Pixel6aにおすすめのカバーと液晶保護ガラスフィルム

Pixel6aにおすすめのカバーと液晶保護ガラスフィルム

Pixel6aのカバーと液晶保護ガラスフィルムを選ぶ時のポイントをまとめておきます。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

選ぶ時のポイント

Pixel6aのカバーと液晶保護ガラスフィルムを選ぶ時のポイント

僕は操作性重視でカバーを選んでいますが、迷った時は下記のポイントを参考にしてみて下さい。

また、Googleストアでもカバーは販売されているので、不安な方は純正品を購入して下さい。

選ぶ時のポイント
  • 非純正品を購入する時は必ず対応機種を確認する
  • 薄型タイプのカバーはサイドの一部がむき出しになっているので保護力が落ちる
  • ボタンが覆われているカバーはボタン操作がやや重くなる
  • 背面カメラの周りが保護されていないカバーはカメラフィルムがあると便利
  • 液晶保護ガラスフィルムはフレームガイドがあると貼る時にずれない
  • 液晶保護ガラスフィルムは何枚入っているのか確認する
  • 液晶保護ガラスフィルムはカメラフィルムの有無を確認する

基本的にカバーと液晶保護ガラスフィルムは別々で購入する必要があります(同梱タイプもあり)。

ちなみに、僕が今使っているカバーと液晶保護フィルムは下記の商品です。

カバー

2種類のカバーを実際に使ってみた感想です。

Kniphior

Kniphior

必要な部分以外全てを保護してくれる保護力の高い商品です。

ジャストフィットしているので、使用中のズレは全くありません。ただ、このカバーをつけるとスマホが一回り大きくなった感じがするので、カバーなしのようなコンパクトさを求める方には不向きです。また、支障が出る程ではありませんが、ボタンもカバーされているので、サイドのボタン操作がやや重くなります。

背面カメラフィルムは、なくても問題なさそうですが、付けた状態でもカバーは装着できます。

Kniphior外観

触った感じは、サラサラで少し硬めの印象。

シンプルかつ保護力を重視したい方におすすめのカバーです。

Wojiaozvlf

Wojiaozvlf

薄型タイプで、コンパクトなのが特徴です。

ただ、サイドの上部、下部、ボタン周りがカバーされていないので、保護力は落ちます。室内で落とす程度なら特に問題なさそうですが、外のコンクリートの上で落とせば、ほぼ間違いなくどこかに傷がつきます。また、(外れたりはしませんが)角を持った時に本体からカバーがわずかに浮いてしまうのも少し気になりました。

背面カメラ部分も大きく開いているので、カメラフィルムも付けた方が良さそうです。

Wojiaozvlf外観

触った感じは、しっとりサラサラで手になじむ感じですが、指紋が付きやすい印象。

コンパクトかつ操作性を重視したい方におすすめのカバーです。

液晶保護フィルム

2種類の液晶保護フィルムを実際に使ってみた感想です。

JETech

JETech
セット内容
  • 表面ガラスフィルムx2
  • 裏面カメラフィルムx2
  • フレームガイド
  • アルコールシートx3
  • ホコリ吸着シールx3
  • クリーニングクロスx3
  • 取扱説明書(英語)

フレームガイドが付いているので、フィルムを貼る時にずれる心配がありません。誰でも簡単に綺麗に貼ることができます。また、気泡が入りにくく、気泡が残っても画面の外に押し出すだけで簡単に除去できます。

裏面のカメラフィルムは、別途購入したカバー(カメラ部分が開けているタイプのみ)を付けた状態で貼ると、カバーがガイド代わりになるので、綺麗に貼ることができます。

ちなみに、フィルムは表面のカメラ部分と背面のライト部分が切り抜かれているだけなので、背面カメラはフィルムに覆われますが、商品ページには「99%の光透過率によりすべての写真とビデオの元の解像度を保証」と記載があるので、カメラのレンズにつける保護フィルターと同じだと思えば、特に気にならないはずです。

タッチ操作や指紋認証も問題なく、サイズもPixel6aにピッタリなので、自信をもっておすすめできる商品です。

WEWSTOUN

WEWSTOUN
セット内容
  • ガラスフィルムx2
  • アルコールシートx2
  • ホコリ吸着シートx2
  • クリーニングクロスx2
  • ホコリ吸着シールx2
  • ガイドテープx2
  • 日本語取扱説明書

気泡は残っても画面の外に押し出すだけで簡単に除去できます。また、指紋認証も問題ありませんでした。

ただ、JETechのガラスフィルムと比較すると、縦の長さが1~2mm程小さいため、個人的には画面下の隙間が少し気になりました。液晶表示部分は完璧にカバーされていますが、3ボタンナビゲーションを使用している場合は、操作する際に段差が指に当たって気になるかもしれません。

また、ガイドテープは付属していますが、フレームタイプと比較すると貼りやすさは劣ります。背面カメラフィルムも付属していないので、カメラ周りが保護されていないカバーにも不向きです。

タッチ操作や滑りやすさは、JETechとほとんど変わりませんでした。

最後に

迷っているなら、液晶保護ガラスフィルムは、JETechの商品がおすすめです。

実際に使ってみた感じでは、Pixel6aにジャストフィットするサイズですし(エッジに干渉しない)、フレームガイドが付属しているので、貼る時にずれません。また、カメラフィルムが付属しているので、背面カメラ周りが保護されていないタイプのカバーにも対応できます。

ただ、カバーだけはご自身の用途に合ったものを選んで下さい。

僕の様にスマホを外で落としたことがない方や、操作性を重視したい方には、コンパクトな薄型タイプもおすすめですが、過去にスマホを落としたことがある方や心配な方は保護力の高いタイプをおすすめします。

ちなみに、僕はPixel3a時代からずっとこの手の非純正品を使っていますが、思ったよりも丁寧な作りをしているので(触り心地だけは分からない)、対応機種を間違えなければどれも問題なく使えるはずです。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次