消費税変更とアフィリエイトサイトの価格表示

2014年04月01日から消費税が5%から8%に変更されます。

今回はそれに伴って、アフィリエイトサイトで表示している価格表示に問題が生じるのではないか?といった疑問が沸いたので、消費税における「総額表示方式」の概要:財務省で調べたこと、これからサイトで価格を記載する際に注意しなければいけないことをまとめておこうと思います。

ECサイトの税込価格を手入力で表示している場合は修正が必要

アフィリエイトサイトに、ECサイトの価格をそのまま掲載されている方はたくさんいます。

ですが、ECサイト(消費者に商品やサービスを提供する課税事業者)は「総額表示」の義務があるため、必ず「税込価格」を表示しています。

つまり、今現在ショップが掲載している「5%の税込価格」は、消費税が8%に変更されれば「8%の税込価格」に変更されます。もし、アフィリエイトサイトに手入力で5%の税込価格を掲載しているなら、修正しなければ2014年04月01日から誤った価格を掲載しることになります。

ASPからも下記のメールが届いています。

【重要】消費税率引き上げに伴う掲載内容の注意点について

広告に関連する商品・サービス価格をサイトに記載している場合「アフィリエイト広告を掲載しているサイト上に、商品・サービス等の価格の表記がある場合は、随時広告主サイトにて価格をご確認の上、変更があれば修正をお願いします。」

価格はどうやって表示するべきなのか?

もちろん、ベストは「税込価格」を表示することだと思います。

ただ、それはECサイトの様に税率を指定するだけで自動で税込価格を表示させられる場合のみです。手入力での税込価格の表示はお勧めしません。価格を掲載している箇所が少ないなら問題ありませんが、大量に価格を掲載している様なサイトでは修正しきれないからです。

また、2015年には消費税が10%になる予定もあります。また修正する羽目になります。

ですから、もし手入力で価格を表示させたいのであれば、「税抜価格」にした方が楽だと思います。消費税が変更されても修正する必要がありません。

アフィリエイトサイトに「総額表示」の義務はあるのか?

財務省の「消費税における”総額表示方式”の概要」には下記の様に記載されています。

「総額表示」の義務付けは、消費者に対して商品やサービスを販売する課税事業者が行う価格表示を対象とする。

アフィリエイトサイトは、直接商品やサービスを販売する課税事業者ではありませんので、「総額表示」の義務はありません。「A8.net」にも確認しましたが、下記の回答を頂いています。

総額表示の義務は課税事業者が対象となっているため、課税を行っていないアフィリエイトサイトは表示義務の対象に含まれておりません。

先程の「税抜価格」表示でも問題ないってことですね。

最後に

本来なら、ECサイトの様に税率を指定して税込価格を表示させられるのが一番なのですが、残念ながら僕にはその知識と技術がありません。

もしかしたら、そんな便利なプラグインでもあるかもしれない!?なんて期待していたのですが、見つけることはできませんでした。ってことで、これからは「税抜価格」を表示させようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク