さらばdocomo!格安SIM楽天モバイルに乗り換えました!

通話はあまり使わない。家ではWi-Fiを使っている。一番安いプランで契約している。それなのに月額料金は6,000円以上払っている。docomoの携帯料金は高すぎると思っている。

そんな方には格安SIMがお勧めです。

ちなみに、格安SIMを販売している会社はたくさんありますが、僕は「料金」と「サービス内容」を比較して「楽天モバイル」を選びました。公式サイトが見やすく分かりやすかったのも好印象です。

そこで今回は、僕が楽天モバイルを選んだ理由と、通話SIMのみを購入して、docomoから楽天モバイルに携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で乗り換える手順を紹介します。

※最新情報をお届けするため、この記事は2016年12月04日に更新されています。

楽天モバイルのメリット

  1. 月額料金が大手キャリアの1/3以下
  2. 月額料金1か月無料(申し込んだ月)。
  3. ドコモと同じ下り最大225Mbpsの高速通信(3.1GBプラン以上)
  4. 余ったデータ通信量は翌月に繰り越せる(1か月分のみ)
  5. 回線が切り替わるタイミングを指定できるので不通期間ほとんどない
  6. 楽天ポイントが貯まる(100円につき1P)
  7. 楽天市場での購入ポイントが+1倍(エントリー不要)
  8. 支払いに楽天ポイントが使える
  9. 口座振替での支払い可能(クレジットカードがなくても登録できる)

僕が契約したプラン「通話SIM3.1G」は月額料金1,600円(税別)です。もちろん、MNPを利用できますから、電話番号はそのまま乗り換えることができます。

今まで使っていたアプリも基本的にはそのまま使えます。特に設定は必要ありません。

プランも凄くシンプルで、MNPを利用するなら下記6つのプラン「通話SIM」から選択します(ベーシックプランはデータ通信速度が200Kbpsなので通常は3.1GBプラン以上を選択)。別途有料のオプションもありますが、僕は何も加入していません。必要なら後から加入できます。

楽天モバイルプラン

楽天モバイルプラン

また、2016年01月28日より「5分かけ放題オプション」が開始されました。月額850円(税別)のオプションを追加すれば、楽天でんわアプリを使った5分以内の国内通話がなんどでもかけ放題です。

楽天電話5分かけ放題オプション

楽天電話5分かけ放題オプション

ちなみに、docomoの携帯料金は、ほとんど通話しない僕ですら月7,000円前後していました・・・。

docomo携帯代

docomo携帯代

格安SIMは支払いにクレジットカードが必要になる会社が多いのですが、楽天モバイルは口座振替にも対応しています(2016年11月より)。また、ホームページには「ご本人名義のクレジットカード」と記載されていますが、家族名義のクレジットカードで契約することもできます。

MNPで乗り換える前に注意すること

  1. 3G専用端末ではデータ通信が使えない
  2. docomoのメールアドレスが消滅する(メールは必ずSDカードにバックアップをとっておく)
  3. 直近3日間のデータ通信量に上限が設定されており超えると速度制限がかかる
  4. SPモード決済(キャリア決済)にしか対応していないアプリが使えなくなる
  5. LINEのID検索ができなくなる

1つ目、「LTE非対応の3G専用端末」ではデータ通信が使えません。

2つ目、楽天モバイルに切り替えた後は、docomoメールアドレスが使えなくなります。この際、バックアップをとっておかなければ閲覧もできなくなるので、乗り換える前に必ずdocomoメールの「保存(全件操作を使うと楽)」機能からSDカードにバックアップをとって下さい。メールの復元は、楽天モバイルに乗り換えた後にdocomoメールの「メール取り込み」から行います。

ドコモメールのバックアップ

ドコモメールのバックアップ

少し分かりづらいのですが、docomoのメールデータは端末に保存されているのではなく、docomoのクラウドサーバに保存されています。docomoを解約した時点で、クラウドデータは全て削除され、復元することができなくなります。詳細は、ご注意事項 | NTTドコモで確認して下さい。

