携帯代が高いと思いませんか?格安スマホに乗り換えたユーザーの95%が満足しています

端末をそのまま利用してMNPで格安スマホに乗り換えたユーザーの95%が満足していると答えました

楽天モバイルに乗り換えて一年以上になります。

僕は「携帯料金」と「サービス内容」に満足して楽天モバイルを紹介しているのですが、実際に格安スマホに乗り換えた方が、「どうやってMVNOを選んだのか?」「困ったことはないか?」「満足しているのか?」知りたくて、20人にアンケートを実施したのでその結果をまとめておきます。

アンケートの対象は、「端末をそのまま利用してMNPで格安スマホに乗り換えた方」です。

端末をそのまま利用するのは「格安スマホを提供しているMVNOが最新端末を取り扱っていない(魅力的な端末がない)」から、MNPを利用するのは「電話番号はそのまま引き継ぎたい」からです。

アンケートの結果

用語が分からないといけないので載せておきます。

3大キャリア docomo・au・softbank
MNP 電話番号はそのままで他の携帯会社に乗り換えること
MVNO docomo・au・softbankから回線を借りて格安スマホを提供している会社
APN Access Point Nameの略でインターネットの接続先
通話SIM 音声通話機能がある(090や080の電話番号が付帯したSIM)
データSIM 音声通話機能がない(電話番号がないデータ通信専用SIM)

※MNPを利用する場合は必ず「通話SIM」を選択して下さい。

格安スマホへ乗り換えた理由は?

scofield
これは聞くまでもないですね・・・。

格安スマホに乗り換えた方全員が「携帯代を安くしたかったから」と答えました。

  • 必要ないオプションを全て外しているのに高い
  • 2年縛りの契約が煩わしい
  • キャリア特有の携帯料金のカラクリにうんざり

等の意見もありました。

格安スマホに乗り換える前はどのキャリアを使っていましたか?

scofield
偶然だと思いますが、auから乗り換えた方は一人もいませんでした。

MNPで乗り換える場合(端末をそのまま利用する)は、格安スマホを提供しているMVNOがどこの回線を利用しているのか必ず確認して下さい。例えば、docomoからdocomoの回線を利用しているMVNO(楽天モバイル等)に乗り換える場合は、SIMロックの解除は不要です。docomoの回線を利用しているMVNOがほとんどですが、mineoUQ mobileの様にau回線を利用しているMVNOもあります。

  • docomoからdocomo回線を利用するMVNOへの乗り換えはSIMロックの解除不要
  • auからau回線を利用するMVNOへの乗り換えはSIMロックの解除不要(例外あり)
  • softbankからの乗り換えは全てSIMロックの解除が必要

基本的に異なる回線を利用しているMVNOに乗り換えた際にSIMロックの解除が必要になります。但し、auの「VoLTE対応SIM」は、au回線のMVNOでもSIMロックの解除が必要になります。また、3G専用端末ではデータ通信が使えないので、格安スマホに乗り換える前にMVNO公式サイトで対応端末を必ず確認して下さい。

格安スマホに乗り換える前の携帯代はいくら?


scofield
平均すると、月々の携帯代は「7,800円」でした。

月々8,000円前後支払っているユーザーが一番多く、softbankユーザーよりdocomoユーザーの携帯代の方が高い傾向にありました。ちなみに、僕がdocomoを利用していた時は、月々7,000円前後支払っていました。

どこの格安スマホ(MVNO)に乗り換えましたか?

scofield
楽天モバイルが一番多かったのですが、かなりばらけています。

選んだ理由を聞いてみると、「友人や家族に勧められた」「キャンペーン中だった」「ネットでの評判が良かった」「口座振替に対応していた」等が多かったです。

中には、「かけ放題プランがあった」という理由で楽天モバイルを選んでいた方もいたのですが、今はかけ放題オプションを提供しているMVNOも増えていますし、便利なサービスが次々と追加されているので、ほとんど変わらない基本料金やオプションだけで選ぶのはあまりお勧めしません。

僕は、「データ通信速度」と「各社独自のサービス」を重視するべきだと思います。

ただ、データ通信速度の口コミはどこまで参考にしていいのか分からないのも現状です。現に僕が楽天モバイルに乗り換えた頃(2016年1月)は、楽天モバイルも凄く快適だったのですが、現在(2017年4月)では昼間に動画を見れないぐらい遅くなっています。楽天モバイルは契約した時期によってAPNも異なりますし、通信速度も異なるからです。今は快適でも今後不安定になる可能性もあります。

現時点ではUQ mobileの通信速度が一番安定していますが、格安スマホに乗り換えるなら、データ通信速度はある程度妥協しておくべきなのかもしれません。

手続きはどこで行いましたか?

scofield
格安スマホへの乗り換え手続き(MNP予約番号の発行~格安スマホの契約まで)は全てネット上で行えますが、モバイルショップで契約することもできます。

ネットでの手続きが不安だという方、端末を一緒に購入される方は、モバイルショップで直接相談されることをおすすめします。

手続きは簡単でしたか?

scofield
事前にネットで情報を調べている方やサポートに問い合わせている方が多く、「手続きは簡単だった」と答えた方がほとんどでした。

MNPでの乗り換えなら、必要なのは下記の3つだけです。

  • クレジットカード及び口座振替が可能な銀行口座
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類

この際、docomo「2,000円」、au「2,000円」、softbank「3,000円」のMNP転出手数料がかかります。また、MVNO側でも「約3,000円」の事務手数料がかかるので、「計5,000円~6,000円」の手数料がかかります。

SIMロックの解除が必要な場合は、WEB上で申し込めば基本無料です。モバイルショップで解除すると「約3,000円」の手数料がかかります。

また、契約内容によってはキャリア側で違約金が発生する恐れがあります。

ただ、この手数料や違約金は2~3カ月で取り戻すことができるぐらい格安スマホは安いので、そこまで気にする必要はないと思います。

ちなみに、端末をそのまま利用してMNPで乗り換える場合は、SIMを入れ替えてAPNの設定を行うだけなので凄く簡単です(所与時間は5分程度)。

格安スマホに乗り換えてからの月々の携帯代はいくら?


scofield
平均すると、月々の携帯代は「2,500円」でした。

一番多かったのは「1,000円後半~3,000円」、楽天モバイルの「通話SIM20Gプラン(4,750円)」で契約されている方が一番高くて平均5,500円でした。

ちなみに、僕は楽天モバイルの「通話SIM3.1GBプラン(1,600円)」に乗り換えて一年以上になりますが、携帯代は月々1,800円前後です。

楽天モバイルの携帯代

格安スマホに乗り換えてから使っているメールアドレスは?

scofield
Gmail「@gmail.com」を利用されている方がほとんどでした。

格安スマホに乗り換えると、3大キャリで使っていたメールアドレスは消滅して使えなくなります。乗り換えた後は「MVNOで用意されたメールアドレス(用意されていないMVNOもあります)」及び「フリーのメールアドレス」を使うことになります。

僕はGmail「@gmail.com」を使っていますが、アプリも使いやすくてお勧めです。

格安スマホに乗り換えて困ったことはありますか?

scofield
ほとんどの方が「困ったことがある」と答えたので、その内容を載せておきます。

  • キャリアメールが使えなくなった。
  • 相手がキャリアメールだとGmail等のフリーメールをうまく受信してくれない。
  • 過去のメールが見れなくなった。
  • ネットバンクなどではキャリアメールでの登録を求められる。
  • キャリアメールでしか登録できないサービスがある。
  • 故障した時が心配。
  • アプリの購入や課金をする際にキャリア決済が使えない。
  • ランチタイムの回線速度が遅い。
  • docomo Wi-Fiが使えなくなった。
  • LINEのID検索ができない。

一番多かったのは「キャリアメールが使えなくなった」ことです。

これは僕も経験していることなのですが、3大キャリアのユーザーはフリーメールを受信拒否(初期設定)にしていることがほとんどです。相手に自分のアドレスを受信可能にしてもらわなければいけません。僕はこの対応が一番面倒でした。

格安スマホに乗り換えを検討されている方は、乗り換えた後に使うメールアドレスを決めておき、乗り換える前にメールアドレスが変わることを伝えておきましょう。

キャリアメールは契約を解除した時点でメールを閲覧できなくなります。必ず乗り換える前にバックアップを取って下さい(取り忘れると消滅します)。バックアップを取っておけば、格安スマホに乗り換えた後に復元して閲覧することができます。

僕は重要なサービスはHotmail「@hotmail.com」を使っているのですが、今のところ登録できなかったサービスはありません。

故障した時が心配な方は、「端末保障」オプションを提供しているMVNO(「楽天モバイル」等)を選びましょう。修理している間の代替機の貸し出しもあります。

キャリア決済が使えないのは諦めましょう。クレジットカード払い及びコンビニ等で「Google Play ギフトカード」「iTunes Card」を購入して下さい。

ランチタイムの回線速度はどのMVNOでも遅くなる傾向にあります。僕が使っている楽天モバイルだけでなく、mineoDMMモバイルY!mobileユーザーでも遅くなると答えた方がいました。MVNOによっても差はありますが、情報は常に変化しているので、回線速度が不安定になることだけは覚悟しておいて下さい。

3大キャリアが提供している公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」「au Wi-Fi SPOT」「ソフトバンクWi-Fiスポット」は使えなくなりますが、無料でWi-Fiスポットを提供しているOCN モバイル ONEや、月362円の有料オプションで提供している楽天モバイルもあります。

ちなみに、どのMVNOでもLINEはそのまま使えますが、ID検索ができなくなります。今後格安スマホでも年齢認証ができる様にする動きはありますが、現状LINEのID検索ができるのはLINEモバイルY!mobileだけです。

格安スマホに乗り換えて満足していますか?

scofield
20人中19人が「満足している」と答えました。

今回のアンケートでは、格安スマホに乗り換えて平均「5,300円」安くなっており、デメリットよりも携帯代が安くなるメリットの方が大きかったということです。

もう一度、僕が分かっている格安スマホのデメリットをまとめておきます。

  • キャリアメールが使えなくなる
  • データ通信速度が不安定になる
  • キャリア決済が使えなくなる
  • モバイルショップが少ない
  • LINEのID検索機能が使えなくなる(LINEモバイルを除く)
  • 最新端末を取り扱っていない

これらを受け入れられるなら、格安スマホへの乗り換えを検討するべきです。

最後に

楽天モバイルに乗り換えて一年以上になりますが、僕は満足しています。

ランチタイムに通信速度が遅くなるのは気になりますが、音声通話や通話アプリは問題なく使えているので特に支障はないですし、キャリアメールが使えなくなっても、フリーメールのアドレスを相手に受信可能にしてもらえば解決します(面倒なのは最初だけ)。

僕の中では、デメリットよりも携帯代が安くなるメリットの方が大きかったです。

格安スマホに乗り換えを検討されている方は、「本当に3大キャリである必要があるのか?格安スマホのデメリットは何か?」を確認し、「自分の環境に最適なプラン(料金やプランはどこも似たり寄ったり)とオプションを提供しているMVNOをピックアップ」し、最後に「※MVNO独自のサービス」を比較して決めるのがベストだと思います。

※楽天モバイルなら、「楽天市場のポイント+1倍」「携帯代で楽天ポイントが貯まる」等。

さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルに乗り換えました!

2016.01.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク