コトブキヤ「ラフタリア」レビュー

コトブキヤ「ラフタリア」レビュー

コトブキヤ「ラフタリア」のレビューです。

目次

ラフタリア

コトブキヤ「ラフタリア」

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL90M28G

衝動買いしたフィギュアなのですが、期待していたよりもずっと完成度が高くて満足しています。顔の造形が素晴らしいからだと思いますが、アニメのラフタリアがそのまま立体化された感じです。

欲を言えば、ブーツや服の紐を塗り分けではなく、別パーツにしてもっと立体感を強調させても良かった気がしますが、価格を考慮すれば十分すぎる完成度だと思います。

撮影後記

結局いつものライティングで書くことがないので、Lightroomのパラメーターを載せておきます。

Lightroomのパラメーター

一度調整を見直しているのですが、ホワイトバランスの調整は、ColorChecker Passportを使っているので、プロファイルを作成してから、グレーポイントでホワイトバランスを取得しています。

露出はF11まで絞っていたので、メインのストロボを1/1フル発光させても少し暗くなったため、露光量+1.3EVまで上げています。RAW現像前提なら、1~2EVぐらいなら特に問題なく調整できるのですが、できればストロボをもう1つ追加するか、ISO感度を上げて撮影した方が良かった気がします。

基本補正は、コントラストと明瞭度を若干上げ、トーンカーブもほんのりS字カーブにしてメリハリを出しているのですが、その分彩度を少し下げてきつくなりすぎないようにしています。

個人的には、コントラスト上げの彩度下げが好みです。

あわせて読みたい
フィギュア撮影におすすめ!正確な色を再現できる「X-rite ColorChecker Passport」 X-rite ColorChecker Passportは、「正確な色の再現」と「ホワイトバランスの調整」ができるカラーマネジメントツールです。少し高価な機材ですが、色に関する悩みが劇...

最後に

最近はフィギュアが高騰しすぎて購入する機会が激減してしまいました。

まだ5,000~10,000円で購入できた頃と比べて、各段にクオリティが上がっている感じはしないのですが、何故か価格は倍近くになっている気がします。また、3万超え、4万超えなんてフィギュアも出てきていますが、デコマスからの劣化やハズレ個体を引いた時のショックを考えると、怖くて予約できません。個人的には、少しぐらい高くなっても製品版を見てから購入したいというのが本音です。

あわせて読みたい
フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方を紹介します。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティングを組めることです...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

まったりブログ運営者です。

現在ブログテーマをハミングバードからSWELLに変更中です。修正が完了するまでレイアウトが崩れるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる