フィギュアの予約はポチるか見送るか迷ってる時が一番楽しいよね!?って話

フィギュアはポチるかどうか迷っている時が一番楽しいよね!?って話

一週間ちかく迷った末、先日予約が開始されたアルターのアヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]を勢いでポチってしまいました(結局最後は勢い任せ・・・)。

アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]

アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]

今回はポイントが貯まっていたので、Getchu.comで予約。

アルターのフィギュアはAmazonで予約できないよね・・・

2016.05.04

ちなみに、ポチるかどうか迷っていた理由は2つあります。

1つ目は言うまでもないのですが、価格がめちゃくちゃ高い!昨今のフィギュアは1~2万円が当たり前になっていますが、1/7スケールで参考価格「26,800円(税抜)」は、僕の知る限りヴェルテクスのネクストパープル プロセッサユニット フルVer.に次いで高いです。

2つ目は、サイズが大きい!公式サイトには「全高:約430mm(旗含む)」と記載されているのですが、僕がフィギュアを飾っているデトルフ1段のスペースは「幅380mm x 高さ390mm x 奥行330mm x 斜め480mm」しかありません(一番下と一番上は若干高さが異なる)。

何回測っても高さが足りていません!

一応、底板を一枚外して2段分のスペースを使えば飾ることはできますが、記載されていない横幅が380mmを超えていたら完全にアウトです。グッスマのルーラー/ジャンヌ・ダルクが「全幅:約460mm(旗含む)」なので、このフィギュアも旗の角度によっては横幅が380mmを超える可能性があります。下手するとデトルフで飾れません(ジャンヌの旗は間違いなくデトルフ殺し)。

見た目はめちゃくちゃカッコいい!完全に僕好み!だけど価格とサイズが・・・。

そんなことを考えながら一週間ちかくポチるか見送るか迷っていたのですが、「僕が一番好きなフィギュアメーカーのアルター」「デコマスを見る限り完成度がめちゃくちゃ高そう」「原型にディズィーを担当していた柳生敏之が携わっている」ことをこじつけて、勢いでポチってしまいました。飾るスペースはフィギュアが届いてから考えることに(適当)!

そして、僕はこんな風にポチるか見送るか迷ってる時がフィギュアの予約で一番楽しい時間だと思っています(開封する時よりも楽しい!)。

デコマスから劣化しないか?発売後に安くならないか?発売後にレビューを見て完成度を確認してから買おうか?プレミアつくかな?なんて考えながら購入を検討する。

決めかねていると、Amazon.co.jpの在庫がなくなる。あみあみの予約停止。公式サイトの販売停止。こうなると何故か無性に欲しくなるんですよね(なんでだろう・・・)。

そのくせフィギュアが届くころには予約していた事も忘れている。新しいフィギュアに目移りしている。仕舞には1年以上開封しないまま放置なんてことも(自分でもツッコミたくなる)。

僕だけかもしれませんが、ポチった時点で満足してしまうんですよね・・・。

そして、今回も忘れた頃にショップからの入荷メールで予約していたことに気づくんだと思います。

ちなみに、フィギュアを予約するメリットは、確実に手に入ること、偽物を掴まされる心配がないこと、参考価格以下で購入できることです。ただ、発売後に投げ売りされて安くなるケースもあれば、プレミアがついて高騰するケースもありますから、予約するかどうかはご自身で判断して下さい。

僕は発売後にほとんど値崩れしないアルターのフィギュアは予約して購入することが多いです。

フィギュア撮影ブースの作り方と必要な機材をまとめてみました

2017.07.15
スポンサーリンク
スポンサーリンク