マックスファクトリー「アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕ドレスVer.」レビュー

マックスファクトリー「アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕ドレスVer.」レビュー

マックスファクトリー「アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ドレスVer.」のレビューです。

目次

アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ドレスVer.

アヴェンジャージャンヌ・ダルク〔オルタ〕ドレスVer.

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL90M28G

髪の重量感とボリュームが凄いです。そして優雅でセクシー。

髪飾り(コサージュ)の造りが若干甘い気もしますが、全体の完成度は間違いなく高いです。顔のできも素晴らしい。個人的には、現在発売されているジャンヌオルタのフィギュアの中で一番好みです。

マックスファクトリー(Max Factory)
¥26,990 (2022/05/24 22:27時点 | Amazon調べ)

撮影後記

アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ドレスVer.撮影後記

2年ぶりぐらいのフィギュア撮影だったのですが、今回はストロボ(x3)で撮影しました。

1つはソニー純正のストロボ、残り2つはNEEWERの激安ストロボです。ボディに取り付けたストロボを天井バウンスでメイン光源にし、残り2つのストロボは少し弱めに設定してサイド光と半逆光でアクセントを入れました。ホワイトバランスの調整はカラーチェッカーパスポートを使っています。

ちなみに、ストロボ撮影は部屋の明かりを点けたまま撮影できる。光量をストロボで変えられる。スペースの節約になる。シャッタースピードが速いので手持ち撮影もできる。といったメリットがありますが(個人的に感じたこと)、微調整が難しいデメリットもあります。

もう少し立体感を強調させたい。ハイライトの位置をずらしたい。影を弱くしたい。と思った時、定常光なら目視で確認しながら調整できるのですが、ストロボは撮影した写真を見るまで結果が分かりません。いきなりストロボ撮影から始めるのは少しハードルが高いように感じました(たぶん)。

ただ、ある程度ライティングの知識があれば、ストロボの方が安定する気がします。

あわせて読みたい
NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方 NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方をまとめておきます。 【室内照明だけでは綺麗に撮れない】 一眼を手に入れたから早速試し撮りだ!どんな写真...
あわせて読みたい
フィギュア撮影におすすめ!正確な色を再現できる「X-rite ColorChecker Passport」 X-rite ColorChecker Passportは、「正確な色の再現」と「ホワイトバランスの調整」ができるカラーマネジメントツールです。少し高価な機材ですが、色に関する悩みが劇...

最後に

情報量の多い&横に広がりのあるフィギュアはそれだけで撮影映えする気がします。

ちなみに、僕はFateのファンという訳ではないですし、ジャンヌ・ダルクもよく知らないのですが、Fsteシリーズは飾り映えするフィギュアが多いので大好きです(特にオルタの雰囲気が好き)。

マックスファクトリー(Max Factory)
¥26,990 (2022/05/24 22:27時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方を紹介します。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティングを組めることです...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる