フィギュア撮影とディフューザーの効果

フィギュア撮影とディフューザーの効果

フィギュア撮影とディフューザーの効果についてまとめておきます。

目次

ディフューザーの使い方

ディフューザーは、照明と被写体の間に設置して、光を拡散させるために使います。

ディフューザーの効果

僕はストロボ用のソフトボックスや乳白色のアクリル板を使っていますが、半透明の素材でそれなりの大きさがあれば、クリアファイル、トレーシングペーパー、ゴミ袋等でも代用できます。

参考までに、照明やカメラの設定を変えず、ディフューザーありなしの写真を比較してみて下さい。

ディフューザーあり

ディフューザーを上手く使えば、極端な明暗差がなくなり、全体的に柔らかい印象になったのが分かります。

ディフューザーの効果

ディフューザーの効果は、照明からの距離と被写体までの距離に大きく影響します。

大事なポイントは、照明の光が均一に当たる距離まで照明とディフューザーの間隔を空けること、ディフューズ効果を最大限まで高めたいなら、ディフューザーはできるだけ被写体に近づけることです。

俯瞰視点で被写体に当たる光をイメージすると下記の様になります。

ディフューザーの効果

ディフューザーは、照明と被写体の間ならどこに設置しても同じという訳ではありません。

照明とディフューザーの間隔が近すぎれば、ディフューザーに当たる光にむらができます。この状態では、光源が少し大きくなった程度なので、ディフューズ効果もそれ程高くありません。

ストロボの近くにディフューザー

ディフューズ効果を高めたい時は、ディフューザーに当たる光ができるだけ均一になる様、照明をディフューザーから遠ざけてみて下さい。ディフューザーで大きな面光源ができればOKです。また、ディフューザーは被写体に近づけるほど角度のついた光が被写体に当たるので、ディフューズ効果も高くなります。

ストロボの遠くにディフューザー

例えば、左からのサイド光だけで撮影しているのに、正面や右側が明るく写るのは、ディフューザーで拡散された光が被写体の前後上下からも当たっているからです(照明やカメラの設定は同じ)。

サイド光+ディフューザーなしサイド光+ディフューザーあり

この際、ディフューザーが小さいと、面光源も小さくなってしまうので(光の拡散効果も弱くなる)、スケールフィギュアの撮影なら、一辺50cm前後の大きさがあると使いやすい気がします。

小さいディフューザー

また、ここまでくるとなんとなく想像できると思いますが、照明に被せるタイプのディフューザーは、ほとんど効果を期待できません。照明からの距離が近すぎますし、ディフューザーの面積が小さすぎるからです。

照明に被せるタイプのディフューザー

ディフューザーは、小さな点光源を大きな面光源に変えるものだと思って下さい。

最後に

ディフューザーを使う時は、下記のポイントを意識してみて下さい。

ポイント
  1. ディフューザーを照明に近づけすぎない
  2. ディフューザーをできるだけ被写体に近づける

ただ、フィギュア撮影ではディフューザーを使わなければいけないなんて決まりはないので、ディフューザーを使うかどうかはご自身で判断して下さい(自分のイメージした写真が撮れればそれが正解)。

また、ディフューザーの素材によっては、大幅に光量が低下する可能性がありますし、色温度が変化する可能性もあるので、素材の異なるディフューザーを混ぜて使う時は注意して下さい。

Scofield
僕の理解が不十分で間違ったことを書いているかもしれないので、気になる点があれば指摘して頂けるとうれしいです。検証して記事を修正致します。
アクリサンデー(Acrysunday)
¥1,951 (2022/06/25 17:00時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方を紹介します。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティングを組めることです...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる