岐阜県中津川市の「馬籠宿(氷雪の灯祭り)」に行ってきました!

岐阜県中津川市の「馬籠宿(氷雪の灯祭り)」に行ってきました!

岐阜県中津川市の「馬籠宿(氷雪の灯祭り)」に行ってきたので、車でアクセスする方法や撮影した写真を載せておきます(氷雪の灯祭りは年に一度のイベント)。

駐車場とアクセス

馬籠宿(氷雪の灯祭り)1

HP 馬籠観光協会 -中山道 木曽路 馬籠宿-
郵便番号 〒508-0502
住所 岐阜県中津川市馬籠
ライトアップ 2019年2月9日(17:30~19:30)
駐車場 無料

グーグルマップのナビを「馬籠館のA-1駐車場」に設定してナビ通りに進むだけです。

2月初旬で気温は0℃前後、道中に雪もなく渋滞もありませんでした。

僕は夕方の4時頃に到着したのですが、駐車場待ちの渋滞もなく、特に慌てる必要はなかった気がします。駐車場は無料ですし、入場料等もありません。全て無料です。綺麗なトイレも完備されています。おまけに、この日は中央の観光案内所で豚汁を無料で配っていました。

ちなみに、アイスキャンドルは夕方の5時過ぎに配置され、5時半前には点灯されていました。

撮影した写真

今回はSEL55F18Z一本で撮影してきました(夕方の5時半~7時半頃の写真です)。

馬籠宿(氷雪の灯祭り)2 馬籠宿(氷雪の灯祭り)4 馬籠宿(氷雪の灯祭り)5 馬籠宿(氷雪の灯祭り)6 馬籠宿(氷雪の灯祭り)3 馬籠宿(氷雪の灯祭り)7 馬籠宿(氷雪の灯祭り)8

中山道の宿場町として栄えた面影が残る街並みと、レトロな雰囲気漂う古民家がとても素敵でした。

観光だけでなく、撮影目的で訪れても十分楽しめると思います。

ただ、僕は反省点が多すぎて・・・。

反省点
  • 広角レンズを持っていきましょう
  • 三脚を持っていきましょう
  • 絞り開放以外も使いましょう
  • ライトアップされる前にベストアングルを探しておきましょう
  • ベストアングルは日没後30分以内に撮りましょう
  • カメラバッグを買いましょう
  • ストラップを付けましょう
  • 辛抱強く待ちましょう

自分でも書いてて悲しくなってきたので、今回の反省点は次回に活かそうと思います。

最後に

綺麗な観光地にカメラを持って出かけるのは本当に楽しいです。

これで満足いく写真が取れていれば言うことなしだったのに!ということで、また行くぞー!

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09
スポンサーリンク
スポンサーリンク