バックアップをとっておけば、過去のメールをdocomoメールに復元することができます。

FOMA/Xiサービスの解約、電話番号保管、spモード契約の解約、改番、名義変更を行った場合は、クラウドデータは全て削除され、復元することができません。ドコモメールアプリでは、事前に端末に全データを保存したドコモメールおよび端末にメール一覧表示用情報のみを保存したドコモメールのメール一覧表示用情報部分を除き、ドコモメールを参照することはできなくなります。

3つ目、直近3日間のデータ通信量にも上限が設定されています。3.1Gプランは540MB、5GBプランは1GB、10GBプランは1.7GB。上限を超えた翌日は、通信速度が200kbpsに制限され、一般的なWEBサイトを表示するだけでも10秒以上かかります。動画は見れないと思って下さい。

4つ目、Google Play及びApp Storeからダウンロードできない、公式サイトでのみ登録可能、月額性の有料サービス等、SPモード決済にしか対応していないアプリが使えなくなります。

5つ目、MNPを利用した乗り換え(端末が一緒)なら、LINEはそのまま使うことができますが、楽天モバイル(他社の格安SIMも同様)では年齢認証ができないため、LINEのID検索ができなくなります。LINEで友達を追加する際は、楽天モバイルでLINE 友だち追加手順を参考にして下さい。

ちなみに、2016年05月09日より、回線が切り替わるタイミングを自分で調整できる様になりました。電話やdocomoメールが連絡なしでいきなり使えなくることはありません。

楽天モバイルMNPの方法

楽天モバイルMNPの方法

MNPで乗り換えにかかる費用

docomoから楽天モバイルに乗り換える際は、最低でも5,000円(税別)の手数料が必要です。

携帯電話番号ポータビリティ手数料(docomo側) 2,000円(税別)
事務手数料(楽天モバイル側) 3,000円(税別)
合計 5,000円(税別)

但し、docomoは2年契約満了月の翌月と翌々月(2か月間)でなければ、9,500円(税抜)の解約金が発生します(継続利用期間が10年超えの回線は3,000円(税抜))。

これが結構厄介で、「解約金なしで格安SIMに乗り換えできるのは、2年間使用した翌月と翌々月の2か月間だけ」です。この期間に解約しなければ、自動で2年契約が更新されてしまうため、再度2年間使わなければ解約金が発生します。

※2016年03月に翌月1か月間から2か月間に延長されました。

解約無料期間

解約無料期間

また、僕の様に月末ぎりぎりで申し込むのも危険です。手続きには数日かかりますから、いくら期間内に申し込んでも、解約月が翌月に延び、解約金が発生してしまう可能性があるからです。

僕の場合は、docomoショップでMNP予約番号を発行してもらうのと同時に、その場で契約を解除してもらいました(その方法しかないと言われたので・・・)。

本来なら、携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | NTTドコモからMNP予約番号を発行できます。docomoショップに行く必要はありません。

MNPで乗り換えにかかる期間

関東地方にお住まいの方は、「お申し込みから最短2日」でSIMが届きます。

僕の場合は、正月を挟んでいたのと、本人確認書類の提出が遅れてしまったため、申し込みからSIMが届くまでに5日かかってしまいましたが、申し込んだその日に本人確認書類を提出すれば、遅くても3日後にはSIMが届くと思います。

12/30 12/31 01/01 01/02 01/03 01/04
申し込み 本人確認書類提出 SIM発送案内 SIM到着

MNPで乗り換えに必要なもの

  1. クレジットカード(デビットカード)及び口座振替が可能な銀行口座
  2. MNP予約番号(有効期間が10日以上残っている必要がある)
  3. 本人確認書類

口座振替は支払い手数料で100円かかりますし、楽天スーパーポイントでの支払いができません。クレジットカード(デビットカード)支払いの方が断然便利です。クレジットカードをお持ちでない方は、18歳以上なら審査なしで誰でも作ることができる楽天デビットカードをお勧めします。

口座振替がご利用可能な金融機関については、口座振替でのお支払い、支払い方法の詳細については、お支払い方法についてに分かり易くまとめられていますので参考にして下さい。

MNP予約番号は、ドコモ公式サイト及びドコモショップで無料で発行してもらうことができます。

但し、楽天モバイルに申し込む際は、有効期間が10日以上残っているMNP予約番号が必要です。

MNP予約番号の有効期限は、「予約番号発行日を含めた15日間」しかありませんので、MNP予約番号を発行してから5日以内に申し込みを完了させて下さい。

本人確認書類に使える書類は、本人確認書類 ※Webでお申し込みの場合で確認できます。

分からないことは楽天モバイルに問い合わせる

はっきり言っておきますが、docomoショップの店員は頼りになりません。

下記はdocomoショップでの実際のやりとりです。

scofield
楽天モバイルに乗り換えようと思うのですが・・・。
docomo
SIMロックの解除をされてないと他社のSIMは使えませんが、既にSIMロックの解除はされていますか?
scofield
してません・・・。
docomo
SIMロックの解除には3,000円かかりますがどうされますか?
scofield
楽天モバイルのSIMが使えないのであれば、SIMロックの解除をお願いします。

ただ、楽天モバイルのホームページにはdocomoからの乗り換えにSIMロックの解除は必要ないと記載されていたのですが、SIMロックの解除は必要ですか?

SIMロック解除手続き不要

SIMロック解除手続き不要

docomo
楽天モバイルさんがどこの回線を利用されているのか分かりませんので・・・。
scofield
楽天モバイルはドコモの回線を利用しています。SIMロックの解除は本当に必要ですか?
楽天モバイルはドコモ回線

楽天モバイルはドコモ回線

docomo
SIMロックの解除は必要ないかもしれないですね。SIMロックの解除はいつでもできますから、SIMを交換して使えなかった時は、またdocomoショップを訪ねて下さい。
scofield
(おい・・・)
docomo
ちなみに、楽天モバイルさんの料金はいくらぐらいなんですか?
scofield
僕が契約したプランですと1,600円(税別)ですね。
docomo
データ回線が遅かったりしませんか?
scofield
docomoと同じ下り最大225Mbpsの高速通信らしいですよ。
docomo
・・・。

docomoでお得なプランができた時は戻ってきて下さいね。

scofield
(その時は楽天モバイルがもっとお得になっていると思います・・・)

他社の情報を全く知らないの一言です。

基本的に去る者には冷たいです。相談するなら絶対に楽天モバイル側にして下さい。

但し、楽天モバイルカスタマーセンターは若干繋がりにくいです。時間帯にもよりますが、30分待ちは覚悟しておいた方がいいかもしれません。とは言え、docomoなんて1時間以上繋がらなかったので、わざわざdocomoショップまで足を運んだ訳ですが・・・。

SIMの交換と設定は凄い簡単

楽天から届いた封筒には、SIMカードと初期設定の説明書が入っています。

ちなみに、説明書はこれ一枚です。簡単3ステップで所要時間は5分もかかりません。

楽天モバイル初期設定

楽天モバイル初期設定

まずは、カードからSIMカードを取り外します。

楽天モバイルSIM

楽天モバイルSIM

端末の電源を切ってから、SIMを交換します。

この際、docomoのSIMと楽天モバイルから届いたSIMの見た目が全く同じなので間違えないで下さい。分からなくなった時は、カードの裏に番号が書いてありますから確認して下さい。

楽天モバイルSIM交換

楽天モバイルSIM交換

最後に、電源を入れてAPNの登録と設定を行います(iOSとAndroidでは設定が異なります)。

APNの登録は、設定メニューの「モバイルネットワーク」からでも行えますが、楽天モバイルSIMアプリ(無料)を使った方が簡単です(Wi-Fi環境がない方は事前に入れておく)。アプリを使った設定方法は、【Android端末共通】アプリを使ったAPN設定方法を参考にして下さい。

APNの設定以外にも、「登録情報の確認・変更」「ご契約内容の確認」「オプションのお申込み」「ご利用明細の確認」ができますから、個人的にはアプリの導入をお勧めします。

楽天モバイルSIMアプリ

楽天モバイルSIMアプリ

設定は以上で完了です。

問題がなければ電話が使えます。もちろん、データ通信も可能です。

最後に

楽天モバイルの格安SIMへの乗り換えは思ったよりも簡単でした。

今のところ、通話もデータ通信も特に問題ありません。これで月7,000円以上していた携帯代が2,000円以下になるのですから、もっと早くから変えておけば良かったと後悔しているぐらいです。

ただ、docomoサービスのアプリをどうするのかが問題です・・・。

docomoの電話帳はそのまま使えていますが、使えなくなったdocomoサービスのアプリもあります。そのせいか、やたらとdocomoID設定のメッセージが表示されます。

docomoIDの設定

docomoIDの設定

これについては、後日楽天モバイルに問い合わせて、設定方法が分かれば追記したいと思います。

追記

ドコモIDはドコモを解約しても使えますので、dアカウント – 解約後の継続手続きの流れを参考にドコモIDを設定すれば、警告は表示されなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • こんにちは。simのことで検索していたら内容がピッタリでしたので、参考にさせて頂きました。とても分かりやすくて、通信系が苦手な私でもスムーズにできました。ありがとうございます。

    • この記事がお役に立ててよかったです。

      格安SIMはいろんな会社から販売されていて、価格も似たり寄ったりで迷うと思いますが、楽天のサービスを利用されている方は楽天モバイルが一番だと思います。逆に、Yahoo!関連のサービスをよく利用される方はY!モバイルといった様に、最終的には基本料金より付加価値で選ぶのがベストな気がします。

      また、他社がお得なサービスを提供したら、楽天モバイルも対抗してくるでしょうし、今月から支払いに楽天ポイントが使える様になりましたので、僕は楽天モバイルにして良かったです。

      恐らく他社でも同じだと思いますが、朝8時~、昼12時~、夕方6時~の一定時間は回線が込み合っているため通信速度が落ちます。半年間楽天モバイルを使って気になったのはそれぐらいですね。

  • こんにちは 私もドコモから楽天モバイルにしようか検討中で、携帯本体はそのまま使うつもりでいます
    こちらに書いてありました通り電話帳は、そのまま使えるのでしたらバックアップなどの方法はとらなくてよいのでしょうか?
    全くの素人で切り替えに不安が残りできずにおります

    • ドコモ電話帳は継続してそのまま使えます。特に設定は必要ありません。

      登録されている連絡先が消えることもないですし、着信履歴、発信履歴もそのまま引き継がれます。もちろん電話帳から発信することもできます。また、僕は楽天モバイルに移行してから「Gmail」を使っているのですが、新規メールを作戦する際に「コンタクトから追加」で、ドコモ電話帳に登録されている連絡先を選択できます。

      ただ、万が一のためにバックアップはとっておいた方がいいと思います。

      機種変後にアドレス帳を移行する | スマホお悩みサポートメニューにやり方が載っていますので参考にして下さい。SDカードにエクスポートする方法が簡単です(SDカードが必要)。

      1.電話帳を開いて右上のメニューアイコンから「インポート/エクスポート」を選択
      2.「SDカードにエクスポート」を選択

      これで電話帳のバックアップがとれます。

  • こんにちは 。
    私も携帯本体はそのまま使うつもりでDOCOMOから楽天モバイルに乗り換えようと考えています。
    電話帳はそのまま使えるという情報などありがたい限りです。
    そこで質問なのですが、LINEの引き継ぎはどのように行ったでしょうか?また、バックアップで使ったおすすめのアプリやアドバイス等あれば参考にさせていただきたいです。

    • 僕の記事の書き方が悪く混乱させてしまい申し訳ありません。

      引き継ぎが必要になるのは機種変更や端末を変更した時だけです。MNPを利用される(端末はそのまま)のであれば、LINEはそのまま使えます。特に設定は必要ありません。ただ、万が一のためにメールアドレス(ドコモメールアドレス以外)を登録されることをお勧めます。

      メールアドレスを登録するには?ヘルプセンター | LINE

      他のアプリも同様です。SIMを入れ替えるだけなので、データは残っていますし、引き継ぐことができます。楽天モバイルに乗り換えた後もそのまま使えます(docomoユーザー専用のアプリやspモード決済にしか対応していないアプリを除く)。

      バックアップに使ったアプリは特にありません。

      乗り換えてから分かったことなのですが、絶対バックアップが必要なのは「ドコモメール」だけです。ドコモメールはクラウドに保存されているため、バックアップをとっておかないと、楽天モバイルに乗り換えた後に閲覧できなくなります。乗り換え前にドコモメールの「メール保存」からデータをSDカードにコピーし、乗り換えた後に「メール取り込み」を利用すれば過去のメールを閲覧できます。

      後は、上のコメントにも書きましたが、念のため「電話帳」のバックアップも取って下さい。

  • ドコモAndroidをそのまま使い、(電話番号も持って行きたいです。)楽天の通話SIMに変えたいと思っています。この場合、ドコモに行ってまず何と言えばいいでしょうが。
    他社のSIMを使うと言う手続きが解約の手続きになりますか?

    その手続きが済んでから、楽天モバイルにネットで通話SIMの申し込みと言う順番になるのでしょうか?

    • docomoショップで、「他社の携帯に乗り換えたいのでMNP予約番号を発行してほしい」と言えば伝わります。MNP予約番号はdocomo公式サイトでも発行できますので、オンライン手続きも可能です。この時点では、まだdocomoは解約されません。

      MNP予約番号を発行してもらった後に、楽天モバイルに申し込んで下さい。

      docomoが解約されるのは、楽天モバイルの開通手続きが完了した時です。

      僕が契約した時は、開通手続きが完了したSIMが送られてくる形だったので、「SIM発送~SIM到着まで」の不通話期間が2、3日ありましたが、今はSIMを先に受け取ってから、自分で開通手続きを行えますので、不通話期間が数時間~1日で済むと思います。

      不安であれば、楽天モバイルのサポートに一度問い合わせて下さい。丁寧に教えてくれます。記事でも書いていますが、docomoショップはあまりお勧めしません・・・。

  • とてもわかりやすい記事で助かりました!私も楽天ユーザーのためdocomoから楽天モバイルへの乗り換えを検討していました。ただ、決済に使おうと思っていた楽天カードが旧姓のままだったため、現在慌てて作り直して再発行待ちの状況なのですが…本人名義のカードではなくても本当に大丈夫なのでしょうか!?そうであれば、夫の楽天カードがメインなのでそちらを使用&すぐにでも手続きを始めたいと思っております∑(゚Д゚)

    • 久しぶりのコメントだったので勘違いしてメールに返信してしまい申し訳ありません・・・。

      僕自身も似たような状況で、家族名義のクレジットカードで申し込み、後日楽天モバイルの管理画面から自分のクレジットカードに変更しています(年末&違約金なしで移行できる期間が迫っていたので・・・)。

      この際、楽天モバイルカスタマーサポートから、「ホームページには載せていませんが、家族名義のクレジットカードでの手続きは可能です」と返答をもらっています。ただ、公式ホームページには書かれていない情報ですから、念のため手続きをする前にサポートに事情を説明してから契約した方が安心だと思います。

      二度手間になって申し訳ありません。

  • ご丁寧にお返事ありがとうございます!!結局、自分名義の別のクレジットカードで一旦申し込み、後日楽天カードへ切り替えることにして、申し込みしてしまいました(*´꒳`*)こちらの記事のおかげで、ずっと行動に移さずにいた格安SIMへの乗り換えが現実となり本当に嬉しいですっ!!ありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。