セロテープで解決!?マンフロットの三脚純正プレート「200PL」のツマミが固すぎる

セロテープで解決!?マンフロット純正プレート「200PL」のツマミが固すぎる

マンフロット雲台用クイックリリースプレート「200PL」のツマミが固くて使い辛かったので、僕が試した方法と改善策についてまとめておきます。

クイックリリースプレートのツマミが固い時の改善策

別売り純正プレート「200LT-PL」

別売りで販売されているテクノポリマー製の200LT-PLです。

200LT-PL表

表と裏にマンフロットのロゴが入っているので少しお洒落です。

200LT-PL裏

また、素材がアルミニウムから軽量なテクノポリマーに変更されているので、若干軽くなっています。と言っても、20g程度なのでほとんど体感できません。

ツマミのデザインも変更されているので、「もしかしたら改善されているかも!?」と期待したのですが、200PLよりも起こしづらいです。特にカメラから外す時が固いです。

僕は予備が欲しくて購入しましたが、ツマミの使いやすさ目的で購入するならおすすめしません。

ビニタイ

コードを束ねるビニタイを付けてみましたが、三脚に装着する際、向きによってはビニタイがひっかかって上手く三脚に固定できない時があるので、この方法もおすすめしません。

ツマミにビニタイをつける

セロテープ

最終的に僕が使っている方法です。

簡単にツマミを起こすことができるかつ三脚装着時に邪魔にならないのでおすすめです。

ツマニにセロテープをつける

正直、見た目があまりよろしくないのですが、毎回このツマミを指で起こそうとすると、「そのうちツメ剥がれちゃうんじゃね!?」ってぐらい固いので、使いやすさ重視です。

最後に

ツマミを完全に倒し切らなければ、指にひっかけることができるので起こしやすくなります。また、使っているうちにツマミが柔らかくなるかもしれません(僕は今のところは固いままですが)。

個人的には、ソニーのグリップエクステンションの様なツマミを採用すれば解決することだと思うのですが、もしかしたら使い辛いと思っている人の方が少ないのかもしれません。

Amazonでも評価は高いですしね・・・。

と言うことで、僕はしばらくセロハンテープのお世話になるつもりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク