楽天を装った詐欺メール「【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡」に要注意

楽天を装った詐欺メール「【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡」に要注意

正直「またか!?」という内容なのですが、僕のもとに楽天を装ったフィッシング詐欺メールが届いたので、怪しいと思った時に注意しなければいけない点をまとめておきます。

フィッシング詐欺メールの見分け方

実際に届いた偽装メール

下記が実際に僕に届いた偽装メールなのですが、注意してもらたいのは下記3点です。

注意
  1. 送信元が本物の楽天カードが使用しているドメインと同じ(なりすまし)
  2. 文体が本物の楽天から届くメールと似ている
  3. 表示されているURLとリンク先URLが異なる
楽天カードを装ったフィッシング詐欺メール

楽天カードを装ったフィッシング詐欺メール

少し厄介なのが、送信元のメールアドレスが楽天カードが実際に使用しているドメインと全く同じことです(なりすまし)。また、文体も楽天から届く連絡メールと似ています。

迷惑メールに振り分けられなかった場合、ぱっと見で偽装メールと判断できません。

ただ、一部表示されているURLとリンク先のURLが異なるのでおかしいことに気づきます。

パソコンの場合はリンクにカーソルを載せると画面左下に、スマホの場合はリンク長押しでリンク先のURLを確認できるので、リンクを踏む前にリンク先のURLを必ず確認して下さい。

リンク先のURLは頻繁に変えていると思いますが、基本的にフィッシング詐欺サイトはSSL(https)に対応していないので、httpsから始まることも確認して下さい。httpから始まるサイトは危険です。

ちなみに、警告を無視してリンク先のサイトに飛ぶと下記のページが表示されました。

楽天フィッシング詐欺サイト

楽天フィッシング詐欺サイト

ぱっと見はそれらしいサイトになっていますが、おかしなとこだらけです(今は2018年5月)。

間違ってもこんな怪しいサイトに騙されないで下さい。

確認してほしい公式サイトの注意喚起

公式サイトにも注意喚起されているページがあるので確認して下さい。

不安な方は画面一番下の「お問い合わせ」から、電話及びチャットで問い合わせて下さい。24時間対応していますし、本当に楽天から送信されたメールなのか確認してもらうことができます。

楽天へのお問い合わせ

楽天へのお問い合わせ

すっきりしない方は、直接公式サイトから問い合わせるのが一番です。

最後に

こういったメールが一度届くと、他のサイトからも届く可能性が高いので注意して下さい。

ちなみに、メールには僕の名前が記載されているので、個人情報がどこかから洩れているのは間違いありません。ただ、メインで使っているメールアドレスなので、登録サイトは限られています。もしかしたら大手サイトから漏れているのでは?と疑ってしまいます・・・。

Amazonを装ったフィッシング詐欺メール「Amazonアカウントの閉鎖」に要注意

2018.04.27
スポンサーリンク
スポンサーリンク