Google AdSenseが表示されない時はポリシーセンターで違反内容と解決方法を確認しよう

Google AdSenseが表示されない時はポリシーセンターで違反内容と解決手順を確認しよう

先日、このサイトの一部のページでGoogle AdSenseのポリシー違反が見つかり、そのページで広告が表示されない違反措置が取られていたので、違反内容と解決手順の確認方法をまとめておきます。

違反内容と解決方法はポリシーセンターで確認できる

ポリシー違反の確認

管理画面の左メニューから、アカウント「ポリシーセンター」をクリックします。

画面に「ポリシー違反は見つかりませんでした。」と表示されれば問題ありません。

ポリシー違反がない時に表示される画面

ポリシー違反がない時に表示される画面

ですが、ポリシー違反がある時は下記の様な画面が表示されます。

ポリシー違反があるい時に表示される画面

ポリシー違反があるい時に表示される画面

この画面で「違反措置が適用されたサイト」「違反措置が適用されたページの数」「サイトの状況」「違反措置の前回の適用日」を確認できるので、ポリシー違反があれば改善しなければいけません。

違反措置については、ポリシー違反への措置を参考にして下さい。

ページ単位 軽い



重い
セクション単位
サイト単位
アカウント単位

また、サイトをクリックすると、具体的な「違反について」と「解決方法」を確認できます。

違反について

上段タブ「違反について」をクリックすると、違反内容が表示されます。

僕の場合は、「アダルトコンテンツ(性的な内容)」でページ単位の違反措置が取られていました。

違反について

違反について

対象のページでは特殊なマウスパッドを紹介していたのですが、ページ内全ての「広告ユニット」と「関連コンテンツ」が表示されなくなっていました(現在は非公開)。

違反措置が適用されたページ

違反措置が適用されたページ

自分でもグレーな内容だと思っていたので仕方ありません。

Google AdSenseのコンテンツポリシーの詳細については、禁止コンテンツで確認できます。

解決方法

上段タブ「解決方法」をクリックすると、解決方法が提案されます。

解決方法

解決方法

ページ単位の違反措置では、2つの解決方法が提案されていました(実質は3つの解決方法がある)。

解決方法
  1. ページの内容を修正する(審査のリクエスト必須)
  2. ページの広告配信リクエストを停止する(審査のリクエスト不要)
  3. ページを削除・非公開にする(審査のリクエスト不要)

参考:ポリシー センターでポリシー違反を解消する

ページの内容を修正するのがベストだと思いますが(審査のリクエストは画面左下の「審査をリクエスト」から)、修正できない場合は対象ページからGoogle AdSenseの広告を外す方法もあります。

ちなみに、僕は対象ページのアクセスが特に多かった訳でもないですし、そこまで大きな収益に繋がっていた訳でもなかったので、ページを削除・非公開にする方法を選びました。審査のリクエストは不要です(ポリシー違反の警告はページを非公開にしてから約1週間で消えました)。

ポリシー違反がない時に表示される画面

ポリシー違反がない時に表示される画面

解決方法はページの内容や違反措置によっても異なりますから、必ずGoogle AdSenseの管理画面で確認して下さい。そして、対象ページのアクセスや収益の影響を考えて解決方法を選択して下さい。

最後に

僕の場合は、「ページ単位の違反措置」が取られていたのですが、警告メッセージやメールはもらっていません。時々ポリシーセンターを覗く様にしていたので、たまたま気づいただけです。

また、この間は対象ページのGoogle AdSense広告が表示されていなかっただけで、収益が減っていた訳でもありません。恐らく、ポリシーセンターを覗かなければ知らずに放置していたと思います。

ということで、Google AdSenseに参加されている方は、定期的にポリシーセンターを覗いて、ポリシー違反がないことを確認することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク