【フィギュア撮影】ストロボ天井バウンスのやり方

ストロボの天井バウンスでフィギュアを撮影する方法

ストロボの天井バウンスでフィギュアを撮影する方法をまとめておきます。

目次

用意する物

天井バウンスでフィギュアを撮影

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

絶対必要な物
あると便利な物
  • ストロボ
  • レフ版
  • 背景紙
  • 三脚
  • グレーカード
  • どっちもクリップ強力タイプ
  • 万能クリップ

今回は安価なストロボNEEWER TT560を使って撮影してみました。

ちなみに、ストロボを使えばシャッタースピードを速くできるので、手持ちでも低ISO感度の撮影が可能です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめておきます。 【撮影ブースを自作するメリット】 撮影ブースを自作するメリットは、好きな背景紙で自由にライティン...

カメラの設定

撮影ブース(天井バウンス)

最初から適正露出になることはないので、とりあえず暫定値をセットして調整していきます。

設定
ISO感度 100
F値 8.0
シャッタースピード 1/160
ホワイトバランス オート
ストロボMODE M
ストロボ光量 フル発光(最大)

ISO感度を上げると写真は明るくなりますが、上げすぎるとノイズが目立つので注意して下さい。僕は基本的に100にしていますが、500ぐらいまでなら特に気になりません(カメラの性能に影響)。

F値は小さくすると明るく、大きくすると暗くなりますが、ピントの合う範囲にも影響するので、上げすぎ及び下げすぎには注意して下さい。僕はF8.0を基準に調整しています。

シャッタースピードは、カメラのフラッシュ同調速度以下に設定します。遅すぎると環境光の影響を受けますし、速すぎるとシャッター膜の影が写り込むので注意して下さい。僕は1/100~1/160に調整しています。

定常光撮影との大きな違いは、シャッタースピードで露出を調整する概念が異なる点、実際にシャッターを切るまで写真の仕上がりをイメージしづらい点です。

写真が明るい時
写真が暗い時
  • ストロボのパワーを下げる
  • ISO感度を下げる
  • F値を大きくする
  • ストロボのパワーを上げる
  • ISO感度を上げる
  • F値を小さくする
  • レフ版を追加する
あわせて読みたい
NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方 NEEWERのストロボ「TT560」の使い方と天井バウンスのやり方をまとめておきます。 【室内照明だけでは綺麗に撮れない】 一眼を手に入れたから早速試し撮りだ!どんな写真...
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】オススメのレンズ フィギュア撮影で重要なレンズの「最大撮影倍率」と「焦点距離」についてまとめておきます。 【最大撮影倍率】 最大撮影倍率は、「被写体をどれだけ大きく写せるのか」...
あわせて読みたい
【フィギュア撮影】カメラの設定「ISO感度」「F値」「シャッタースピード」 フィギュア撮影における「ISO感度」「F値」「シャッタースピード」の特性と露出の関係をまとめておきます。 【ISO感度はカメラの最小値】 ISO感度は、デジタルカメラが...

実際に撮影して調整する

今回はズームレンズの焦点距離70mm(35mm換算)で撮影しています。

撮影する時は、部屋の照明は点けままでもOKですが、カメラの設定が反映されるミラーレス機種(EVF)で液晶やファインダーが真っ暗になる時は、カメラ側で設定効果反映をOFFにして下さい。

また、ストロボは天井に向けて発光しますが、少し前に向けたり、少し後ろに向けるだけでも光の当たりが変わるので、イメージと異なる時は角度を調整してみて下さい。

ストロボのみ(天井バウンス)

ストロボの天井バウンスだけで撮影しました。

ストロボ(天井バウンス)のみで撮影

設定
ISO感度 100
F値 8.0
シャッタースピード 1/160
ホワイトバランス オート
ストロボ フル発光(最大)

少しアンダー気味なので、全体を明るくして、暗い部分にレフ版を追加していきます。

ISO感度で露出を調整

ISO感度を上げて全体の明るさを調整しました。

ISO感度を上げて撮影

設定
ISO感度 160
F値 8.0
シャッタースピード 1/160
ホワイトバランス オート
ストロボ フル発光(最大)

ストロボはフル発光しているので、全体の明るさはISO感度及びF値で調整するしかありません。

今回はこれ以上F値を開きたくないので(ピントの合う範囲が狭くなる)、ISO感度を上げて明るくしました。この際、シャッタースピードを遅くすると環境光の影響を受けるので注意して下さい。

ストロボ(天井バウンス)+レフ版x2

顔が暗いので、サイドと手前にレフ版を追加しました。

天井バウンスでフィギュアを撮影

設定
ISO感度 160
F値 8.0
シャッタースピード 1/160
ホワイトバランス オート
ストロボ フル発光(最大)

ホワイトバランスが特にずれていなければこれで完成です。

定常光でも同様、1灯で撮影する時はレフ版を使って暗い部分を明るくするのがポイントです。

グレーカードを使ってホワイトバランスを取得

色味が気になる時は、グレーカードを使ってマニュアルでホワイトバランスを取得します。

グレーカードを使ってホワイトバランスを取得

この際、現像時にホワイトバランスを調整するなら問題ありませんが、撮影時にホワイトバランスを設定する場合は、天井の照明を消してできるだけ暗い部屋で操作して下さい。部屋が明るい状態でホワイトバランスを取得しようとすると、ストロボ+環境光のミックス光のホワイトバランスを取得してしまいます。

あわせて読みたい
【フィギュア撮影】正確な色を再現する「ColorChecker Passport」の効果と使い方 正確な色の再現とホワイトバランスの調整ができるカラーマネジメントツール「ColorChecker Passport」の使い方と効果をまとめておきます(現在は取り扱いがX-riteからca...

最後に

手っ取り早くフラットな拡散光を作りたい時に天井バウンスはおすすめです。

ただ、天井バウンスは、全体的にフラットな拡散光が当たるので、背景を暗くしたり、ライティングで背景にグラデーションを付けたりするのが苦手です。また、シャッターを切るまで結果が分からないので、ある程度ライティングのイメージができないと、調整に時間がかかります。

ちなみに、ストロボのフル発光は、「ストロボの寿命が短くなる」「バッテリーの消耗が早くなる」「発光可能状態までのチャージ時間が長くなる」のであまりよくないらしいのですが、僕は3年前に購入したTT560が2機とも未だに壊れず普通に使えているので、気にせずフル発光させています。

気になる方は、ストロボのパワーを落として、ISO感度で露出を調整して下さい。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
銀一
¥1,945 (2022/10/04 17:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

PR あみあみ予約受付中

コメント

コメントする

目次