All In One SEO Packの設定と使い方:SEO対策とメタタグ最適化

All In One SEO Packの設定と使い方

プラグイン「All In One SEO Pack」を追加すると、SEO関連の設定を管理することができます。

サイト全体及び記事毎に「title」や「description」を設定できるだけでなく、「XMLサイトマップの生成」「ソーシャルメディア用のタグ設定」「アクセス解析タグの貼り付け(Googleアナリティクス・Search Console・Bingウェブマスターツール」も同時にできます。

WordPressの初期設定

All In One SEO Packを設定する前にタイトルの初期設定を確認して下さい。

タイトルの設定は、管理画面メニューの設定「一般」から変更することができます。この設定はAll In One SEO Packの設定にも影響するので、最初にしっかり設定しておく必要があります。

また、サイトのタイトルは「%blog_title%」として使用され、全てのページタイトルの後ろに表示されます。サイトのタイトルが長いと、検索エンジンで表示される個別ページのタイトルが見切れてしまう恐れがあるので注意して下さい。

WordPress初期設定のタイトル構成

WordPress初期設定のタイトル構成

参考までに、WordPress初期設定の各種メタ情報は下記の様な構成になっています。

title description keywords
トップページ ① – ② 未設定 未設定
個別記事 記事タイトル – ① 未設定 未設定
アーカイブ アーカイブ名 – ① 未設定 未設定

一般設定

僕が変更している箇所のみ紹介します。他は初期設定のままです。

導入

All In One SEO Packを追加&有効化し、管理画面の「All in One SEO」から各種設定を行います。

All in One SEO Packの一般設定

All in One SEO Packの一般設定

ホームぺージの設定

トップページの「title(サイト名)」の変更、「description(概要)」「keywords(キーワード)」を設定することができるので、全て入力して下さい。「keywords」にSEO効果はありませんが、マイナスになる訳ではないのでついでに入力しておきます。

代わりに固定フロントページを利用するは、「利用停止」にチェックを入れます。

ホームページ設定

ホームページ設定

タイトルの設定

特に変更する項目はありませんが、「タグと検索タイトルを大文字にする」と「カテゴリータイトルを大文字にする(英字のみ)」にチェックが入っていると、アルファベットで始まるタイトルの頭文字が大文字に変換されてしまいます。必要なければ両方外して下さい。

タイトルの設定

タイトルの設定

ウェブマスター認証

アクセス解析ツール「Search Console(旧Googleウェブマスターツール)」及び「Bingウェブマスターツール」に登録されている方は、metaタグによる所有権の確認ができます。

metaタグの「contet=”○○”」で囲まれた○○の部分(英数字)をコピーして貼り付けます。

ウェブマスター認証

ウェブマスター認証

テーマのヘッダーにmetaタグを貼る方法もありますが、テーマをアップロードすると初期化されてしまうので、All In One SEO Packで設定した方が楽です。

Google 設定

Googleアナリティクスに登録されている方は、トラッキングIDを入力することができます。

UAから始まるアナリティクスのIDをコピーして、「GoogleアナリティクスID」に貼り付けます。

この際、Exclude Users From Trackingの「Administrator」にチェックを入れると、WordPressにログインしている管理者のトラッキングを除外することができます。

Googl 設定

Googl 設定

先程同様、テーマのヘッダーにトラッキングコードを貼る方法もありますが、テーマをアップロードすると初期化されてしまうので、All In One SEO Packで設定した方が楽です。

Noindex 設定

重複コンテンツ対策として、不要なページをNoindexさせることができます。

僕は「カテゴリー」のチェックを外してindexさせています。また、「タグ」「検索ページ」「404ページ」「Use noindex for paginated pages/posts」にチェックを入れてNoindexにしています。

Noindex 設定

Noindex 設定

最後に、「設定を更新」をクリックして完了です。

XML サイトマップ

All In One SEO Packでサイトマップを生成することもできます。

管理画面のAll in One SEO「機能管理」から、「XML サイトマップ」を有効にします。

XML サイトマップ

XML サイトマップ

管理画面のAll in One SEOに「XMLサイトマップ」が追加されるので、そこから各種設定を行います。

僕は「Google」「Bing」への通知にチェックを入れ、「メディア・添付ファイル」及びタクソノミーの「タグ」「フォーマット」「圧縮されたサイトマップを作成」のチェックを外しています。

XML サイトマップの設定

XML サイトマップの設定

最後に「サイトマップを更新」をクリックして完了です。

XML Sitemap「http://ドメイン/sitemap.xml」が生成されるので、「Search Console(旧Googleウェブマスターツール)」及び「Bingウェブマスターツール」にサイトマップを登録します。

ソーシャルメディア

All In One SEO PackでOGPタグを設定することもできます。

管理画面のAll in One SEO「機能管理」から、「ソーシャルメディア」を有効にします。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

管理画面のAll in One SEOに「ソーシャルメディア」が追加されるので、そこから各種設定を行います。

ホームページの設定

トップページがシェアされた時の設定をします。

AIOSEO の Title と Description を使用するにチェックを入れ、「サイト名」と「ホーム画像(メディアに画像をアップしてURLを入力)」を選択します。

ホームページ設定

ホームページ設定

画像設定

個別記事がシェアされた時の設定をします。

僕はアイキャッチ画像にしていますが、アイキャッチ画像を設定していない方は、記事内で使われている最初の画像を指定することもできます。また、念のためデフォルト画像を指定しておきます。

画像設定

画像設定

Twitter 設定

任意の設定になりますが、Twitterカードの種類を選択することもできます。

また、「Twitter サイト」と「Twitter ドメイン」を入力し、「Twitter 投稿者を表示」にチェックを入れると、記事がシェアされた時にTwitterIDへのリンクも表示されます。

Twitter 設定

Twitter 設定

参考までに、下記が要約と要約の大きい画像の違いです。

要約と要約の大きい画像の違い

要約と要約の大きい画像の違い

投稿画面のSEO設定

今までの設定は、投稿画面で個別に設定を変更することもできます。

変更する際は、投稿画面一番下の「All In One SEO Pack」から行います。表示されない時は、投稿画面右上の「表示オプション」から「All in One SEO Pack」にチェックを入れて下さい。

記事編集中に検索エンジンでどの様に表示されるのかプレビューで確認することもできます。

投稿画面のSEO設定

投稿画面のSEO設定

キャッシュの関係で、Facebookの画像やTwitterカードの設定が上手く反映されない時は、ソーシャル設定から個別に設定して下さい。

最後に

今回は僕の設定を紹介しましたが、基本的には初期設定でも問題なく動作します。

僕はアクセス解析のタグ設置とサイトマップの生成が便利だと感じているだけで、それ以外は無理に変更する必要はないと思っています。特に、分からない箇所は変更しない様にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク