scofield
当サイトでも使用中のテーマ「Hummingbird(ハミングバード)」の凄いところを紹介します!
ちなみに、「ハミングバード」は7,980円(税込) 有料テーマ、一回の購入で一サイトにしか使えないので注意して下さい!

Google AdSenseやバナー広告の掲載に特化したデザイン

メインカラムとサイドバーの横幅が最適

メインカラムとサイドバーの横幅

メインカラムとサイドバーの横幅

Google AdSenseで推奨されているユニット広告のサイズは6つあります(一般的なバナー広告にも大抵用意されているサイズ)。

  • レスポンシブ(自動サイズ)
  • ビッグバナー(728×90)
  • レクタングル大(336×280)
  • ラージモバイルバナー(320×100)
  • ラージスカイスクレイバー(300×600)
  • レクタングル(300×250)

ところが、メインカラムに「ビッグバナー」、サイドバーに「レクタングル大」を配置できるテーマが意外と少ないんです!
その点ハミングバードは、メインカラムの横幅「728px」、サイドバーの横幅「336px」、広告掲載には最適の横幅になっています。

サイドバーや記事の上下に貼り付けるバナー広告はウィジェットで一括管理できる

ハミングバードには最初から広告専用のウィジェットが用意されています。

ハミングバードのデフォルトウィジェット

ハミングバードのデフォルトウィジェット

また、クリック率の高い下記の場所は、PCとモバイル別々に広告を管理することができます。

  • サイドバー
  • 記事タイトル下
  • 記事下
  • トップページ上部
  • トップページ下部

PCウィジェットはモバイルでは表示されません。逆に、モバイルウィジェットはPCでは表示されません。
他のテーマでも、PHPを編集する及びプラグインで管理することはできますが、ハミングバードならわざわざ設定する必要がないんです!

ちなみに、Google AdSenseのダブルレクタングル(レクタングル広告を2個並べて表示させる)を、モバイルでそのまま表示させている方を時々見かけますが、広告の配置に関するポリシーに違反しています!!

その点ハミングバードなら、記事下(PC)ウィジェットに2カラムのショートコード「colwrap」を使って、ダブルレクタングル大を設置。記事下(mobile)ウィジェットにレクタングルを設置するだけでこの問題を解決できます。

ハミングバードはGoogle AdSenseに最適なデザインと設定になっています。

カスタマイズ機能が充実している

PHPやCSSファイルをいじらなくても、管理画面のカスタマイズから大抵のことは変更できます。

カスタマイズ

カスタマイズ

  • 背景、ヘッダー背景、ヘッダーテキスト、メインテキスト、リンクテキスト等のカラー
  • 背景画像
  • サイトロゴ(ファビコン)
  • トップページのヘッダー
  • SNS共有ボタン(表示/非表示)
  • レイアウト(シンプル/カード型/ビッグ)
  • メインカラムの位置(左/右)
  • アイキャッチ画像(表示/非表示)
  • アニメーションの使用(あり/なし)
  • GoogleAnalyticsのタグ設置

僕はかなりシンプルなデザインにして使っていますが、本来はスライダー機能もついていますし、レイアウトも3種類から選択することができます。

プラグインを追加しなくても最初から実装されている機能が多い

本来プラグインで追加する様な機能が、ハミングバードには最初から実装されています。

例えば、最初からタイトル下と記事下にSNS共有ボタンが付いています(必要なければカスタマイズから非表示にすることも可能)。
カウント数を表示させたい時は、別途プラグイン「SNS Count Cache」を追加する必要があります(有効化するだけ)。

SNS共有ボタン

SNS共有ボタン

他にも、投稿記事の下に関連記事が自動で表示されます(同じカテゴリの記事がランダムで8つ)。

関連記事

関連記事

テーマをハミングバードに変更してから、下記のプラグインを使う必要がなくなりました。

  • Easy External Links(外部サイトへのリンクの後ろにアイコンを表示)
  • Favicon Rotator(ファビコン&スマホタッチアイコンの設置)
  • Recent Posts Widget Extended(サムネイル付き新着記事一覧の表示)
  • Simple Share Buttons Adder(SNS共有ボタンの設置)
  • WPFront Scroll Top(画面上部へスクロールするボタンの設置)
  • Yet Another Related Posts Plugin(関連記事の表示)

この他にも、便利なショートコードがたくさん用意されています。もちろん、HTMLが分からない初心者の方でも簡単に使えます。

Font Awesomeも最初から使えます。

投稿・固定ページ・ランディングページ(カスタム投稿)

投稿及び固定ページは、各記事ごとにデフォルトの2カラムと1カラムを設定することができます。後から変更も可能です。
また、カスタム投稿のランディングページ(LP)が用意されており、1カラムのLPを作る際に便利です。この記事もLPで作成されています。

記事レイアウト

ショートコードタグを追加

メインカラムの横幅は、「728px(2カラム)」「1068px(1カラム)」「1400px(LP)」となっています。

スマホのデザインが見やすい

トップページ及びアーカイブページは、「シンプル」「カード型」「ビッグ」の3種類から選ぶことができます。

PCとスマホで別々のデザインを設定することもできます。

スマホトップぺージ

スマホトップぺージ

レスポンシブデザインは当たり前、CSSをいじる必要もありません。最初から綺麗にデザインが整っています。

記事下のデザイン

記事下のデザイン

最後に

ハミングバードはコンセプト通りのテーマだと思います。とにかく書くことに集中できるテーマです。

コンセプト

コンセプト

僕から説明できるのはこれぐらいです・・・。あとは、7,980円(税込)を高いと感じるかどうか!?あなた次第です!!

ハミングバードをカスタマイズする際は、必ず子テーマを利用して下さい。公式サイトオープンケージテーマの公式子テーマのダウンロード | OPENCAGEから別途ダウンロードすることができます。

WordPressの子テーマの作り方と設定

2016.02.07

ハミングバードのマニュアルについては下記の公式ページを参考にして下さい。