楽天モバイルに乗り換えた後の有料アプリ購入とゲーム内課金

3大キャリアdocomo・au・SoftBankを使用されていた方は、有料アプリの購入やゲーム内課金をする際、「キャリア決済(SPモード決済)」を利用されていた方がほとんどだと思います。

キャリア決済は、「ID」「パスワード」「暗証番号」を入力するだけで、携帯電話の利用料金とまとめてお支払いができる利便性の高いサービスです。

ですが、「楽天モバイルを含め格安SIMに移行するとキャリア決済(SPモード決済)が使えなくなります」ので、アプリの購入やゲーム内課金には下記いずれかの支払い方法を使います。

  1. クレジットカード・デビットカード(共通)
  2. Google Playギフトカード(Android端末)
  3. iTunes Card(iOS端末)

今回はAndroid端末の説明になりますが、iOS端末では代わりにiTunes Cardが必要です。

Android端末で有料アプリを購入してみる

今回購入するのは、パチンコ CR麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~です。

パチンコ CR麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~

パチンコ CR麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~

購入手続きを進めていくと、3つのお支払方法が表示されます。

お支払方法の選択画面

お支払方法の選択画面

NTT DOCOMOの決済を利用

キャリア決済も表示されていますが、もちろん使えません。

もしかしたら、僕の様にdocomoから乗り換えた方に表示されるのかも!?しれません。タップすると下記のエラーメッセージが表示されます。

お客様のアカウントはモバイル端末でお支払いサービスの対象外です。携帯電話会社にお問い合わせ下さい。

クレジットカードかデビットカードを追加

一番簡単な方法です。

下記4つのクレジットカードとデビッドカードをアカウントに追加することができます。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB

先程のお支払方法選択画面で、「クレジットカードかデビットカードを追加」及びGoogle Playアカウントの「お支払い方法を追加」からカード情報を入力して下さい。

コードの利用

コンビニや家電量販店で販売されているGoogle Playギフトカードを使う方法です(実は僕も今回初めて購入しました)。販売店舗はGoogle Play ギフトカード: 店舗を探すで確認して下さい。

Google Playギフトカード

Google Playギフトカード

販売されている金額は6種類。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • バリアブル(1,500円~50,000円)

最低1,500円から、バリアブルなら1円単位で金額指定できます。

購入したら、裏面右上の銀色部分をコインで削ってコードを確認します。

コード

コード

用意できたら、先程のお支払方法選択画面で「コードの利用」を選択及びGoogle Playアカウントの「コードを利用」から、20桁のコードを入力してGoogle Playの残高をチャージします。

コードの利用

コードの利用

コードを正確に入力すれば、残高がチャージされます。

後は、Googleパスワードを入力して支払いを完了させて下さい。

Google Playの残高チャージ

Google Playの残高チャージ

残高が残っている場合は、Google Playアカウント及び携帯端末から下記方法で確認できます。

Google Playの残高確認

Google Playの残高確認

残高は次回アプリ購入時やゲーム内課金にも使えます。

Google Playの残高に有効期限はありませんが、残高を残したくない方は、バリアブルカードで金額を指定して購入して下さい。但し、購入できるのは1,500円以上からです。

キャリア決済(SPモード決済)のみ対応のアプリは使えない

Google Play及びApp Storeからダウンロードできない、公式サイトでのみ登録可能、月額性の有料サービス等、キャリア決済(SPモード決済)のみ対応のアプリが該当します。

例えば、先程と全く同じアプリが平和アプリMIXから月額性で配信されていますが、こちらは平和アプリMIXでのみ登録可能で、Google Playからダウロードすることはできません。

平和アプリMIX

平和アプリMIX

また、支払いはキャリア決済(SPモード決済)のみ対応です。

SPモード決済のみ対応

SPモード決済のみ対応

残念ながら、こういったアプリは格安SIMに乗り換えると利用できなくなります。念のため楽天モバイルにも問い合わせましたが、「利用できない」と言われました。

最近はこういったキャリア決済(SPモード決済)にしか対応していないアプリは減っていると思いますが、格安SIMに乗り換えると使えなくなるアプリもあるので注意して下さい。

最後に

今回は有料アプリを購入しましたが、ゲーム内課金も全く同じ要領です。

楽天モバイル等の格安SIMに乗り換えても、有料アプリの購入やゲーム内課金はできます。ただ、キャリア決済(SPモード決済)にしか対応していない、一部のアプリは使えなくなります。

ちなみに、最近楽天モバイルについて聞かれる事があるのですが、僕は凄い満足しています。

元々、家ではWi-Fi、友達との通話はメッセンジャーやスカイプがメイン、ドコモのサービスなんてほとんど使っていませんでしたので、月7,000円は高すぎると思っていたんですよね。

それが毎月2,000円以下ですからね。

9,500円(税抜)の解約金を払って乗り換えてもすぐに元が取れます。

また、格安SIMはいろんな会社から販売されており、サービスも異なりますので、乗り換えを迷っている方も多いと思いますが、基本料金に大きな差はありませんので、最終的には付加価値で選ぶのがベストだと僕は思います。

特に、楽天市場で買い物をされる方、楽天サービスを少しでも利用されている方は、携帯料金で楽天ポイントが貯まる(100円につき1P)、楽天市場でのポイントが+1倍(エントリー不要)、支払いに楽天ポイントが使える楽天モバイルをお勧めします。

さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルに乗り換えました!

2016.01.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク