おすすめMVNO3社のサービス比較!ドコモからMNPで格安スマホに乗り換えたい方へ

おすすめMVNO3社のサービス比較!ドコモからMNPで格安スマホに乗り換えたい方へ

格安スマホ(楽天モバイル)に乗り換えて一年が経ちました。

僕は「格安スマホに乗り換えなきゃ損だ!」ってぐらいサービスや料金に満足しているのですが、周りの友達に勧めると、「安くしたいけどよく分からない・・・」と必ず言われます。

確かに、格安スマホを提供している会社(MVNO)はたくさんありますし、価格やプランも似たりよったりで、どこを選んでいいのか悩みますよね・・・。また、格安スマホに乗り換えると、どんなデメリットがあるのか分からないから不安という方も多いと思います。

そこで今回は、格安スマホのデメリットと、「MNP(番号ポータビリティ)」で電話番号をそのまま乗り換えたい方にお勧めのMVNO3社「mineo」「LINEモバイル」「楽天モバイル」を紹介します。

この3社を選んだ理由は、「ドコモ回線でSIMロック解除が不要」「MVNOの中ではデータ通信速度が安定している」「独自のサービスが魅力的」「乗り換え時の不通話時間がほとんどない」からです。

格安スマホにすると何が変わる?(各社共通)

メリット

  1. 携帯代が3大キャリア(docomo・au・softbank)の1/3以下になる。
  2. MVNO各社独自のサービスを受けられる。

僕は楽天モバイルに乗り換えて一年以上経ちますが、毎月の携帯代は平均2,000円以下です。

楽天モバイルの携帯代

楽天モバイルの携帯代

また、MVNO独自のサービスを受けることができます。例えば、僕が利用している楽天モバイルなら、「月額使用料の1%が楽天ポイントで還元される」「楽天ポイントで携帯代を支払うことができる」「楽天市場でのお買い物ポイントが+1倍」といったサービスを受けられます。

デメリット

  1. ドコモメールアドレス「@docomo.co.jp」「@docomo.ne.jp」が使えなくなる。
  2. データ通信速度が不安定になる(通勤・ランチ・ゴールデンタイムに遅くなる)。
  3. 店舗が少ない(店舗がない)のでネットや電話サポートがメインになる。
  4. LINEのID検索機能が使えなくなる(LINEモバイルのみ可能)。
  5. SPモード決済(毎月の携帯料金と一緒に支払う方法)が使えなくなる。
  6. 支払いに口座振替が使えないMVNOが多い(クレジットカードが必要になる)。
  7. 3大キャリアで取り扱っている最新端末がない。

docomoを解約した時点で、ドコモメールアドレスが消滅します。また、ドコモメールはクラウドサーバに保存されているため、メールは全て削除されます。事前にバックアップを取っておかなければ閲覧もできなくなるので、メールを保存方法を参考に必ずバックアップを取って下さい。

乗り換え後は各社専用のメールアドレス及びフリーメールアドレス「@gmail.com」等を使います。

mineo @mineo.jp
LINEモバイル 専用メールアドレスなし
楽天モバイル @rakuten.jp

この際、ドコモメールは初期設定でキャリアメール以外受信拒否になっているため、指定受信/拒否設定を参考に、相手に受信拒否を解除してもらう必要があります(こればかりは相手に設定してもらうしかありません)。僕が格安スマホに移行(@gmail.com)して一番苦労した点です。

また、データ通信速度が時間帯によって不安定になります。全く使えなくなる訳ではないのですが、通勤・ランチ・ゴールデンタイムは通信速度が落ちます。特にランチタイムは、体感できるぐらいWEBページの表示が遅くなることがあります。また、回線速度が不安定になるせいか、GPSの測位を必要とするアプリの精度が落ちることがあります(測位に若干時間がかかる)。

楽天モバイルデータ通信速度

楽天モバイルデータ通信速度

最後に、ドコモショップに比べて圧倒的に店舗が少ないです。住んでいる地域によっては、メールや電話サポートがメインになるので、自分で全く操作できない方に格安スマホはおすすめしません。

mineo 店舗一覧
LINEモバイル 店舗一覧
楽天モバイル 店舗一覧

特に注意しなければいけないのはこの3点です。

LINEはID検索ができなくなるだけで、LINEが使えなくなる訳ではありません。「URLを発行」「QRコード」「ふるふる」で友達を追加できます。

よく聞かれるのですが、電話帳や今まで使っていたアプリは基本的にそのまま使えます。

scofield
このデメリットを聞いて、「これぐらい妥協できる」「月々の携帯代が1/3以下になるなら」と思ったのであれば、格安スマホに乗り換へることをおすすめします。

サービスを比較してMVNOとプランを決める

プランは毎月のデータ通信量を確認し、少し余裕を持たせたプランを選択して下さい。高速通信容量を追加できるオプションもありますが、150円~300円/100MBと非常に割高です。プランは後からでも変更できますから、迷っている方はミドルユーザー向けの3Gプランをおすすめします。

scofield
下記プランなら「データの高速通信が可能」「ドコモ回線なのでSIMロックの解除不要」です。電話とデータ通信どちらも使いたい方の一番メジャーなプランです。
プラン 月額 通話料金 かけ放題オプション 口座振替
mineo 3GB 1,600円 20円/30秒 840円(計30分)
1,680円(計60分)
×
※1
LINEモバイル 3GB 1,690円 20円/30秒 なし ×
※2
楽天モバイル 3.1GB 1,600円 10円/30秒 850円(5分間何度でも)

※1 eo光ネットをご利用中で預金口座振替のお支払い方法を選択している場合は可能。
※2 口座振替はできませんがLINE Payカードでの登録&支払いが可能(クレジットカード不要)。

他のプランを検討している方は、必ず下記の項目を確認して下さい。

  1. 通話SIMを選ぶ(データSIMに電話番号はありません)
  2. 高速通信できるプランを選ぶ(楽天モバイルのベーシックプラン1,250円は200kbps)

mineo

auユーザーにも対応!スマホに特化したサービスを求めているユーザーにおすすめ!

