A-SLOTの分割配送とパチスロ実機の組み立て方

A-SLOTの分割配送とパチスロ実機の組み立て方

A-SLOTの分割配送を使ってみた感想とメリット・デメリットについてまとめておきます。

この記事はマジカルハロウィン5の説明になりますが、どの機種でも基本的にやることは同じです。

目次

\ 先行セール開催中! /

配送

マジカルハロウィン5の場合は、本体が約28kg、扉が約15kgの2分割で配送されてきました。

本体と扉に分割されたパチスロ実機

基本は本体と扉の2分割で配送されますが、アタックビジョン筐体等、3分割で配送される機種もあります。

組み立てと配線の接続

分割配送を選択すると、本体を組み立てて、配線を繋ぐ必要があります。

組み立てる手順
  • 本体と扉を組み立てる
  • コネクタを挿す
  • 配線をまとめる

特に難しい作業はありません。本体と扉を金具で繋いで、コネクタを挿すだけです。

初めてでも10分あれば組み立てられると思いますが(慣れれば2~3分)。分からない時は説明書と購入者のみ視聴できるA-SLOTの組み立て動画も参考にしてみて下さい。

組み立て

蝶番(ちょうつがい)となる金属を2箇所接続します。

この際、床が傷つくといけないので、できれば本体の下にマット等を敷いて作業することをおすすめします。また、扉は表側に倒れる可能性があるので、できるだけで壁際で作業して下さい。

蝶番となる金属を2箇所接続する

準備ができたら、扉を少し持ち上げて、上部の金属フックを本体に嵌め込みます。

扉側の金属フックを本体側に嵌める

フックを嵌めたら、奥も「カチッ」と音がなるまでしっかり嵌めてロックをかけます。

金属フックを嵌めてロックをする

上手く嵌らない時は、本体に対して扉を90度ぐらいの角度で嵌め込んでみて下さい。

同様に下部も接続できたら組み立て完了です。

配線の接続

コネクタの接続は、必ず本体と扉を組み立てた後に行って下さい。

マジハロ5の場合は、本体電源ユニット付近に4つ、リール左上に1つ、本体側には計5つのコネクタがあります。また、コイン不要機を付けている場合は、扉側に1つコネクタがあります。同じ色の印の箇所に接続します。

コネクタの接続

向きも決まっていますし、同じ形状のコネクタを挿し込むだけなので迷うところはないはずです。

コネクタ1
コネクタ2
コネクタ3

コイン不要機のコネクタは、扉側から本体側のメイン基板に挿し込みます。

コネクタ(コイン不要機)

最後に、配線を扉側のバンドでまとめて完成です(上下2箇所)。

配線をバンドでまとめる1
配線をバンドでまとめる2

分からない時は、付属の説明書を参考にしながら作業して下さい。

エラーが起きた時は設定変更

恐らく、配線を抜いたことによるRAMクリによるものだと思いますが、電源を入れると「E.8 RWMエラー」が起こります。設定を変更すれば解除されるので、設定を変更して下さい。

E.8 RWMエラー

設定変更方法は基本的にどの機種も同じです。

分割配送のメリット・デメリット

個人的に感じたメリット・デメリットはこんな感じです。

メリット
デメリット
  • 持ち運びが楽
  • 手放す時に宅急便を利用できる
  • 機種によっては選択できない
  • 慣れないと組み立てが面倒
  • 一部のオプションは自分で取り付けが必要

分割配送を選択すれば、丸ごと配送より持ち運びがかなり楽になります。また、段ボールを保管しておけば、ヤフオクやメルカリに出品して、分割配送で実機を送ることができるのでおすすめです。

但し、分割配送が利用できない機種もありますし、一部のオプションはご自身で接続しなかければいけない等、丸ごと配送よりも少し手間がかかります。また、他人に譲る時は組み立て方の説明も必要です。

個人的には、手放す際のことを考えると、分割配送のメリットの方が大きい気がします。

最後に

A-SLOTでは、購入する時に分割配送とまるごと配送を選択できます。

僕はデメリットよりもメリットの方が大きいと感じたので、今後は分割配送を利用するつもりですが、どちらにもメリット・デメリットはあるので、ご自身にあった配送方法を選択して下さい。

\ 好みに合わせて選べる配送方法 /

シェアしてね!

この記事を書いた人

6月いっぱいでパチンコ・パチスロ搭載楽曲ネタはフェードアウトしようと思う。とりあえず、未開封フィギュアをレビューしたい!未だに「キャスター/スカサハ」は未開封のままだし、今月は「[暁想]アルベド」も届く予定。ASPにフィギュアレビュー記事について注意を受けてからレビューが完全に滞ってしまった。需要があるか分からないけど、注意を受けた内容についても記事にしたいと思う。

コメント

コメントする

目次