WordPressの記事にリンクを貼る

WordPressの記事にリンクを貼る

WordPressの記事にリンクを貼る方法をまとめておきます。

目次

ブロックエディター

テキストにリンクを貼る

リンクを貼りたいテキストを選択して、「リンク」ボタンをクリックします。

リンクを設定したいテキストを選択してリンクボタンをクリック

リンク先URLを入力して、「送信」ボタンをクリック及びEnterキーを押します。

リンク先URLを入力して「送信」ボタンをクリック

この際、「新しいタブで開く」にチェックを入れると、リンクタグにtarget属性target="_blank"とrel属性rel="noreferrer noopener"が追加されます。

ボタンにリンクを貼る方法も同様です。

画像にリンクを貼る

リンクを貼りたい画像を選択して、「リンク」ボタンをクリックします。

リンクを設定したい画像を選択して「リンク」ボタンをクリック

画像のリンク先を選択&指定します。

画像のリンク先を選択

スクロールできます
詳細
URLをペーストまたは入力して検索 任意のページにリンクを貼る
メディアファイル 元画像にリンクを貼る
添付ファイルのページ 画像の説明ページにリンクを貼る

また、「」をクリックして、テキストの時と同様にリンク先を「新しいタブ」で開くこともできます。

必要なら、「rel属性」と「CSSクラス」を追加して下さい。(任意)

ブログカードで表示

リンク先のサイトがWordPressで構築されていれば、リンク先をブログカードで表示させることができます。

ブログカードを使いたい時は、表示させたいページのURLをコピーしてそのまま貼り付けます(ブロックの追加から「埋め込み(WordPress)」を使っても同じ)。サイト内へのリンクも可能です。

リンクカードが挿入される

但し、アイキャッチ画像が設定されていないページの画像は表示されませんし、タイトルやキャプションを変更することもできません。表示される情報は、指定したページの設定に依存します。

オブジェクトの埋め込み

各種SNSや動画配信サイトの埋め込みは、専用ボックスを使います。

各種SNSや動画配信サイトの埋め込み

配信元で提供される埋め込みコードで挿入する方法もありますが、ブロックエディターの場合は、HTMLとして編集しなければいけないので、専用ブロックに埋め込みたいページのURLを入力した方が簡単です。

対応サイトは、オブジェクトの埋め込み – サポートフォーラム – WordPress.org 日本語で確認して下さい。

クラシックエディター

テキストにリンクを貼る

リンクを貼りたいテキストを選択して、「link(」ボタンをクリックします。

リンクを貼りたいテキストを選択して「link」ボタンをクリック

リンク先URLを入力して、「リンクを追加」をクリックします。

リンク先URLを入力して「リンクを追加」をクリック

この際、「新しいタブで開く」にチェックを入れると、リンクタグにtarget属性target="_blank"とrel属性rel="noopener"が追加されます。

画像にリンクを貼る

編集画面で「メディアを追加」をクリックします。

「メディアを追加」をクリック

添付ファイルの表示設定から、「リンク先」を選択します。

クラシックエディターの「画像のリンク先」設定

スクロールできます
詳細
なし 画像にリンクを貼らない
メディアファイル 元画像にリンクを貼る
添付ファイルのページ 画像の説明ページにリンクを貼る
カスタムURL 任意のページにリンクを貼る

画像のリンク先を新しいタブで開きたい時は、ご自身でタグにtarget="_blank"を追加して下さい。

最後に

WordPressでは、基本的なテキストリンク以外にも、表示させたいページのURLを入力するだけでブログカードを表示させたり、オブジェクトを表示させることができるので、知っておくと便利です。

ちなみに、内部リンクは同じタブで開き、外部リンクは別タブtarget="_blank"で開くのが一般的ですが、特に決まりがある訳ではないのでお好みで設定して下さい。

あわせて読みたい
WordPressの記事に画像を挿入する WordPressの記事にメディア(画像)を挿入する時の設定についてまとめておきます。 【記事に画像を挿入する(ブロックエディター)】 ブロックエディターのカスタマイズ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる