フィギュアケース「デトルフ」のホコリ対策にお勧めの隙間テープ

IKEAの「DETOLF(デトルフ)」のホコリ対策についてまとめておきます。

デトルフの隙間

購入前から分かっていた事なのですが、デトルフはホコリ対策が必須です。組み立て方によって多少ズレはありますが、「前面扉の上下左右に約5mmの隙間」ができるからです。

デトルフ前面の隙間

このままでは、隙間からデトルフの中にホコリが溜まっていきます。

ホコリ対策

使用する隙間テープ

すき間モヘヤシール グレー

今回使用する隙間テープは、槌屋のすき間モヘヤシール グレー 6mm×4mm×2mすき間モヘヤシール グレー 6mm×6mm×2mです(高さ5mmはありません)。

購入する時は、必ず「高さ4mmと6mmを1つずつ」購入して下さい。

僕は全て試しましたが、6mmと4mmの組み合わせならほぼ隙間ができません。4mmと4mmの組み合わせは隙間ができますし、6mmと6mmの組み合わせは扉が上手く閉まらなくなります。

カラーはゴールドもありますが、グレーの方が目立たないと思います。

貼り方

特に難しい作業はありません。

すき間モヘヤシール グレーの貼り方
貼り方
  1. 貼る面の汚れをよく拭き取る
  2. ガラスの淵に沿ってまっすぐ貼る(余った部分はカットする)
  3. 余った部分を上下の板に貼る(余った部分はカットする)

前面扉ガラスを外して、横は左右のガラスの淵に沿って貼ります。余った部分はカットして上下の板に貼ります(こちらも余った部分はカット)。全て本体側に貼ります。

向かって上と右に6mm、左(扉を開閉する側)と下に4mmを貼ります。

シールは余程強く貼らない限り、剥がしても跡は残りません(長時間経過した場合は僕にも分かりません・・・)。一度貼って気に入らなければ剥がすこともできます。

若干個体差がある様な気もしますが、左右の隙間は前面ガラスのネジで調整できますから、どちらかにひどく偏っている場合は扉の位置を調整してみて下さい。

外観

個人的には全く気なりません。

テープを貼った場所の外観

後ろの角にはめている乳白色のプラスチックレールよりも目立たないと思います。

最後に

デトルフのホコリ対策はたくさんありますが、個人的にはモヘアシールが簡単でお勧めです。

僕は2年以上使っていますが、ホコリはほとんど気にならなくなりました(開け閉めする際に多少はホコリが入ってしまうので完璧に防ぐことはできませんが効果は絶大です)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress

本格的にブログを運営したい、ブログで収益化したいなら
「WordPressを始めよう!」

2 件のコメント

  • イケアのガラスキャビネットがちょうど75周年セールで安くなっていて購入したところだったので助かりました。

    • 開け閉めする際に入る多少のホコリはありますが、モヘアシールを貼るのと、貼らないのでは雲泥の差がでますから、ホコリが気になる方は絶対対策した方がいいですよね。

      ちなみに、僕はモヘアシールを貼って2年以上になりますが、未だに問題なく使えています。外見も損なわないので個人的には気に入っていますが、もっとおすすめの方法等あれば、その時は是非教えて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。