A-コンバーター4chと8chの音の違い

A-コンバーター4chと8chの音の違い

重低音を聴きとれるスピーカーやイヤホン(ヘッドホン)で視聴して下さい。

4chと8chの音の違いを一言で言うと、「重低音の厚み」です。

僕はそこまで音質に拘る方ではないのですが、8chはドラムやベースの重低音がズシズシ響いてきます。音に重みがある。迫力があると言った方がいいのかもしれません。

基本的に8ch対応の機種も4chあれば十分だと思いますが、8chに慣れてしまうと4chでは物足りなくなります(使い回しできることも考慮して僕は8chをオススメしています)。

ちなみに、僕が使っている2,000円前後のマイク付きイヤホンSONY MDR-EX255APでは違いがはっきり分かりますが、重低音を聴きとれないスピーカーやイヤホンでは違いがほとんど分かりません(僕の使っているPCモニターEIZO FS2333のスピーカーでは違いが分かりませんでした)。

再生するオーディオ機器にも影響するので注意して下さい。

あわせて読みたい
A-コンバーターの特徴と使い方 A-SLOTから販売されているイヤホンコンバーター「A-コンバーター」についてまとめておきます。 【A-コンバーターの特徴】 A-コンバーターの特徴をざっくりまとめるとこ...
あわせて読みたい
A-コンバーターの取り付け方 A-コンバーターの取り付け方をまとめておきます。 この記事ではマジハロ5のケースを紹介していますが(基本的にはどの機種でもやることは同じ)、メーカーや筐体によっ...

コメント

コメントする

目次