ボクサーとブリーフの違いは?パンツはデザインと履き心地とむれにくさの3つで選ぶ

セクシーでむれにくい!?ボクサー派に伝えたいブリーフの素晴らしさ

僕は長年ボクサーパンツを愛用していたのですが、最近はブリーフにはまっているので、ボクサーパンツにはないブリーフの良さをまとめておきます(ブリーフ派が増えますように!)。

ボクサーパンツとブリーフの違い

ブリーフとボクサーパンツの違い
ブリーフの良いところ
  • むれにくい
  • セクシー
  • アウターに響きにくい
ブリーフの悪いところ
  • 毛深い方はVラインの毛がはみ出る
  • パンイチ(パンツ一丁)しづらい

むれにくさは構造上の問題です。生地の通気性やフィット感も影響しますが、足の付け根部分が生地で密封されているボクサーパンツは、どうしてもむれやすいと感じます。その点、足の付け根部分が解放されているハイレッグタイプのブリーフは、圧倒的にむれにくいです。

ワコールのブリーフ

セクシーさは僕の感覚でしかないのですが、トランクスは解放感のある男らしさ、ボクサーパンツはお洒落さ、ブリーフはセクシーさといったイメージです。パンツを見せびらかす訳ではないのですが、ハイレッグタイプのブリーフを履いていると少しだけセクシーな気分になれます。

タイトなパンツやデニムを履いた時にアウターに響きにくいのも利点です。

ただ、毛深い方はVラインの毛がはみ出る可能性があります(毛の処理が必要になるかも)。また、家族と一緒に暮らしている方は、パンイチしづらくなります。

僕はどちらも好きなので、ボクサーパンツとブリーフに優劣は付けられませんが、フィット感のある履き心地は似ているので、ボクサーパンツのむれが気になる方にはブリーフをおすすめします。

ちなみに、メーカーで迷っているなら、ワコールの「BROS」シリーズがおすすめです。デザインがお洒落なのもありますが、インナーメーカーだけあって履き心地も抜群だからです。

トランクス派の方へ

ボディワイルドのボクサーパンツ

むれにくさと通気性で選ぶなら、間違いなくトランクスが一番だと思います。

ただ、フロント部分を締め付けられている感覚が嫌でボクサーパンツやブリーフを履かない方は、一度騙されたと思ってインナーメーカーのボクサーパンツやブリーフを履いてみて下さい。

肌にフィットしていないトランクスは、メーカーによる履き心地の差がほとんどありませんが、肌にフィットしているボクサーパンツやブリーフは、メーカーによって履き心地が全然違うからです。

僕はいろんなメーカーのパンツを試してきましたが、最終的にはデザイン性と履き心地を重視してワコールの「BROS」シリーズグンゼの「BODY WILD」シリーズしか買わなくなりました。

どちらもインナーメーカーだけあって履き心地は抜群で、サラサラしている肌触りやフィット感が似ています。伝わりにくいかもしれませんが、BROSはセクシーなデザインと履き心地、BODY WILDはカジュアルなデザインと履き心地といった感じです(個人的にはBROSの方が好み)。

ワコールのボクサーパンツ

ちなみに、トランクスと比較した時のボクサーパンツやブリーフの良いところは、フィット感があるので気が引き締まること、タイトなパンツやデニムを履いた時にごわつかないこと、パンツのラインがアウターにひびきにくいことです。僕はタイトなパンツやデニムを履くことが多いので、必然的に外出する時はトランクスよりもボクサーパンツやブリーフを履くことの方が多くなりました。

最後に

自分に合ったパンツがなかなか見つからない方は、インナーメーカーの「ワコール」や「グンゼ」のパンツを試してみて下さい。価格は1枚1,000円~2,000円前後しますが、履き心地は抜群です。

僕なんて他のメーカーのパンツを一切買わなくなったぐらいです。

また、パンツを変えると気分も変わるので、たまには違うタイプのパンツも履いてみて下さい。きっと新鮮な気持ちになれるはずです。たかがパンツ、されどパンツです。

ハナコトバパンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク