WordPressの記事にリンクを貼る

WordPressの記事にリンクを貼る

WordPressの記事にリンクを貼る方法をまとめておきます。

リンクを貼る方法

テキストにリンクを貼る

リンクを設定したいテキストを選択して、「リンク」ボタンをクリックします。

リンクを設定したいテキストを選択して「リンク」ボタンをクリック

リンクを設定したいテキストを選択して「リンク」ボタンをクリック

リンク先URLを入力して、「送信」ボタンをクリックします。

リンク先URLを入力して「送信」ボタンをクリック

リンク先URLを入力して「送信」ボタンをクリック

この際、「新しいタブで開く」にチェックを入れると、「target="_blank"」が追加されます。また、外部リンクを新しいタブで開くと、「rel="noreferrer noopener"」のrel属性が自動で追加されます。

画像にリンクを貼る

リンクを設定したい画像を選択して、「リンク」ボタンをクリックします。

リンクを設定したい画像を選択して「リンク」ボタンをクリック

リンクを設定したい画像を選択して「リンク」ボタンをクリック

画像のリンク先を選択します。

画像のリンク先を選択

画像のリンク先を選択

URLをペーストまたは入力して検索 任意のページにリンクを貼りたい時
メディアファイル 元画像にリンクを貼りたい時
添付ファイルのページ 画像ファイルの説明ページにリンクを貼りたい時

また、「」をクリックして、テキストの時と同様にリンク先を新しいタブで開くこともできます。

リンク先URLを入力して「適用」ボタンをクリック

リンク先URLを入力して「適用」ボタンをクリック

必要なら、「rel属性」と「CSSクラス」を追加して下さい。(任意)

WordPressの記事にメディア(画像)を挿入する時の設定

WordPressの記事に画像を挿入する

2017.12.15

ボタンにリンクを貼る

記事編集画面で、「ボタン」ブロックを追加します。

「ボタン」ブロックを追加

「ボタン」ブロックを追加

ボタンに表示させたいテキストを入力して、「リンク」ボタンからリンク先を入力します。この際、右のブロックメニューからボタンのカラーやデザインを変更することもできます。

ボタンに表示させたいテキストとリンク先を入力

ボタンに表示させたいテキストとリンク先を入力

但し、ブロックエディターに対応していないテーマでは上手く機能しないので注意して下さい。

ブログカードで表示

WordPressで構築されたサイトであれば、リンク先をブログカードで表示させることができます。

ブログカードを使いたい時は、表示させたいページのURLをコピーしてそのまま貼り付けます(ブロックの追加から「埋め込み(WordPress)」を使っても同じ)。サイト内へのリンクも可能です。

ブログカードが挿入される

ブログカードが挿入される

但し、アイキャッチ画像が設定されていないページは画像が表示されませんし、タイトルやキャプションを変更することもできません。表示される情報は、指定したページの設定に依存します。

オブジェクトの埋め込み

対応サイトであれば、埋め込みたいページのURLを貼り付けるだけでオブジェクトが表示されます(ブロックの追加から「埋め込み」を使っても同じ)。

オブジェクトが挿入される

オブジェクトが挿入される

YouTubeやTwitterを埋め込みたい時に使うと便利です。

最後に

WordPressでは、基本的なテキストリンク以外にも、表示させたいページのURLを入力するだけでブログカードを表示させたり、オブジェクトを表示させることができるので、知っておくと便利です。

ちなみに、内部リンクは同じタブで開き、外部リンクは別タブ(target="_blank")で開くのが一般的ですが、特に決まりがある訳ではないのでお好みで設定して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク