モアビビちゃんの魔法の粉「グランズレメディ」の効果と100%本物を購入する方法

靴の臭いが完璧に取れる!?除菌消臭剤「グランズレメディ」の効果と使い方

靴除菌消臭剤「グランズレメディ」の効果と100%本物を購入する方法をまとめておきます。

目次

グランズレメディの使い方と効果

グランズレメディって何?という方は、グランズレメディ公式サイトで確認して下さい。

セット内容

グランズレメディ

詳細
内容量 50g
成分 天然成分等
原産国 ニュージーランド
付属品 内蓋・ミニスプーン

本体のパウダー50gに、内蓋とミニスプーンが付属しています。

僕は無香料の「自然系」を購入しましたが、「クールミント」と「フローラル」も販売されています。

グランズレメディ
¥2,488 (2022/05/24 22:59時点 | Amazon調べ)
グランズレメディ
¥2,490 (2022/05/24 22:59時点 | Amazon調べ)
グランズレメディ
¥2,680 (2022/05/24 22:59時点 | Amazon調べ)

使い方

グランズレメディの使い方

使用方法
  1. 靴を脱いだ後または履く前にパウダーを付属のスプーンで軽く一杯(片足分)入れる
  2. 靴をゆすったりトントンと叩いてパウダーを靴全体に行き渡らせる
  3. 靴の中のパウダーは捨てずにそのまま靴を1日履く
  4. ①②③の「パウダーを撒く ⇒ 靴を1日履く」を7日間繰り返す
  5. 最長で6ヵ月効果が持続する

僕は臭いのついたスニーカーで試したのですが、1日目はほとんど効果が分からず、3~4日目で臭いが薄れているのを実感、7日目には完璧に臭いが取れていました。また、効果は約3ヵ月程続きました。

ちなみに、ボトル1つで靴8~10足を長期間持続消臭することができます。1足なら約3年半分です。

香りでごまかすとか、薄っすら臭いが残るなんてことはありません。完璧に臭いが取れます。

また、素足で履くサンダルやミュールにも使えますし、ボクシンググローブにも効果があるようです。

使用上の注意

グランズレメディ注意

注意
  • パウダーを撒いている間は靴の中や靴下の裏が白っぽくなる
  • 靴の中の白っぽさが取れるまでに1週間ぐらいかかる

中敷きに色が付いている靴は、パウダーが結構目立ちます。また、靴を履いてから脱ぐまでの時間が短いと、靴下に付着したパウダーで床を汚してしまう可能性があるので注意して下さい。

僕が履いていたスニーカーは、1週間ぐらいでほとんど目立たなくなりましたが、パウダーを撒いている間は靴や靴下に白っぽさが残るので、自宅以外で靴を脱ぐ予定がある日の使用はおすすめしません。

また、使用している間は、できるだけ白い靴下をおすすめします(黒い靴下は粉の白っぽさが目立つ)。

成分

グランズレメディ成分

パッケージには「成分:天然成分等」と書かれていますが、使用されているのは「ミョウバン」「タルク」「酸化亜鉛」等です。主に食品添加物、化粧品、医薬品に使われている天然鉱物です。

僕は使用中に皮膚が痒くなったり等のトラブルが起きたことは一度もありません。

100%本物を購入する方法

やることは1つ、Amazonで販売元がAmazon.co.jpになっている商品を選ぶだけです。

Amazon.co.jpが販売する商品を選ぶ

スクロールできます
販売者 出荷元 販売元
Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp
マーケットプレイス Amazon.co.jp マーケットプレイス
マーケットプレイス マーケットプレイス マーケットプレイス

Amazon.co.jpは正規品しか取り扱っていないので、Amazon.co.jpの販売する商品は100%本物です。

トップページに他の販売元が表示されている時は、出品一覧を開いて、販売元がAmazon.co.jpになっている商品をカートに入れて下さい。この方法なら、正規保証書ラベルの有無等を気にする必要はありません。

最後に

個人的には、「洗える靴なら洗うべき!」だと思っています。

いくら臭いが取れても、汚れが取れている訳ではないので、衛生上&気分的にあまりよろしくないからです。

ただ、革靴やブーツの様に簡単には洗えない靴や部活動で毎日履いてる等、洗ってもすぐに臭いがついてしまう様な靴には、もってこいの商品です。気になる方は、騙されたと思って使ってみて下さい。

グランズレメディ
¥2,488 (2022/05/24 22:59時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる