A-コンバーターの取り付け方

A-コンバーターの取り付け方

A-コンバーターの取り付け方をまとめておきます。

この記事ではマジハロ5のケースを紹介していますが(基本的にはどの機種でもやることは同じ)、メーカーや筐体によってコネクタの位置が異なるので、必ず付属の説明書を参考に作業して下さい。

目次

説明書とコネクタの確認

A-コンバーターを購入すれば、必ず説明書が付いています。作業する前に必ず確認して下さい。

A-コンバーター説明書

8chのマジハロ5の場合は、高音用2つ、低音用2つ、ウーファー用1つ、計5つのコネクタを差し替える必要があります。この際、8chのA-コンバーターなら問題ありませんが、4chのA-コンバーターを使用する場合は、高音、低音、ウーファーのいずれかをカットしなければいけません(基本はウーファーをカット)。

スピーカーから音を出したくない時は、カットしたスピーカーのコネクタを抜いておいて下さい。

また、高音用、低音用、ウーファー用のコネクタは、それぞれ差し込み口の形状が異なります。スピーカーのコネクタと差し替える時は、対応場所を間違えないようにして下さい。

コネクタの形状が異なる

逆に、A-コンバーター本体と変換ハーネスを接続するコネクタは共通となっています。

A-コンバーター本体と変換ハーネスを接続するコネクタは共通

但し、一部の機種は変換ハーネスが存在しないため、実機へ加工が必要になります。A-コンバーター販売ページの機種一覧で確認できますが、不安な方は購入する前にA-SLOTに問い合わせて下さい。

A-コンバーターの取り付け方

コネクタを抜く時は、必ず「ツメ」を押さえて抜いて下さい(強引に抜くとコードがちぎれる可能性あり)。

コネクタのツメ

高音・低音用コネクタの差し替え

扉裏にある前面スピーカーのコネクタを4つ外して、赤丸に高音用コネクタを2つ、青丸に低音用コネクタを2つを差しを込みます。抜いたスピーカーのコネクタは、邪魔にならない様に放置しておいて下さい。

高音・低音コネクタの差し替え

ウーファー用コネクタの差し替え

ウーファー用のコネクタは、リールユニットを外して差し替えなければいけません。

プラスドライバーでリールユニットの下のネジを3本外します。

リールユニットのネジを3箇所外す

リール上部のコネクタを4箇所外します。

リール上部のコネクタを4箇所外す

リールユニットを手前に引いて取り外します。

リールユニットを外す

内部左側にある背面スピーカーのコネクタを外し、ウーファー用のコネクタを差しを込みます。

ウーファーのコネクタを差し替える

リールユニットを戻す前に、機種別変換ハーネスのコードを全て背面の穴から出しておきます。

機種別変換ハーネスのケーブルを背面の穴から出しておく

リールユニットを戻して、抜いたコネクタとネジを元に戻します。

リールユニットを戻す

これでコネクタの差し替えは全て完了です。

A-コンバーターと機種別変換ハーネスの接続

最後に、A-コンバーターと機種別変換ハーネスのコネクタを接続すれば完了です(区別なし)。

A-コンバーターと機種別変換ハーネスのコネクタを接続

後は、A-コンバーターにヘッドホンやスピーカーを接続して自由に楽しんで下さい。

A-コンバーターとイヤホン

音量は実機の純正スピーカーとA-コンバーターのVolumeつまみの両方で調整できます。

最後に

マジハロ5はリールユニットを外してウーファーのコネクタを差し替えましたが、基本的に4chの機種はリールユニットを外す必要はありません。コネクタを差し替えるだけです。

慣れてしまえば、コネクタの差し替えに必要な時間は2~3分程度です。

また、後からオプションだけ購入して取り付けることもできますし、機種別変換ハーネスセットを購入すれば、他の機種でも使いまわしができるのでおすすめです。

\ オーディオやPCに繋げて楽しめる! /

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次