楽天モバイル新料金プラン「スーパーホーダイ」のメリット・デメリット

どんな人に向いている?楽天モバイルの新プラン「スーパーホーダイ」のメリット・デメリット

2017年9月1日より、新料金プラン「スーパーホーダイ」が始まりました。

ざっくり言ってしまうと、新規契約者とMNPで他社から乗り換えた方が「1年間だけ割引される」&「長期契約(2年or3年)なら更に割引される」お得なプランです。また、組み合わせプランより、高速通信量は少なくなりますが、低速時でも通信速度が「最大1Mbps」出るのが特徴です。

高速通信量が減っても低速時の回線をストレスなく使いたい方、「5分かけ放題」を使いたい方は、組み合わせプランよりお得になる可能性が高いので、スーパーホーダイプランを検討して下さい。

但し、「5分かけ放題」が必要ない方、「かけ放題」をつけたい方にこのプランは向いていません。また、最低利用期間内は途中で組み合わせプランへの変更ができないので注意して下さい。

スーパーホーダイのメリット・デメリット

スーパーホーダイ料金表

スーパーホーダイ料金表

※スーパーホーダイは「5分かけ放題」がセットになっています。

メリット

メリット
  • 楽天会員は月額基本料が「1年間1,000円割引」
  • 初月はプランM・プランLもプランSと同額「1,980円」
  • 楽天会員ランクがダイヤモンドの方は月額基本料が「1年間500円割引」
  • 高速通信容量を使い切っても「通信速度が最大1Mbps」
  • 24ヵ月契約は「10,000円割引」・36ヵ月契約は「20,000円割引」(ポイント付与)

楽天会員の登録は無料ですから、「1年間1,000円割引」は誰でも受けられます。楽天IDでログインして申し込む及びメンバーズステーションから楽天スーパーポイント口座を登録して下さい。

ダイヤモンド会員割は、楽天カードを持っているかつ楽天サービスを頻繁に利用される方でなければ適用されません。また、途中でランクがダイヤモンドから落ちた月も割引が適用されません。

データ通信量を使い切る(低速時)と、組み合わせプランは通信速度が「最大200kbps」に制限されますが、スーパーホーダイの通信速度は「最大1Mbps」出ます(公式の比較動画)。但し、通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsまでしか出ません。

長期契約(24ヵ月or36ヵ月)は、長期優待ボーナスの割引及びポイントを受け取れます。

長期優待ボーナス概要

長期優待ボーナス概要

端末価格が上記割引額よりも安い場合は、差額分相当を楽天スーパーポイントで受け取ることができます。ポイントで月々の携帯使用料を支払うこともできます。

デメリット

デメリット
  • 月額基本料1ヵ月無料の対象外なので初月から月額基本料が発生する
  • 2年目以降は組み合わせプランの方が安くなる可能性が高い
  • 24ヵ月・36ヵ月契約は途中解約の違約金が高い
  • 最低利用期間(12ヵ月・24ヵ月・36ヵ月)を過ぎるまで組み合わせプランに変更できない
  • オプション「楽天でんわ5分かけ放題」を「楽天でんわ かけ放題」に変更できない

通常、楽天モバイルは契約した月の月額基本料が無料なのですが、スーパーホーダイは対象外です。

1年目は毎月1,000円割引が適用されるので料金は安くなりますが、2年目以降は割引がありません。24ヵ月・36ヵ月で契約して長期優待ボーナス(10,000円割引or20,000円割引)を受けていない場合、2年目以降は組み合わせプランの方が安くなる可能性が高いです。

24ヵ月・36ヵ月契約は途中解約の違約金が高いです。契約期間が2年以上残っている場合は29,800円、1年以上残っている場合は19,800円の契約解除料がかかります。

契約解除料

契約解除料

最低利用期間(12ヵ月・24ヵ月・36ヵ月)を過ぎるまで、スーパーホーダイのプラン内「プランS」「プランM」「プランL」でしかプラン変更ができません。また、「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」を「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」に変更することもできません。

スーパーホーダイSと3.1GBプランを比較

1年間の楽天会員割適用時の料金(税抜)で比較してみます。

スーパーホーダイS 3.1GBプラン+5分かけ放題 3.1GBプラン
1年目 1,980円 2,450円 1,600円
2年目以降 2,980円 2,450円 1,600円

※ダイヤモンド会員割は含めていません。

1年目は、スーパーホーダイを使った方がお得になる方が多いと思います。高速通信容量は1.1G少なくなりますが、低速時でも最大1Mbps出ます。但し、「5分かけ放題」が必要ない方は最初から組み合わせプラン「3.1G」を選んだ方が安くなります。また、「かけ放題」をつけたい方も組み合わせプランから選んで下さい。スーパーホーダイの「5分かけ放題」は「かけ放題」に変更できません。

2年目以降は、低速時の通信速度1Mbpsが必要なければ、「スーパーホーダイS」より「3.1GBプラン+5分かけ放題」の方が料金は安いですし、高速通信容量も多くなります。12ヵ月でスーパーホーダイを契約した方は、組み合わせプランへの変更を検討して下さい。

24ヵ月及び36ヵ月で契約した場合は、長期優待ボーナス(年1万計算)があるので、2年目以降も「スーパーホーダイS」の方が「3.1GBプラン+5分かけ放題」より年間「3,640円」安くなる計算です。但し、最低利用期間内は組み合わせプランへの変更ができないので注意して下さい。5分かけ放題が必要ない等、途中でプランを変更する可能性がある方に長期契約はお勧めしません。

ざっくりまとめるとこんな感じです。

ポイント
  • オプション「5分かけ放題」が必要ない方にスーパーホーダイは向いていない。
  • オプション「かけ放題」を使いたい方にスーパーホーダイは向いていない。
  • 最初の1年間は月々1,000円割引が適用されるので類似プランと比較してもお得。
  • 長期契約(24ヵ月・36ヵ月)でなければ2年目以降にお得感はない。
  • スーパーホーダイの最低利用期間が過ぎたら組み合わせプランへの変更を検討すべき。
  • 最低利用期間内(12ヵ月・24ヵ月・36ヵ月)は組み合わせプランへ変更できない。

最後に

スーパーホーダイプランは、オプション「5分かけ放題」が必要か否かで検討して下さい。

お得なプランだと思いますが、僕の様に「月々の通話料は数百円程度」「高速通信量が余っている」方にメリットはありません。組み合わせプランの方が安くなります。

ちなみに、組み合わせプランからスーパーホーダイへのプラン変更は今冬を目処に対応予定です。

契約事務手数料が無料!格安SIMエントリーパッケージ一覧

2017.08.02

さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルにMNPで乗り換えました!

2016.01.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク