楽天モバイルのGPSがうまく機能しない時に確認してほしいこと!導入してほしいアプリ

楽天モバイルのGPSがうまく機能しない時に導入してほしいアプリ

楽天モバイルに限らず、格安SIMに乗り換えると位置情報(GPS)をうまく取得できないことがあります(できない訳ではない)。僕の場合は、トレーニングアプリ「Runtastic」でGPSの測位が遅かったり、できなかったりで、正確な計測ができず困っていました。

ところが、無料アプリ「GPS常時測位(Android)」で、この現象を簡単に解決できたので、同じ様に困っている方は試してみて下さい。難しい設定もありません。

GPSの精度が悪くなる原因

GPSの精度が悪くなるのは、「docomoのAndroid端末+格安SIM」の組み合わせです。

docomoの端末は、瞬時に位置情報を取得できるA-GPSを利用してしていますが、A-GPSを利用する際に接続しているdocomoのSUPLサーバーは、spモードでなければ接続できません。つまり、格安スマホではA-GPSが利用できません。通常のGPS(スタンドアロンGPS)で位置情報を取得します。

これが位置情報の取得に時間がかかる&制度が悪くなる原因です。

ですから、docomoの端末以外の組み合わせ「格安スマホ+格安SIM」「iPhone端末+格安SIM」「auのAndroid端末+格安SIM」では、GPSの精度が悪くなることはありません。

位置情報の設定確認

まず最初に位置情報のモードが「高精度」になっているか確認して下さい。

手順
  1. 設定から「位置情報」を選択する
  2. 位置情報を「ON」にする
  3. 「モード」を選択する
  4. 「高精度」にチェックを入れる
位置情報の設定

位置情報の設定

クイック設定ツール及び上部タブメニューで、位置情報が「ON」になっていることを確認します。

位置情報「ON」

位置情報「ON」

位置情報「ON」かつモードが「高精度」になっているにも関わらず、測位が安定しない時は「GPS(位置情報)取得補助アプリ」をインストールして下さい。

位置情報取得補助アプリを使う

GPSを快適に使うために僕が気を付けているのは下記の2点です。

ポイント
  1. GPS(位置情報)を早めに起動させておく
  2. 位置情報取得補助アプリを使う

一つ目は、普段OFFにしているGPSを使う時は早めに起動させています。

二つ目は、位置情報取得補助アプリを使っています。

ちなみに、僕が使っているアプリはGPS常時測位です(現在は配信されていません)。

GPS常時測位

GPS常時測位

使い方も簡単で、インストールするだけで特に設定は必要ありません。

アプリを起動させて、「GPS常時測位」にチェックを入れて少し待ちます(10~30秒程)。

GPS常時測位使い方

GPS常時測位使い方

通知欄のメッセージが「現在地を検出しています。」から、「現在地の座標」に切り替われば測位完了です。これでGPS連動アプリも快適に動作します。簡単!

注意
2018年6月現在、「GPS常時測位」は配信停止されています。位置情報取得補助アプリを導入したい方は、類似アプリ(A-GPSの取得)のGPS Status & Toolboxを試して下さい。

最後に

docomoの端末を利用して格安SIMを利用すると、GPSの精度が悪くなります。

問題は最初の位置情報の取得に時間がかかることですが、GPS機能を早めに起動させておく&位置情報取得補助アプリを導入することで改善されるので、困っている方はアプリの導入をお勧めします。ちなみに、一度位置情報を取得してしまえば、位置情報は安定します。

さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルにMNPで乗り換えました!

2016.01.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク