Bing検索で上位表示させるためのSEO対策について

Bing(ビング)はマイクロソフトが提供する検索エンジンです。

この時点で「何それ?」という方も多いと思いますが、GRCでキーワード検索順位をチェックされている方はご存知だと思います(緑色で表示されています)。

狙ったキーワードの検索順位を調べるツール「GRC」の使い方

2014.04.05

ちなみに、僕が調べたBingの国内シェア率は2014年で5%未満です。実際、この数字がどこまで信用できるのか分かりませんが、国内シェア率が低いのは間違いありません。ですから、SEO対策と言えば基本はGoogleの対策になります。

そのため、ネットで調べてもBingのSEO対策情報はほとんど出てきません。

Bingでは日本語ドメインの効果がない!?

最近では、Googleでも効果が薄くなってきた!?なんて言われていますが、僕はまだ効果があると思っています。アフィリエイト激戦区?のキーワードで上位表示させている日本語ドメインのサイトがいくつもあるからです。

そんな日本語ドメインなのですが、Bingでは全く効果がないor効果がほとんど期待できないと思います。説明するより、結果を見た方が早いと思いますので、同じキーワードで検索した際のGoogleとBingの1ページ目に表示される日本語ドメインのサイト数を比較してみます。

2014年7月2日のデータ

キーワード Google Bing
全身脱毛 3 0
脇脱毛 4 0
キャッシング即日 4 0
キャッシング審査 5 0
育毛剤 5 1
酵素ダイエット 4 1

※1ページ目(10件)に表示される日本語ドメインサイト

Bingでは、日本語ドメインで上位表示されているサイトが少ないのが分かると思います。

また、僕が運営していたサイト「萌えフィギュア.com」でも同じことが言えます。Googleなら「萌えフィギュア」で検索すれば上位表示されますが、Bingだと順位が落ちます(競争率の低いキーワードでも差が出ています)。

Bingでは無料ブログが弱い!?

Googleでは無料ブログが上位表示され易い傾向にあります(恐らくドメインの強さから)。

さすがに、先程紹介した様なキーワードでいきなり上位表示させることはできませんが、ただ商品を紹介するだけのサイトなら、ブログを作ったその日に上位表示させることが可能です。

例えば、フィギュアなら「商品名+予約」「商品名+最安値」といった「商品名+○○」の複合キーワードなら、作ったばかりのブログでも1ページ目に表示させることが可能です。

ですが、BingではGoogleで上位表示されている無料ブログがほとんどヒットしません。また、まとめ系サイトも少ないです。無料ブログが全体的に弱い印象を受けます。

特に、アフィリエイトサイトでは顕著な差が出ています。

Googleとは検索順位を決めるアルゴリズムが異なるので当然かもしれませんが、「作ったばかりのサイトは記事がインデックスされにくい」「サイトが評価されるまでに時間がかかる」「被リンクの効果がGoogleに比べて弱い」のかもしれません。

また、Bingでは独自ドメインの方が評価されている気がします。

Bingで効果のあるSEO対策について考える

ここからが本題になる訳ですが、どうやったらBingで上位表示できるのか?

僕の運営しているサイトは、Googleでは圏外に飛んでいますが、Bingでは上位表示され易い?みたいなので、「萌えフィギュア.com」で気づいたことを書いておこうと思います。

上位表示されるキーワード

タイトルでもある「キャラクター名+メーカー」で上位表示されます。

高坂穂乃果 グッドスマイルカンパニーの検索結果

「高坂穂乃果+グッドスマイルカンパニー」の検索結果

Googleでは、「Amazon」「価格.com」「楽天市場」だけでなく、「まとめ系サイト」「無料ブログ」が強いですから、僕のサイトが上位表示されることはありません。ですが、Bingだと上位表示されています。

白 コトブキヤの検索結果

「白+コトブキヤ」の検索結果

公式サイトより上位表示されることもあります。

悪魔ほむら アニプレの検索結果

「悪魔ほむら+アニプレ」の検索結果

中には、検索したページのリンクが含まれるページまで上位表示されることもあります。

上位表示され始めたのは、2014年の4月あたりからです(ドメインを取得してから1年)。以前は、Bingからのアクセスは月に数十程度しかありませんでしたが、今では数十倍になっています。ただ、上位表示されても大してアクセスが増えないのがBingです・・・。

Bingウェブマスターツールに登録すると効果があるのではないか?

先程紹介したページは、全てコピペにアフィリエイトリンクだけのページです。決して質が高いなんて言えませんし、被リンクだってありません。サイトの運営期間だって1年程度です。客観的に見ても、上位表示されているのが不思議です。

自分でも何が要因で上位表示されているのか分かりませんが、恐らく「Bingウェブマスターツール」への登録が大きく影響しているのだと思います。「Googleウェブマスターツール」に登録されている方は多いと思いますが、「Bingウェブマスターツール」に登録されている方は少ないからです。

また、「ドメイン年数」「サイト運営期間」「被リンク数」どれをとっても僕より勝っているサイトの方が多いはずです。つまり、他のサイトと大きな違いがあるとすれば、「Bingウェブマスターツール」の登録ではないか?というのが僕の考えです。

ということで、興味があればBing – Web マスター ツールに登録してみて下さい。

無料ですし、説明通りに記入欄を入力するだけで問題なく登録できるはずです。

知っておくと便利なBingウェブマスターツール機能

URLの送信

Googleウェブマスターツールの「Fetch as Google」だと思って下さい。

新しく投稿した記事をすぐにインデックスさせたい時に使います。

サイトを選択し、左メニューの「自分のサイトの設定」⇒「URL の送信」から、URLを入力して「送信」をクリックすれば完了です。改行して複数のページを同時送信することも可能です。

BingウェブマスターツールURLの送信

BingウェブマスターツールURLの送信

僕のサイトの場合ですと、早くて数分、遅くても1時間以内にはインデックスされます。

この機能は1ヶ月あたり最大50件、1日あたり最大10件の制限があります。この回数は、アカウントで管理されているGoogleとは異なり、Bingではサイトごとに管理されています。

SEO レポート

SEO修正候補を確認することができます。

サイトを選択し、左メニューの「レポート&データ」⇒「SEO レポート」をクリックすれば、改善するべき「内容」「重要度」「エラー数」「ページ数」が表示されます。

例えば、「画像にALT属性が定義されていません」「ヘッダにdescriptionが記載されていません」「ページに複数のh1が存在します」といった改善点を教えてくれます。

BingウェブマスターツールSEOレポート

BingウェブマスターツールSEOレポート

また、リンクをクリックすれば修正候補ページと詳細を確認することができます。

BingウェブマスターツールSEOアナライザー

BingウェブマスターツールSEOアナライザー

ちなみに、「description」の未記入は重要度「高」になっていますが、そこまで影響はない気がします。このブログはトップページ以外「description」を設定していませんが、Bing検索結果には普通に表示されているからです。

また、検索結果一覧では、「description」が未記入でも記事内の文章が自動でスニペットとして表示されます。但し、同じキーワードで検索した場合、表示されるスニペットはGoogleとBingでは異なります。

もちろん、設定するにこしたことはありませんが、設定しなくても問題ないと思います。

他にも便利な機能はたくさんある

他にも、「ページ トラフィック」「キーワード検索」「インバウンド リンク」「リンクの否認」等、一般的な機能はほとんど揃っています。

正直、デメリットは一切ないと思いますので、BingのSEO対策を考えている方は「Bingウェブマスターツール」に登録されることをお勧めします。

最後に

全て憶測でしかありませんが、Bingでは「Bingウェブマスターツールへの登録」がSEOに大きく影響しているのではないか?ということが言いたかっただけです。

但し、登録したからといってすぐに効果が得られる訳ではありません。

僕の場合、サイト運営時から「Bingウェブマスターツール」を利用していますが、大きな変化が出始めるまでに1年かかっているからです。

中古ドメインを使ったらどうなるのか?といった特殊なケースは分かりませんが、Bingではサイトが評価されるまでに時間がかかるのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • とても参考になりました、早速登録してみました。

    効果が出るのは先の話らしいのでワクワクしながら検索結果が上位に来るのを待ちます、どうもありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。

      完全放置しているサイトなのに未だにそこそこ上位表示されていることから、Bingウェブマスターツールの効果は今でもあると思います(Bingウェブマスターツールの効果なのかは断言できませんが・・・)。

      Bingで上位表示できてもGoogleやYahoo!の様にアクセスが伸びないのが残念ですが、僅かとはいえアクセスアップには繋がりますから、登録しておいて損はないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。