からデータをインポートして乗り換え、「robots.txt」及び「.htaccessファイル」の編集、タイトルタグとメタディスクリプションを一覧表示して編集することができます。

ツール

ツール

使いたい機能があれば使って下さい。

最後に

プラグインを導入したからといって、検索順位が劇的に上昇する訳ではないので、WordPressの初期設定では気になる点がある&Yoast SEOを使えば改善できるのであれば、導入を検討して下さい。

ただ、テーマ備え付けの機能や他のプラグインと設定がバッティングして不具合を起こす可能性もあるので、分からないまま他人の設定を真似するぐらいなら、導入すべきではないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク