成果報酬型広告とクリック報酬型広告

広告には、大きく分けて「成果報酬型」と「クリック報酬型」の2種類があります。

成果報酬型は、広告がクリックされて、商品やサービスが売れて初めて報酬が発生します。クリック報酬型は、商品やサービスが売れなくても、広告がクリックされるだけで報酬が発生します。

成果報酬型広告

何回広告がクリックされても、商品やサービスが売れなければ報酬はゼロです。

ですが、報酬額が高く設定されているプログラムが多いので、「紹介したい商品やサービスがあらかじめ決まっているなら成果報酬型広告を使うべき」です。

例えば、Amazonでお勧めしたい本があるなら、「Amazonアソシエイト」を使って紹介します。

アフィリエイトを始めるために登録するASP「A8.net」を紹介するなら、下記の様なテキストリンクやバナーリンクを貼って紹介します。

どちらも広告を掲載するためには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる広告代理店にサイトを登録しなければいけません。また、広告主と提携する必要があります。

クリック報酬型広告

広告がクリックされるだけで報酬が貰えます。有名な広告に「Google AdSense」があります。

もしかしたら、「クリック報酬型広告の方が簡単に稼げそうじゃん!」と思われたかもしれませんが、そんなことはありません。当然ですが、1クリックあたりの報酬額なんて微々たるものです。報酬額はクリックされた広告によって異なりますが、1クリックあたり数十円だと思って下さい。

下記はクリック報酬型広告「忍者AdMAX」で表示される広告です。


広告



配信される広告は、サイトの内容や閲覧者のPCに保存されているクッキーに影響されますから、実際にどんな広告が表示されているのかは分かりません。

ですから、「クリック報酬型広告は紹介したい商品がないサイトや記事に使うべき」です。

参考までに、僕の運営しているGTA5デスマッチ攻略では、一日のユニークアクセスが1,500~2,000人ありますが、クリック報酬型広告の収入は月に10,000円前後しかありません。広告はそれぐらいクリックされないと思って下さい。

残念ながら、アクセスの少ないサイトでは成果に繋がりません。はっきり言ってしまうと、アクセスの少ないサイトには貼るだけ無駄です。

最後に

成果報酬型広告とクリック報酬型広告、どちらの広告を使うかは、サイトのジャンルや記事によって決めて下さい。もちろん、両方使うことも可能です。

まとめると、アクセスが少なくても稼げるが、売れなければ報酬ゼロの成果報酬型広告。報酬は発生しやすいが、アクセスがなければ大きく稼げないのがクリック報酬型広告です。

僕は両方使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク