ストークの記事下広告にダブルレクタングルを表示させる方法

ストークの記事下にダブルレクタングルを表示させる方法

OPENCAGEのテーマ「ストーク」の記事下にダブルレクタングルを表示させる方法を紹介します。

設定

PCでは「レクタングル(大)」を2つ、SPでは「レクタングル」を1つ表示させます。

SPでレクタングル広告を2つ並べて表示させると、SPの画面が広告で埋まってしまいます。ポリシー違反になる可能性があるので、PCとSPの広告は必ず別々に設定して下さい。

広告ユニットの作成

AdSenseの管理画面から、新しい広告ユニット「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

PC用に「レクタングル(大)」を2つ、SP用に「レクタングル」を1つ、計3つの広告を作成します。

広告ユニットの設定

広告ユニットの設定

1つのコードを使いまわすと、後からデータを分析することができません。配置場所によって別々の広告ユニットを作成することをおすすめします。名前は識別できる様に「サイト名-footer-left」「サイト名-footer-right」「サイト名-footer-mobile」等、自由に設定して下さい。

ウィジェットの配置

ウィジェット「カスタムHTML」を「SP:[広告]記事コンテンツ下」「PC:[広告]記事コンテンツ下」に配置します(テキストウィジェットは無駄な改行が入るので使わないで下さい)。

カスタムHTMLを配置

カスタムHTMLを配置

PC用ウィジェットには、ショートコードを利用してダブルレクタングル(大)を表示させます。

SP用ウィジェットには、レクタングルを1つ表示させます。

広告コードの部分には、最初に取得したご自身のアドセンスコードを貼り付けて下さい。タイトルはどちらも未入力のままでOKです。設定できたら、PC及びSPでは下記の様に広告が表示されます。

記事下に表示される広告

記事下に表示される広告

ラベルの文字や位置等の細かい調整は各自で行って下さい。

最後に

OPENCAGEのテーマ「ストーク(ハミングバードも共通)」では、ショートコードを利用するだけで簡単に記事下にダブルレクタングルを配置できます。また、広告を配置できる位置は、PC用とSP用でウィジェットが別れているので、デバイスに応じて最適な広告を配信することが可能です。

ストークとハミングバードの違い!どちらを購入するか迷っている方へ

2017.11.13
スポンサーリンク
スポンサーリンク