WordPressにX(旧Twitter)のタイムラインやツイートを埋め込む方法

【WordPress】Twitterのタイムラインやツイートを埋め込む方法

WordPressにX(旧Twitter)のタイムラインやツイートを埋め込む方法をまとめています。

WordPressにタイムラインやツイートを埋め込みたい時は、URLを直接入力する方法が一番簡単です。カスタマイズが必要であれば、Twitter Publishでコードを取得する方法を検討してみて下さい。

目次

アカウントURLとツイートURLの確認

WordPressにURLでTwitterを埋め込む時は、「アカウントURL」及び「ツイートURL」が必要になります。

スクロールできます
URL
タイムライン(アカウントURL)https://twitter.com/ユーザー名
特定のツイート(ツイートURL)https://twitter.com/ユーザー名/status/数字

アカウントURLは、プロフィール画面を表示すると確認できます。

アカウントURLの確認

ツイートURLは、特定のツイートをクリックすると確認できます。

ツイートURLの確認

Twitterを埋め込みたい時は、URLの取得方法だけ覚えて下さい。

段落ブロック及びTwitterブロックにURLを入力する

記事編集画面の段落ブロックにコピーした「アカウントURL」及び「ツイートURL」をそのまま貼り付けます。

段落ブロックにコピーしたURLを貼り付ける

タイムラインや特定のツイートが挿入されたら埋め込み完了です。

タイムラインや特定のツイートが記事に埋め込まれる

記事にTwitterを埋め込みたい時に使える一番シンプルな方法です。

TwitterブロックにURLを入力しても同じですが、ブロックを選択する手間が増えるだけなので、個人的には段落ブロックに直接URLを入力する方法がおすすめです。

Twitter Publishでコードを取得する方法

Twitter Publishにアクセスして、取得したい「アカウントURL」及び「ツイートURL」を入力します。

Twitter Publish

お好みでオプション「Post(ツイート)」「Timeline(タイムライン)」「Buttons(ボタン)」を選択します。

オプションの選択

表示されたコードを段落ブロックに貼り付けたら完了です。

必要であれば、「set customization options」カスタマイズして下さい。

選択できるオプション
  • テーマのカラー(ライトorダーク)
  • 高さと幅の指定
  • 言語(初期設定は自動)
  • 元ツイートの表示(リプライ埋め込み時)
  • ユーザ行動データをTwitterに送信

ウィジェットに埋め込む

ウィジェットにTwitterを埋め込みたい時は、表示させたい場所に「カスタムHTML」ウィジェットを配置して、タイムラインなら「アカウントURL」、ツイートなら「ツイートURL」を入力します。

カスタムHTMLブロックを配置

幅や高さ等のカスタマイズが必要であれば、Twitter Publishで取得したコードを入力して下さい。

最後に

WordPressにTwitterを埋め込みたい時は、「アカウントURL」及び「ツイートURL」を入力する方法が一番簡単です。記事だけでなく、ウィジェットにもそのまま配置できるのでおすすめです。

但し、URLで埋め込む方法はカスタマイズすることができません。カラーを変更したり、横幅や高さを変更したい時は、Twitter Publishでコードを取得して「カスタムHTML」ブロックに貼り付ける方法を使って下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次