Amazonのやらせレビューは詐欺同然!評価を鵜呑みにすると安物買いの銭失いになるぞ!

Amazonの高評価やらせレビューに気を付けろ!安物買いの銭失いになるぞ!

Amazonのやらせレビューに騙されないようにする方法をまとめておきます。

目次

やらせレビューに騙されないようにする方法

僕が普段Amazonを利用する時に注意しているポイントは3つです。

ポイント
  • 販売元が「Amazon.co.jp」の商品を選ぶ
  • 聞いたことのないブランドは検索エンジンで調べてみる
  • レビューは必ず☆1の低評価も参考にする

サクラを判別する外部ツールもありますが、この3点を確認すれば怪しい商品をほぼ避けることができます。

販売元が「Amazon.co.jp」の商品を選ぶ

Amazonで買い物をする時は、できるだけ販売元が「Amazon.co.jp」の商品を選んで下さい。

過去に一度でもAmazon.co.jpの取り扱いがあったのか?

これは全ての商品について言えることなのですが、Amazon.co.jpの取り扱いがあれば、基本的に「どの事業者のどの商品なのか」を識別できるJANコードが登録された商品です。また、Amazon.co.jpは正規品しか取り扱っていないので、Amazon.co.jpの販売する商品を選べば、100%本物を購入することができます。

Amazon.co.jpの取り扱いがない時は、販売元のショップで判断するしかありません。

聞いたことのないブランドは検索エンジンで調べてみる

気になる商品があれば、Google等の検索エンジンで「ブランド名」を検索してみて下さい。

ブランド名を検索する

1ページ目に企業のホームページ&商品概要ページが表示されなければ、十中八九中国製の怪しい商品です。

レビューは必ず☆1の低評価も参考にする

レビューを参考にする時は、必ず☆1の低評価もチェックして下さい。

低評価のレビューを参考にする

やらせレビューのせいで平均評価は高くなっているかもしれませんが、こういった商品は騙されたユーザーの怒りのコメントが投稿されているケースがほとんどです。後は、「Amazon.co.jpの在庫は残っているか?」「公式サイトが存在する正規のブランドなのか?」と合わせて判断して下さい。

高評価やらせレビューの裏側

Facebookで「Amazon+レビュー」を検索すると、やらせレビューのグループが何件もヒットします。

具体的には、商品を無料(購入後PayPalで返金)及び低価格で提供し、高評価のレビューをつけてもらうというものです。中には、レビューに対して報酬を支払っている案件もあります。

FacebookにAmazonのやらせレビューグループがいくつも存在する

また、クラウドソーシングでもレビューを募集している方を見たことがあります。

具体的にAmazonとは書かれていませんでしたが、「AmazonPrime会員の有無」の記載があることから、Amazonのレビューを依頼している案件であることが分かります。

クラウドソーシングのやらせレビュー募集案件

2022年になっても未だにやらせレビューグループが存在しているので、Amazonが厳しく規制しない限り、やらせレビューがなくなることはありません。もちろん、どちらもカスタマーレビューの禁止行為です。

最後に

評価の高い商品は、検索結果上位にヒットしやすいですし、頻繁にセールを行っているので、Amazonで買い物をしていると嫌でも目に入ってきます。そのせいで、騙される人もたくさんいるはずです。

ただ、「Amazon.co.jpが取り扱っている商品なのか?」「販売している企業(ブランド)は実在するのか?」を調べるだけでも、簡単に怪しい商品かどうかを見抜くことができるので、迷った時は参考にしてみて下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次