Google AdSenseの広告が表示されない時はポリシーセンターを確認

Google AdSenseが表示されない時はポリシーセンターで違反内容と解決手順を確認しよう

先日、このサイトの一部のページでGoogle AdSenseのポリシー違反が見つかり、対象ページで広告が表示されない違反措置が取られていたので、問題の確認方法と対応策についてまとめておきます。

ポリシーセンターの確認

ポリシー違反は、管理画面の「ポリシーセンター」で確認することができます。

画面に「ポリシー違反は見つかりませんでした。」と表示されれば問題ありませんが、ポリシー違反がある時は、下記の様に問題のあるサイトと状況が表示されます。

ポリシーセンターの確認

ポリシーセンターの確認

ちなみに、「要修正」項目が「はい」になっている場合は、対応必須です。ポリシー違反のページを削除または修正しなければ、広告配信の停止やアカウント停止になる可能性があります。逆に、「要修正」項目が「いいえ」になっている場合は、広告配信の制限を許容できるなら対応は不要です(正確には「サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツ」でポリシー違反ではない)。

参考:広告配信に影響する可能性がある問題をポリシー センターで解消する | AdSense ヘルプ

また、サイトをクリックすると「解消方法」と「問題について」の詳細を確認することができます。

ペナルティの重さ
ページ単位 軽い



重い
セクション単位
サイト単位
アカウント単位

問題について

違反のあったページの「問題について」をクリックすると、違反内容の詳細が表示されます。

問題についてを確認

問題についてを確認

何が規約違反になっているのか分からない時はここで確認して下さい。

解消方法

違反のあったページの「解消方法」をクリックすると、改善案が表示されます。

解消方法の確認

解消方法の確認

解消方法は、ページの内容や違反措置によって異なりますから、必ずGoogle AdSenseの管理画面で確認して下さい。基本的にページを修正した場合は審査のリクエストが必要です。

ページの削除及び広告ユニットを削除した場合は、7~10日程度で警告が消えます。

参考:広告配信に影響する可能性がある問題をポリシー センターで解消する | AdSense ヘルプ

審査のリクエスト
ページの修正 必須
ページの削除 不要
広告ユニットの削除 不要
自動広告のリクエスト停止 不要

対象ページのアクセスや収益の影響を考えて解消方法を選択して下さい。

最後に

ポリシー違反が見つかった場合は、「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」メールで通知されますが、できれば定期的にポリシーセンターも確認することをおすすめします。

今回の様に、広告配信が制限される警告なら問題ありませんが(対応が必須ではない)、違反内容によっては対応が必須になるので、気づかずに放置していたなんてことがないようにして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク