ストークの固定ページにコメント欄を表示させる方法

ストークの固定ページにコメント欄を表示させる

WordPressテーマ「ストーク」の固定ページにコメント欄を設置する方法と、ページごとに表示・非表示を切り替える方法を紹介します(初期設定では固定ページにコメント欄は表示されません)。

今回編集する内容

今回やることは、固定ページのPHPファイル「page.php(2カラム用)」「page-full.php(1カラム用)」に、コメント欄を表示させるコード「<?php comments_template(); ?>」を追加するだけです。

編集するファイル

page.php 個別投稿ページ
page-full.php サイドバーなし(1カラム) 固定ページテンプレート

追加するコード

編集する前に注意してほしいこと

子テーマにファイルをコピーして編集する場合、「style.css」と「functions.php」以外のファイルは、子テーマのファイルが優先して読み込まれ、親テーマのファイルが読み込まれません。

テーマのアップデートで「page.php」と「page-full.php」に新しい機能が追加され場合、再度ファイルを子テーマにコピーして編集し直す必要があります。親テーマを直接編集しようが、子テーマにファイルをコピーして編集しようが、テーマがアップデートされた際は一度見直す必要があります。

今回の編集で注意してもらいたい点です。

親テーマを編集 テーマのアップデートで編集内容が初期化される。
子テーマを編集 テーマのアップデートで追加された新機能が使えない。

公式サイト子テーマのダウンロード・導入の最後にも似たようなことが書かれています。

子テーマにファイルをコピーして編集する方法は下記記事を参考にして下さい(Xサーバー)。

WordPressの子テーマの作り方と設定

2016.02.07

page.phpとpage-full.phpの編集

今回は直接親テーマを編集しています(子テーマにコピーした方は子テーマを編集して下さい)。

<?php comments_template(); ?>の追加

CTAの記述の下(</article>の上)に「<?php comments_template(); ?>」を追加します。

手順
  1. 「テーマの編集」をクリック
  2. 「個別投稿ページ (page.php)」をクリック
  3. 「<?php comments_template(); ?>」を追加
  4. 「ファイルを更新」をクリック
page.phpの編集

page.phpの編集

同様に、「サイドバーなし(1カラム) 固定ページテンプレート (page-full.php)」にも追加します。

固定ページで表示or非表示にする

固定ページの編集画面を開き、表示オプションの「ディスカッション」にチェックを入れます。

表示オプションの「ディスカッション」にチェックを入れる

表示オプションの「ディスカッション」にチェックを入れる

固定ページの編集画面下に、ディスカッション項目が表示されるので、コメント欄を表示させたいページはチェックを入れ、コメント欄を非表示にしたいページはチェックを外します。

コメントの投稿を許可

コメントの投稿を許可

固定ページにコメント欄が表示されれば設定完了です。

固定ページにコメント欄が表示される

固定ページにコメント欄が表示される

最後に

固定ページでコメント欄を設置することは少ないと思いますが、中には表示させたい固定ページもあると思います。どうしても固定ページにコメント欄を設置したい時は試してみて下さい。

但し、親テーマを直接編集する方法だけでなく、子テーマにコピーして編集する方法でも、テーマがアップデートされた際は一度見直す必要があるので、その点だけは注意して下さい。

ストークとハミングバードの違い!どちらを購入するか迷っている方へ

2017.11.13
スポンサーリンク
スポンサーリンク