高機能なキャプチャ画像編集ソフト「Screenpresso」の使い方

キャプチャー画像の編集には「screenpresso」がおすすめ

編集機能を搭載した高機能な画像・動画キャプチャーソフト「Screenpresso」の使い方をまとめておきます。

目次

ダウンロードとソフトの起動

ダウンロード

公式サイトScreenpressoからソフトをダウンロードします(無料)。

「Screenpresso」ダウンロード

メールを登録すれば最新情報を受け取れます。必要なければ「スキップ」でキャンセルします。

「Skip」をクリック

ソフトの起動

ダウンロードした「Screenpresso.exe」を起動します。

実行はインストールしなくても使えますが、ソフトを起動させる度にこの確認画面が表示されます。お試しなら「インストールせずに起動」、常用するなら「コンピューターにインストール」が便利です。

もちろん日本語にも対応しています(日本語を選択)。

Screenpressoの起動

使い方(キャプチャ画像の編集)

ソフトを起動させて、「キャプチャ」ボタンからウィンドウや指定領域を指定しすることもできますが、ソフトを起動した状態で、キーボードの「Print Screen」ボタンからキャプチャしたい領域を選択した方が早いです(縦長のページ等、自動スクロールを使ってスクリーンショットを撮りたい時は「キャプチャ」ボタンから)。

画面をキャプチャすると、自動で編集画面が立ち上がります。

上段のメニューからは、主に「画像のサイズ変更」や「保存」ができます。また、左のメニューからは、「矢印」「文字」「番号付け」「モザイク」等、画像に注釈を入れることができます。

キャプチャ画像の編集

具体的には下記のことができます。

機能
  • 矢印を描く
  • 四角形を描く
  • テキストボックスを追加
  • 吹き出しを追加
  • 番号付けを追加
  • 強調
  • 楕円を描く
  • ポリゴン描画
  • フリーハンド(自由線)
  • 指定領域をぼかす(モザイク)
  • 画像を追加
  • ルーペを使う
  • 波括弧を描く

各種プリセットが用意されているので、特に戸惑うところはありません。

アイコンの意味が分からない時は、アイコンにカーソルを載せると説明が表示されます。

また、各オブジェクトは「オプションボタン」及び「右クリック」でパラメーターを変更することができるので、文字や線の「色」「太さ」「大きさ」も自由に変更可能です(保存すれば次回からすぐに呼び出せる)。

あらかじめサイズを指定しておけば、キャプチャ時に自動でリサイズもしてくれます。

僕はいろんな画像編集ソフトを使ってきましたが、「Screenpresso」ほど簡単かつ綺麗にキャプチャー画像を編集できるソフトはありません。もちろん、キャプチャ画像以外も編集可能です。

有料版にするメリット

無料版と有料版の違いはScreenPresso バージョン比較を参考にして下さい。

無料版と有料版の比較

有料版にすると具体的には下記のことが可能になります。

有料版の機能
  • 有料版の広告が表示されなくなる
  • リワーク(イメージの再編集が可能になる)
  • ワークスペースを複数作成できる
  • カラーピッカーが使える
  • テキストのコピー(OCR)が使える
  • 枠線が使える
  • HDビデオキャプチャの15秒制限が解除される
  • 動画を編集した時のロゴを消せる

僕は、「リワーク(イメージの再編集が可能になる)」機能が欲しくて有料版を購入しました。

ちなみに、注釈を入れるだけなら「カラーピッカー」「テキストのコピー(OCR)」「枠線(フレーム)」は必要ありません。現に、この記事に使われている画像は全て無料版で編集しています。

ただ、リワーク機能が使えるだけでも有料版にする価値は十分あります。無料版では、編集を完了した後に「誤字脱字に気づいた」「文字の大きさを変更したい」「枠線の色を変更したい」と思っても再編集ができません。もう一度最初から画像を編集し直す必要があります(有料版ならこの煩わしさから解放される)。

ブログで注釈入りのキャプチャ画像を頻繁に使うなら、有料版の購入をおすすめします。

Scofield
アクセスキーを購入して有料版「ScreenPresso Pro」にアップグレードできます。

設定変更

個人的に気になった点と設定の変更方法をまとめておきます。

Windows起動時に勝手に起動してしまう

設定>基本設定>「Windows起動時に自動起動する」のチェックを外す。

画像形式を変更したい

設定>スクリーンショット>「初期設定の画像形式」で画像形式を指定する(初期はpng)。

保存するファイル数を変更したい

設定>スクリーンショット>「保存するファイル数」でファイル数を指定する。

キャプチャ時に自動でサイズを変更したい

設定>スクリーンショット>「画像サイズ変更」でサイズを指定する。

ワークスペースの保存先を変更したい

設定>ワークスペース>「ワークスペースの保存先」を指定する。

ワークスペースが勝手に消えてしまう

設定>高度な設定>「WorkspaceAutoClose」を「False」に変更する。

最後に

キャプチャ画像編集ソフト「Screenpresso」を使えば、作業効率が大幅に向上します。

また、操作性もシンプルで使いやすいので、他のソフトに慣れている方でもすぐに使いこなすことができます。ブログ運営者なら、間違いなく購入しても損はしない画像編集ソフトです。

コメント

コメントする

目次