おすすめポイント
  • ランチタイムでもデータ通信速度が落ちにくい。
  • 家族割(複数回線割)で各回線の月額料金が50円安くなる。
  • フリータンクから月末(21日~末日)に最大2回、1000MBまでパケット量をシェアできる(mineoコミュニティサイト「マイネ王」へのご登録と「eoID」連携が必要)。
  • パケットギフトでデータ容量を他のmineoユーザーと分け合うことができる。
  • パケットシェアで繰り越したデータ容量をグループ内でシェアできる。
注意事項
  • ご利用開始翌月から12カ月以内のMNP転出手数料が11,500円と他社より高い。
mineo 動作確認済み端末一覧

LINEモバイル

LINEユーザーにおすすめ!

おすすめポイント
  • MVNOで唯一LINEのID検索が可能(LINEアプリの年齢認証が可能)。
  • 支払いにLINE Payカードが使える(登録にクレジットカード不要)
  • LINEフリープラン(1G)は「LINE」のみ、LINEコミュニケーションフリープラン(3G~)は「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」、MUSIC+プラン(3G~)は「LINE MUSIC」「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」のデータ通信料が無料(カウントフリー)。
  • カウントフリー対象アプリは各契約プランの通信量を使いきっても高速通信が可能。
  • 月額基本利用料の1%がLINEポイントとして還元される。
  • LINEモバイルを使っている友だちにデータ通信量をLINEアプリでプレゼントできる。
注意事項
  • カウントフリーを1日に1GB以上使用すると200kbpsの速度制限が入る。
  • カウントフリーから外部サイト(YouTube等)へのアクセスはカウントフリー対象外。
  • かけ放題オプションがない。
LINEモバイル 動作確認済み端末一覧

楽天モバイル

楽天ユーザーにおすすめ!

おすすめポイント
  • 支払いに口座振替が使える(登録にクレジットカード不要)。
  • 楽天ポイントでの支払いが可能(端末割賦料金を除く)。
  • 楽天市場でのお買い物ポイントが+1倍。
  • 月額使用料の1%が楽天ポイントとして還元される。
  • 専用アプリ「楽天電話」を使った通話料が半額(20円/30秒 → 10円/30秒)。
注意事項
  • 特になし。
楽天モバイル 動作確認済み端末一覧

MNPで乗り換えに必要な物

  1. 本人確認書類
  2. 有効期間が10日以上残っているMNP予約番号
  3. クレジットカード(銀行口座)

各社で使える本人確認書類は下記ページを参考にして下さい。

mineo 本人確認書類
LINEモバイル 本人確認書類
楽天モバイル 本人確認書類

MNP予約番号は、事前にdocomo側で発行してもらう必要があります。ネットで発行してもうらうこともできますが、不安な方はdocomoショップで発行してもらって下さい。

docomo MNPを利用した解約お手続き方法

この際、MNP予約番号の有効期限は「予約番号発行日を含めた15日間」しかありません。MNP予約番号を発行してから5日以内に申し込みを完了させて下さい。

MVNOは基本的にクレジットカードが必要になります。クレジットカードがない方は、デビットカード及び口座振替(手数料100円)にも対応している楽天モバイル又はLINE Payカードに対応しているLINEモバイルがおすすめです(クレジットカードがなくても登録できます)。

MNPで乗り換えに必要な費用

MNPでの乗り換えには最低でも下記の費用がかかります。

MNP手数料(docomo側) 事務手数料(MVNO側) 合計
mineo 2,000円(税別) 3,000円 5,000円
LINEモバイル 3,000円 5,000円
楽天モバイル 3,394円 5,394円

また、docomoは2年契約満了月の翌月と翌々月(2か月間)でなければ、9,500円(税抜)の解約金が発生します(継続利用期間が10年超えの回線は3,000円(税抜))。

scofield
僕の場合、月々の携帯代が5,000円以上安くなりました。3か月で手数料と解約金分を相殺できると考えれば、解約金を払ってでも乗り換えた方がお得です。

ちなみに、mineoとLINEモバイルは、Amazon等でエントリーパッケージを購入すると事務手数料が無料になります。本来の「事務手数料(3,000円)」-「エントリーパッケージ代」分お得になります。

SIMが届いたら開通手続きをしてAPNの設定をする

SIMが届いたら、開通手続きをして「APNの設定」を行います。

mineo APNの設定
LINEモバイル APNの設定
楽天モバイル APNの設定

APNの設定を行わなければデータ通信ができません。

設定が完了すれば、格安スマホへの乗り換えは完了です。

scofield
開通手続きを行った時点で、回線がdocomoからMVNOに切り替わります(切り替わるまでに数十分~数時間かかります)。同時にdocomoは解約されます。docomoの解約手続きは必要ありません。

最後に

僕が友達に勧めるならこの3社というテーマでMVNOを紹介させてもらいました。

もし分からないことがあれば、MVNO各社サポートも充実しているので、「チャット」「メール」「電話」サポートで問い合わせて下さい。丁寧に教えてくれます。

よく分からないという理由で乗り換えを迷っているのは勿体ないですよ!

さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルにMNPで乗り換えました!

2016.01.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク