【フィギュア撮影】カメラの設定「ISO感度」「F値」「シャッタースピード」

フィギュア撮影における「ISO感度」「F値」「シャッタースピード」の設定

フィギュア撮影における「ISO感度」「F値」「シャッタースピード」の特性と露出の関係をまとめておきます。

Scofield
コンデジは一部の高級機を除いて「F値」と「シャッタースピード(SS)」を任意に調整できません。また、この記事は定常光を使った撮影の解説になります。ストロボ撮影では、シャッタースピードで露出を調整する概念が異なるので注意して下さい。
目次

ISO感度はカメラの最小値

ISO感度は、デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値です。

小さくする
大きくする
  • 暗くなる
  • ノイズを軽減できる
  • 明るくなる
  • ノイズが発生する

左はISO感度100、右はISO感度5000で撮影しました。

ISO感度5000
ISO感度5000
ISO感度5000
ISO感度100
ISO感度100
100 ISO感度 5000
8.0 F値 8.0
1.0 SS 1/50

ISO感度を上げると、写真は明るくなりますが、上げれば上げるほどノイズ(ざらつき)が発生します。

最近のカメラなら、少しぐらいISO感度を上げてもノイズは目立ちませんが、僕の環境ではISO感度1000を超えると、ブログサイズに調整してもノイズが少し気になります。

ただ、三脚でカメラを固定しているフィギュア撮影では、シャッタースピードで露出(明るさ)を自由に調整できるので、ISO感度を上げる必要はありません。ISO感度は最小値(常用ISO感度の最小値)に設定します。

Scofield
ISO感度は、動いている物や暗い場所で撮影する際、シャッタースピードを速くして「被写体ブレ」及び「手ブレ」を防ぐために調整します。

F値でピントの合う範囲を決める

F値は、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさです。

小さくする(開く)
大きくする(絞る)
  • 明るくなる
  • ピントの合う範囲が狭くなる
  • 暗くなる
  • ピントの合う範囲が広くなる

左はF2.8、右はF16で撮影しました。

F16
F16
F16
F2.8
F2.8
100 ISO感度 100
2.8 F値 16
1/5 SS 5.0

F値を小さくすればピントの合う範囲は狭く、F値を大きくすればピントの合う範囲は広くなります。

F値を変更すると露出(明るさ)も変化しますが、露出は気にせずピントの合う範囲だけを調整します。ピントの合う範囲はレタッチで調整できません。必ず任意で調整します。

カメラやレンズにもよりますが、全体像を撮影する時はF8を基準に調整すると、フィギュア全体にピントが合う&背景が若干ボケるぐらいになります。また、一番綺麗に解像します。

但し、F値を大きくしすぎると回析現象(解像度が落ちシャープ感が損なわれる)が起こるので注意して下さい。

Scofield
僕はフィギュア撮影でF16以上は使わない様にしています。
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】ピントの合わせ方 フィギュアを撮影する時のピントの合わせ方についてまとめておきます。 【被写界深度(ピントの合う範囲)】 被写界深度(ピントの合う範囲)は、F値、撮影距離、レンズ...

シャッタースピードで露出を調整

シャッタースピードは、シャッターが開いている時間です。

速くする
遅くする
  • 暗くなる
  • 手ブレ被写体ブレを防げる
  • 明るくなる
  • 被写体の動きを表現できる

左はシャッタースピード1.0秒、右はシャッタースピード0.4秒で撮影しました。

SS0.4秒
SS0.4秒
SS0.4秒
SS1.0秒
SS1.0秒
100 ISO感度 100
8.0 F値 8.0
1.0 SS 1/2.5

シャッタースピードを遅くすれば明るく、速くすれば暗くなります。

静止した被写体を撮影するフィギュア撮影では、(三脚を使えば)被写体ブレが起きることはないので、シャッタースピードは自由に調整できます。

全体的に明るい及び暗いと感じる時は、光源を増やす前にシャッタースピードで調整してみて下さい。

Scofield
シャッタースピードは、「被写体ブレ」及び「手ブレ」を防ぐために速くしたり、暗い夜景や滝の流れのような動きを表現したい時に遅くします。

ISO感度・F値・SSと露出の関係

露出(写真の明るさ)は、「ISO感度」「絞り値」「シャッタースピード(SS)」の3つの値で決まります。

どれか1つを変更すれば、必ず露出も変化します。

小さくする 大きくする
ISO感度 暗くなる 明るくなる
F値(絞り値) 明るくなる 暗くなる
SS 暗くなる 明るくなる

例えば、F値を大きくすると、ピントの合う範囲は広くなりますが、暗くなります。同じ露出を維持するには、ISO感度を上げる及びシャッタースピードを遅くしなければいけません。

定常光を使ったフィギュア撮影では、シャッタースピードで露出を調整するのが基本です。

最後に

フィギュアを撮影する時にカメラの設定で迷った時は、下記のポイントを意識してみて下さい。

ポイント
  1. ISO感度をカメラ最小値に設定する
  2. ピントの合う範囲をF値で調整する
  3. 露出をシャッタースピードで調整する

後は、カメラの設定を「絞り優先オート」及び「マニュアル」モードにして撮影するだけです。

あわせて読みたい
【フィギュア撮影】撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめておきます。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティン...
あわせて読みたい
NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方 NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方をまとめておきます。 【室内照明だけでは綺麗に撮れない】 一眼を手に入れたから早速試し撮りだ!どんな写真...

PR あみあみ予約受付中

コメント

コメントする

目次