WordPressの投稿と固定ページの違い

WordPressで記事を追加する方法は、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

基本的に、時系列及びカテゴリに所属させたい記事は「投稿」、それ以外は「固定ページ」で追加します。例えば、このサイトならグローバル及びフッターメニューに表示されている記事は「固定ページ」、普段更新している記事は「投稿」を使っています。

もちろん、全て「投稿」及び「固定ページ」だけでサイトを作ることも可能です。

投稿と固定ページの違い

投稿と固定ページのイメージ

投稿

投稿のイメージ

固定ページ

固定ページのイメージ

投稿

必ずいずれかの「カテゴリ」と「アーカイブ」に所属し、「タグ」を付ければ「タグ」にも所属します。複数の「カテゴリ」や「タグ」に所属させることも可能です。

また、RSSが生成されるため、トラックバックやping送信も可能です。

記事を追加すると、「カテゴリ」と「アーカイブ」ページも自動生成されます(記事を一つ追加しただけのつもりが、実は複数ページが生成されています)。

WordPressで記事を追加する際にメインで使います。

固定ページ

サイト内で独立した記事になります。

親ページを設定した場合のみ、「固定ページ」間で親子関係が結ばれます。

一つの「固定ページ」に複数の子ページを結びつけることは可能ですが、複数の親ページを結びつけることはできません。また、子ページに子ページ(孫ページ)を結びつけることも可能です。

固定ページ親子関係

固定ページ親子関係

孫固定ページ

孫固定ページ

但し、親子関係を結ぶと、子ページのパーマリンクに必ず親ページのスラッグが含まれます。

例えば、「http://affilabo.com/parent/」にスラッグ「child」の子ページを追加すると、URLは「http://affilabo.com/parent/child/」になります。

また、記事を追加しても「カテゴリ」「タグ」「アーカイブ」に所属させることができませんから、「投稿」の様に自動生成されるページはありません(勝手に紐付けされない)。基本的に、「固定ページ」には自分でリンクを貼る必要があります。

リンクを貼らなければ、サイト内から固定ページに辿り着くことは困難になります。

固定ページの使い方

一番分かり易いのが、お問い合わせフォームです。

本来、「時間」や「カテゴリ」の概念がない「お問い合わせ」ページを追加する際、「投稿」で追加すると、「最新記事」「カテゴリ」「日付アーカイブ」の一覧ページにも表示されます。

この意図しない紐付けをさせたくない記事に「固定ページ」を使います。グローバルメニューやフッターメニューに固定されているページをイメージしてもらえば分かり易いと思います。

これは間違っている?

「投稿はグローバルメニューに固定できない」は間違い

メニュー一覧に表示させる項目は、サイドバーの「外観」⇒「メニュー」より設定できます。

固定ページ」しかメニュー項目に追加できないなんてことはありません。「投稿」も「グローバルメニュー」「サイドバーメニュー」「フッターメニュー」に固定できます。

リストに表示されていない時は、「カスタムリンク」に「URL」と「リンク文字列(表示させるタイトル)」を入力することで、どんなページでもメニュー項目に追加することができます。

カスタムメニューの追加

カスタムメニューの追加

「投稿はコメント欄がある・固定ページはコメント欄がない」は間違い

恐らく、初期設定では「投稿」にはコメント欄が表示されており、「固定ページ」にはコメント欄が表示されていません。

ですが、「投稿」のコメント欄を非表示にすることもできますし、固定ページにコメント欄を表示させることも可能です。これは記事ごとに設定することも可能です。

投稿」全てのコメント欄を非表示にしたい場合は、ダッシュボードの「設定」⇒「ディスカッション」の「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外して下さい。

新しい投稿へのコメントを許可しない

新しい投稿へのコメントを許可しない

各記事ごとに設定したい場合は、「投稿の編集」及び「固定ページを編集」画面右上の「表示オプション」をクリックし、「ディスカッション」にチェックを入れます。

コメント欄表示・非表示の設定

コメント欄表示・非表示の設定

記事編集画面の下に「ディスカッション」項目が表示されたら、「コメントの投稿を許可する」にチェックを入れることで「固定ページ」にコメント欄を表示できますし、チェックを外すことで「投稿」のコメント欄を非表示にできます。

コメントの投稿許可の設定

コメントの投稿許可の設定

最後に

基本的な「投稿」と「固定ページ」の違いについて書きましたが、使っているテーマや導入しているプラグインによっては、あまり参考にならなかったかもしれません。

最初にも言いましたが、テーマとプラグインの影響が大きいからです。

僕は有料テーマを3つと、無料のテーマ「Twenty Fourteen」「Twenty Fifteen」を使ったことがありますが、テーマによって記事編集画面や各メニュー画面も異なります。プラグインを追加すればできることだってたくさんあります。

例えば、固定ページのRSS生成やPing送信を可能にするプラグイン「RSS Includes Pages」や、時系列を無視して記事の順番を入れ替えることができるプラグイン「Intuitive Custom Post Order」といった便利なプラグインも存在します。

プラグインを追加したり、「PHP」を編集することで、初期設定ではできないこともできてしまう訳です。WordPressは本当に奥が深いです。

ただ、大きなサイトを作る際は、「投稿」と「固定ページ」をしっかり使い分けた方が、後々内部リンクの構成を整えやすいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク